めんどくせぇことばかり 『死者は生きている』 町田宗鳳

『死者は生きている』 町田宗鳳

題名が衝撃的ですよね。・・・『死者は生きている』・・・もう、私はどうしたらいいんでしょう。
ほんとうに出会った者に別れはこない
あなたはまだそこにいる
目をみはり私をみつめ くり返し私に語りかける
あなたとの思い出が私を生かす
初めてあなたを見た日からこんなに時が過ぎた今も
『あなたはそこにいる』谷川俊太郎
こんな言葉が紹介されているけど、著者の言いたいのはこういうこと?・・・もっともっと、踏み込んでいるように感じられるんだけど。

《愛し、そして喪ったということは、いちども愛したことがないよりも、よいことなのだ。 『イン・メモリアム』アルフレッド・テスニン》

《悲しみに声を立てなさい。口に出さない悲しいは、荷の勝ち過ぎた心臓にささやいて、それを破裂させるのだ。『マクベス』シェイクスピア》

著者の町田宗鳳さんはお坊さま。臨済宗だって。14歳で出家して20年間修業。34歳で寺を離れて、アメリカで比較宗教、比較文明の分野で学究の生活を送ったそうです。《寺を離れ・・・》というのは、還俗も意味するのかな。書いていることを見ると、仏教を離れているようにも感じる部分があるんだけど。


筑摩書房  ¥ 1,728

「見えざるもの」と私たちの幸福
第1章  死は最高の幸せである
第2章  昔の人は知っていた「死者の力」
第3章  「見えざるもの」に導かれて
第4章  人はなぜ生まれ変わるのか
第5章  「見えざるもの」と人間の幸せ
第6章  生と死の「縁結び」

私の兄の友人で、山岳部の先輩にコッペさんという方がいて、この人、とても頭のいい人で、東大をめざして一年浪人していたんだけど、受験シーズンを目前にして出家してしまった。兄が同じ浪人仲間で仲も良かったこともあって、ある日の夜中に、その決意を告げに来た。

春を待たずに建長寺に入ったから、町田さんと宗派は同じ。あれから、もう38年になろうとしている。コッペさんは、いろいろな誘いがありながらも、結局、寺も世帯も持たなかった。兄の話では、“一僧侶”として生きているとのこと。その生き方は、著者の町田さんとは違うみたいだな。

とても興味深く読みました。《死》をどう認識するかによって、生き方はまるきり違ってくる。そして、その認識には、当然さまざまなものがあっていい。地域によって特殊性を持つだろうし、時代によっても移り変わるもののはず。多くの宗教は死後を直接語っているし、それをもとに“生”をとらえている人も多い。

日本人は、自分を無宗教のように認識している人が多いが、“信仰心”という言葉に置き換えてみれば、結構、宗教的生活を送っている人が多い。自然に畏れ入るその生活態度自体が宗教的だが、同時にその多くは父母、祖父母、ご先祖様を仏様に供養し、死者とのつながりの中で自分を認識している。

じつは私、その程度のことで十分だと思ってましてね。というのは、それ以上のことを求めようとすれば、どうしたって人間は、確認することができない領域に思いを馳せなければならなくなる。古今東西の言葉に関連を求める人もいる。でも、古今東西の言葉はとてつもなくたくさんある。その中から、自分の思いに叶う言葉を見つけたとしても、必ず正反対の言葉が存在する。臨死体験をした人の話もよく出てくる。でもその人、結局は死んでない。なのに無理をすると、・・・
生まれ変わりの最有力の証拠になるのは、子どもたちが記憶する前世の肉体と同じ場所に現れるアザ、ほくろ、傷あとなどですが、ほかにも仕草や嗜好にも継承されます。昔、酒、たばこ、セックスなどが好きな大人なら、早熟な子どもとして同じものに強い興味を示します。ごく稀に、前世で使っていた言語を憶えている子供もいます。最近、ようやく市民権を得るようになってきた性同一性障害も、過去において異なったジェンダーだったことに起因しているケースもあるように思います。
本書P128

ここまで言ったら、もはや私には、危うい話にしか聞こえなくなります。もちろん著者は、より良く生きるために、すぐ隣に寄り添う死者、迎え入れるべき死について語っているわけでしょう。参考になる場面も多々あって、それを悪意に取るつもりは毛頭ないんだけど、著者は明らかに、立証不可能な領域に踏み込んでいます。

私には、「死者も、私と同じような生を生きた。みんなが歩んだ道を、自分も歩んでいる」。それで十分。

“一僧侶”として生きているというコッペさん。いつか逢えるかな。「出家する」って兄に話しに来た夜。コッペさんから預かったものがあって、スピード違反の切符。出家する直前にバイクでスピード違反して、その罰金、私が払ったんだよな~。・・・逢いたいなあ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本
当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい