めんどくせぇことばかり 歴史修正主義(覚書)『日本人が知らない最先端の世界史』 福井義高

歴史修正主義(覚書)『日本人が知らない最先端の世界史』 福井義高

ロシアがよく言ってるよね。『南クリルは、第2次世界大戦の結果としてロシアに帰属した。』それをロシアの不法占拠のように言い、変換を求める日本は、『第2次世界大戦の結果に疑いを持つ唯一の国』ってね。
テレ朝ニュース 2015/05/20
「日本は第2次世界大戦の結果に疑いを持つ唯一の国」ロシア外相
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000050795.html
(抜粋)
日本は「第2次大戦の結果に疑いを持つ唯一の国」として「他にそのような国はない」と批判しました。また、「戦勝国が行ったことは揺るがない」と強調し、「日本は何も反論できない」と北方領土の返還を求める日本を強く牽制(けんせい)しました。
・・・盗っ人猛々しいとはこのことだ。この野郎。・・・なんて吠え立てても、どうにもならない。火事場泥棒だろうがなんだろうが、戦争に負けるってことはそういうことだったんだ。

日本は戦争に負けたし、たしかに近代国家として未熟な面をたくさん抱えていた。だけど、戦争ってのは相手のあることで、10-0でどっちがが一方的に正義で、どっちかが悪なんてことはない。日本の場合だって、どっちかって言えば、圧倒的に責任は外部にある。

「相手の責任を追求するより、自らの未熟を見つめ直したほうが・・・」なんて声が聞こえてきそうだけど、戦争に負けたことで、相手はその戦争が始まった原因のすべてを敗戦国にかぶせるように、その前後の歴史の辻褄を書き改めちゃってるから、反省すべき某(なにがし)かなんて、まったく見に覚えのないことばかり。

「そりゃあないだろう」って詰め寄っても、あとは相手の面の皮の厚さに驚くばかりだ。

祥伝社  ¥ 1,728

本書が目指すものは、歴史認識の鎖国状態の打破 敗戦のもたらした恐怖の克服

そう、彼らの面の皮は厚いのだ。そして、面の皮が厚いことは、日本人ならそう言われれば“恥”と感じて改めるべきところだけど、罪でもなんでもないということだ。場合によっては、「面の皮が厚い」という罵りの言葉は、その知恵に対する賞賛の言葉と受け取られることさえ・・・。

戦争責任と言えば、唯一の例外がナチス・ドイツのホロコーストね。ナチス・ドイツを断罪することで、絶対悪とすることで、戦後のドイツの贖罪が成った。さっきの例で言えば、10-0の絶対悪ね。だけどそれって、あくまでもナチス・ドイツなんだよね。だから、一般のドイツ人って、戦争犯罪に関して二次的加担者って位置づけになっていて、それだけに率先してナチス・ドイツのあげつらうんだよね。その分だけ、日本も含めて、その他の戦争悪を、ナチス・ドイツのそれと相対化することを受け付けないんだよね。

第二次世界大戦の原因っていうのはいろいろあるけど、ドイツにしてみれば、第一次世界大戦に加えての第二次世界大戦だからね。真っ当に責任を引き受けることになれば、国家の存立そのものが問われたはず。だからこそ、ドイツ人が率先してナチス・ドイツを攻撃した。ナチス・ドイツの悪をいろいろな国の戦争悪と相対化しちゃうと、一般ドイツ人が本来引き受けるべき責任に焦点が当てられることになるもんね。

だから、一般ドイツ人て、戦後体制になかで、大きな利益を得た人たちであるわけだよね。・・・日本人とは違う。

日本は、・・・最近の日本人のなかには、もう一度、戦争に関わる歴史を問い直そうと考える人が増えてきている。国際社会においては、安倍晋三首相がそういった国民の意識を代表して、“歴史修正主義者”と呼ばれている。

“修正主義者”への拒否感っていうのが、ヨーロッパではとにかく強いんだよね。ソ連の悪を摘発したソルジェニーツィンさえ、それによってホロコーストを相対化しようとする修正主義者にされちゃうんだって。ソルジェニーツィンでさえ“蟻の一穴”になりかねないってんだからもう大変。

東京裁判で捻じ曲げられた歴史を問い直そうとすれば、それによって成立した世界において利益を得たものたちのすべてを敵に回さなければならない。いろいろなやつが利益を得ているからね。そうそう、たとえば、日本から戦争の賠償金を取った国。いろいろな国があって、そん中に、イタリアが含まれるんだよね。・・・イタリア。そう、三国同盟のお友達のイタリア。・・・前に調べて書いた記事があるはずなんだけど、明日あたり使いまわそ。

利益を得ているいろいろなやつの中でも、特にたちの悪いのが3つあって、1つがシナ。自分は負け続けなのに、勝ちが転がり込んだシナね。それから韓国。当時は日本で、負け組なのに、なぜか戦勝国顔をしている韓国。それからもっとも厄介なのが、日本国内の利得勢力ね。“修正主義”に世界が過敏な反応することが分かって、国内ではなくて、外で、たとえば国連に働きかけたりする運動を始めている。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
テレ朝ニュース 2015/05/20
「日本は第2次世界大戦の結果に疑いを持つ唯一の国」ロシア外相
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000050795.html
(全文)
ロシアのラブロフ外相は、北方領土問題に関連して日本を「第2次世界大戦の結果に疑いを持つ唯一の国」と批判しました。

19日にロシア政府系の新聞が掲載したインタビューによりますと、ラブロフ外相は、ロシアによる北方領土の領有は「第2次大戦の結果」であるという認識を改めて示しました。そのうえで、日本は「第2次大戦の結果に疑いを持つ唯一の国」として「他にそのような国はない」と批判しました。また、「戦勝国が行ったことは揺るがない」と強調し、「日本は何も反論できない」と北方領土の返還を求める日本を強く牽制(けんせい)しました。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本
当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい