めんどくせぇことばかり 『世界が称賛する日本人が知らない日本』 伊勢雅臣

『世界が称賛する日本人が知らない日本』 伊勢雅臣

外国人とひざを交えて、お互いに“自分の国を語る”ってことになったら、どうします?

季節のこと。四季の移ろい。それぞれの時期にあわせた行事の話なんかも面白いかも。それぞれに時期にふさわしい食い物。着るものも季節によるしね。そうだ。季節を軸にすると、日本らしい話のバリエーションが膨らむかもね。先祖供養や、自然崇拝といった日本人の信仰心も語れるしね。

何もなくても、紙の一枚もあれば、折り紙もできるしね。鶴くらい折れるでしょ。あれがいいと思うよ。ほら、・・・帆掛け舟っていうのかな。「帆掛け舟の帆の先っちょを持ってください」って言って、目をつぶってもらって、その間に折り返して、帆だったところを船尾にしちゃうやつ。あれは受けるよ。・・・これは前に使った手。エジプト人に使ったんだけど、最後は本当に怒りだしてしまって、一生懸命種明かしして謝りました。紙ひこうきも喜ばれた。もちろん、いい大人相手だよ。

さて、なにをお話しましょうか。著者も書いているけど、外国人の目で、外から日本を見つめる目っていうのを意識しているといいですよね。いくらそうに意識しても、やっぱり外国人じゃなきゃ気づけないものも多いでしょうけどね。

なかなか気づきにくい日本の良さ、日本人のいいところ。それは日本や日本人だけじゃなく、外国や外国人を知ることにもつながる。それにいいところばかりじゃなくて、日本の負の特徴、日本人の欠点について認識することにもつながる。日本人の欠点っていうのは、決して歴史の捏造に基づいたイカサマ日本人じゃなくてね。韓国人やシナ人が言ってるようなさ。

でも、たしかに日本人の民族的特質が、通常では好ましく思われるものであっても、時と場合によって、特に追い詰められた状況においては悪い方向に働く可能性がある。先の大戦においても、そういったところが多分にあった。それを意識するためにも、外国、さらに外国人との比較によって自分たちの特質を理解することは、極めて有用である。

そんな、なかなか気づけない日本の良さ、日本人のいいところ。この本の中には、それがたくさん紹介されています。

育鵬社  ¥ 1,620

自分の中の「見えない根っこ」を見出し、自分の言葉で「日本を語る」必要がある
第一章  あなたは自分の言葉で日本を語れますか?
第二章  クール・ジャパン-日本のなにがすごいのかを知ろう
第三章  日本らしさとは何か-自分の中の“見えなかった根っこ”を見出そう
第四章  世界史の中の日本-歴史の荒波を乗り越えた先人の知力と胆力に学ぼう
第五章  THE GLOBE NOW-現代国際社会をどう生きればいいのか

虐待を被っている有色人種のなかで、ただ一国だけが発言に耳を傾けさせるに十分な力を持っている。すなわち日本である。日本は唯一の非白人一等国である。人種以外のすべての点で日本は世界の支配的大国と肩を並べている。しかし、日本がいかに軍事力で強大になろうとも、白人は日本を対等とは認めることはしないだろう。 《「人種差別と移民」イギリス・外務省より》

そんな世界で、非白人勢力のなかで日本は唯一、世界の主として振る舞う白人諸国家に対してきたわけだ。いまとは違って、まだ白人たちも自分がキリスト教徒であることに誇りを持っていた。近代的科学力を背景にして力をつけた彼らは、白人でありキリスト教徒であることを相乗効果として、非白人であり非キリスト教徒であるものを見下し、当然のこととして彼らに君臨した時代だった。神として有色人種を導こうかという白人優位の世界に、日本が登場した。

第一次世界大戦後、日本はついに世界の五大国の一角を占めた。国際連盟の創設にあたり、その創設の理念に《人種差別の撤廃》を盛り込むことを提案した。米英の悪意で潰されたものの、ロシアに対する勝利とともに世界の有色人種の希望となった。

われわれ黒人は講和会議の席上で“人種問題”について激しい議論を戦わせている日本に、最大の敬意を払うものである。・・・全米1200万の黒人が息を呑んで、会議の成り行きを見守っている。 《「20世紀の日本人」レジナルド・カーニー》
言いたいことはいくらでもある。でも、日本は戦争に負けたのだ。戦争に負けるということは、そういうことだ。70年かかったが、最近、本来の日本を見つめなおそうとするこの本のような企画が増えている。喜ばしいことだな。応援したい。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本


































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい