めんどくせぇことばかり 『「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄』 顔伯鈞

『「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄』 顔伯鈞

  • 中国共産党最高学府・中央党校修士課程で学んだ体制内エリートの卵
  • 北京市通州区人民政府で陳情者の対応を行うが、民衆の要望を反映できない行政に失望し、官を辞し大学教授に転出
  • 人権活動家・許志永(現在投獄中)の主宰する社会改革団体「公盟」に参加
 顔伯鈞の来歴

許志永の新公民運動は、毎月一度、全国各地の参加者たちが現在の社会問題を話し合う食事会を開く行為を中心とした運動で、正面から現体制を否定しない穏健姿勢が支持を集めたようだ。胡錦濤時代は、まだその程度の運動なら目くじらを立てないゆとりがあったんだそうだ。それが習近平時代になると変わる。その程度の運動でも弾圧の対象となる。折から公盟の運動も積極化し、当局と向き合うことになる。主要メンバーに対する拘束が始まり、組織も壊滅状態に追い込まれる。顔伯鈞の身の回りにも公安の影がさす。彼は、逃亡した。
文春新書  ¥ 842

凄まじい人権侵害と闘い続ける若者群像を描いた現代の『水滸伝』
第一章  惶惶たるは喪家の犬の如し
第二章  かくして私はお尋ね者となった
第三章  天津の「出エジプト記」
第四章  イスラーム村と秘密の隠れ家
第五章  貧しきハーケンクロイツ
第六章  家あれども、帰る能わず
第七章  南への逃亡
第八章  ミャンマー、シャン州第四特区軍閥
第九章  東へ西へ
第十章  顔伯鈞、逮捕さる
第十一章  北京第一拘置所獄中記
第十二章  都落ち、再逮捕、そして
第十三章  君子は以て自強して息まず

青竜刀を振りかざしてバッサバッサとやりあうわけではないけど、民を自分の財布としか考えない腐敗官僚を相手に立ちまわるあたり、《現代の「水滸伝」》というのは、さほどオーバーな表現とも言えない。驚くべきはシナという世界には、それを可能とする社会的背景があるってこと。

《人が人として生きる》ってことと国家の運営が同じ方向を向いている社会では、本質的にそんなことはありえない。国家の運営が《人が人として生きる》ことを困難にしているからこそ、梁山泊が意味を持つことになる。
洪武帝1《中国共産党の魔の手の張り巡らされたこの町》と言われただけで、なんとなく分かるな。とても嫌な感じ。シナの王朝には、歴史的に、その嫌らしさがついてまわるよね。弾圧と粛清の背景にあるのは、徹底した諜報と密告。歴代の王朝がごく当たり前に行ったこと。つまり必然ということ。それを組織として確立したのは洪武帝。皇帝直属の錦衣衛を駆使して、死の間際まで功臣を葬り去り続けた。洪武帝

上の二枚の肖像。両方とも洪武帝。「厳粛で端正な顔立ちで、いかにも儒教の理想とする帝王らしい威徳をそなえた」左の肖像は権威を飾るために書かせたもんだうけど、やってることを考えれば右の自画像がピッタリ。実際、「満面あばたで馬のようにあごが発達し、見るから醜悪な人相をしている」醜悪な人相の人物だったらしい。
あっ、毛沢東は福々しかった。文化大革命で、あらゆる人間の絆を断ち切って、子が親を密告するようなことまでさせた。親子に至るまで、人間のつながりを滅茶苦茶にしたこんな奴でも福々しいんだら、案外、洪武帝もにしても、左のような肖像もあながち・・・mou.jpg

逃亡劇に追い込まれていくにあたって、顔伯鈞さんが思い浮かべたのは、“梁山泊108人の好漢たち”、“清朝を打倒するために逃亡を繰り返した孫中山”、“革命を志して国外に逃亡したレーニン”。さすがは中央党校で学んだ体制内エリート。だけど、梁山泊はいいとして、孫文だのレーニンだの、他人の懐に手を突っ込んだまま人生を送って顧みないような人たちじゃないですか。

イスラームの村、ミャンマーの軍閥、チベットとつてを頼っての逃亡生活。ついに顔伯鈞さんは亡命を余儀なくされていくわけだけど、タイに入った彼は、亡命シナ人の人脈を通じて蛇頭の力を借りている。

中国共産党という巨大な組織を敵に回して、手段を云々している場合じゃないのはよくわかるんだけど、だからこそ、私は顔伯鈞さんも含めて、シナ人は怖い。その、“生きる”ことに関する貪欲さが怖い。中国共産党の怖さを思い知らされるとともに、シナ人の懐の深さも思い知らされた本でした。・・・正直な気持ちです。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本


































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい