めんどくせぇことばかり シナ、深刻化(覚書)『2017年 世界の真実』 長谷川慶太郎

シナ、深刻化(覚書)『2017年 世界の真実』 長谷川慶太郎

大紀元 2016/10/16
元軍人デモ、「9つの省の省長が緊急に北京入り」=情報筋
http://www.epochtimes.jp/2016/10/26262.html
(抜粋)
中国全国各地から集まった退役軍人が11日北京市中心部にある、軍最高意思決定機関の中央軍事委員会と国防部が入っている、通称「八一大楼」の前で集まり、生活の保障と待遇改善を訴えて、12日早朝まで約24時間の抗議を行った。最終的に約1万人以上が集結し、元軍人による過去最大規模の抗議活動となった。情報筋によると、デモ参加者代表は当局の高官と交渉を試み、一定の成果を収めたとし、今回の抗議活動は「成功した」「今後元軍人による陳情の前例となった」と示した。
成功しちゃったみたいよ。元軍人の要望は、通ったみたいよ。これも当然、反習近平の手が関与した出来事でしょ。ニュースでは「退役軍人」の行動ということだけど、習近平は陸軍の大幅人員削減を明言してたよね。7軍区を5軍区に統合して30万人リストラするってやつね。この「退役軍人」たちは、その新規リストラ組ではなく、1993年、2000年のリストラ組ということ。

そうね、このデモ鎮圧に、これからリストラされる兵隊を当てたりしたらとんでもないことになっちゃうよね。かつては、リストラされた兵士たちが警察に再雇用されていたらしいので、警察も軍には親近感があるはず。・・・誰にも止められない?

シナで起こることは、全てに理由がある。この元軍人デモも、政治的背景がないというのは考えづらいけど、仮にもしそうであったとしても、もはや、この“元軍人”たちが放おっておかれるはずがない。

『2017年 世界の真実』    長谷川慶太郎
ワック株式会社  ¥ 994

世界史の大転換が始まった。そして日本は、世界のトップランナーに踊り出る

何でもかんでも作り過ぎで、もう完全に飽和状態。それが作られたことで、人々の暮らしが便利になったとか、どうとかってことがないとは言わない。代表が道路と鉄道。以前の自転車以外何もない状態を考えれば、この進歩は嬉しいに違いない。だけど、人口が集中している地域ならそれでいいだろうけどね。もともとの《作る》という目的が、《作る》というその事自体にあるんだから、便利になったのは、実はただの副産物。

鉄道なんて、ほとんど確信犯。「列車が人間ではなく空気を運んでいる」という状況で、走るほど赤字を大きくしている。そして賃金が不払いになる。労働争議になる。場合によっては暴動になる。政治家が絡んで国有銀行から金を借り出すことができれば、暴動は収まる。できなければ、いつまでも続く。

万事こんな調子だから、産業界全体に調和というものがない。儲かりそうな分野に人も投資も集中するだけ。公害を撒き散らかしているわりに、必要なものが不足することもある。上海は電力が足りないそうだ。

過剰生産のはけ口にと、海外のインフラに手を出して、たとえばインドネシア高速鉄道建設で日本を出し抜いてみたりした。出し抜いたもののうまく行かず、インドネシアに残るのは日本を裏切ったという汚名だけになりそう。そのための資金をAIIBでまかなうはずが、AIIBは債権を発行できず、金が作れないんだそうだ。

そのくせ、習近平がASEAN諸国を回って金を配ってる。南シナ海問題で東南アジア諸国と衝突し、アメリカ、日本を含めた包囲網を敷かれた。そんななか、ASEAN諸国の切り崩しが目的らしい。新聞が、カンボジア、フィリピン、バングラデシュあたりの名前を上げているけど、足元見られてるのは習近平の方じゃないなか。

何れにせよ、目を離せないことに変わりない。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
大紀元 2016/10/16
元軍人デモ、「9つの省の省長が緊急に北京入り」=情報筋
http://www.epochtimes.jp/2016/10/26262.html
(全文)
中国全国各地から集まった退役軍人が11日北京市中心部にある、軍最高意思決定機関の中央軍事委員会と国防部が入っている、通称「八一大楼」の前で集まり、生活の保障と待遇改善を訴えて、12日早朝まで約24時間の抗議を行った。最終的に約1万人以上が集結し、元軍人による過去最大規模の抗議活動となった。情報筋によると、デモ参加者代表は当局の高官と交渉を試み、一定の成果を収めたとし、今回の抗議活動は「成功した」「今後元軍人による陳情の前例となった」と示した。

最終的には1万人 「軍人陳情の成功例に」

米国「自由アジア放送」(RFA)が12日の報道によると、「八一大楼」の前で行われた異例のデモに、続々と集まった元軍人の人数は最初の数百人から最終的に1万人を上回った。

デモの一部始終を目撃した北京市民で、自身も軍の元士官だった王さんは大紀元の取材に対して、「八一大楼」周辺では中年の元軍人に埋め尽くされ、元軍人の列が2~3キロ続いたと話した。王さんを含めて多くの北京市民が元軍人らに水や食べ物を提供して支持を示したという。

情報提供者「交渉が失敗すれば、さらに多くの元軍人を呼び込む」

匿名希望の情報提供者は大紀元の取材に対して、「当局に北京に入るのを阻止されないように、元軍人の多くは私服で北京に入り、「八一大楼」の前に到着後に迷彩色の軍服に着替えた」とした。元軍人らは出身の省や地区で分かれてそれぞれの列を作って並び、横断幕を持ちデモを行ったという。

同氏によると、当局は多数の武装警察などを出動させ、警戒態勢を敷いた。またデモが始まった最初の頃、10数人の元軍人が逮捕されたが、双方は大きな衝突がなかった。その後逮捕された元軍人は解放された。

情報提供者は、「デモを呼び掛けた元軍人は当初、もし12日に当局が何らかの改善を示さなかったら、中国とベトナムとの戦争に参加した元軍人など、さらに多くの応援を呼び込もうと考えていた」と明かした。

「問題解決に9つの省の省長が高速鉄道で緊急に北京に入った」

また、情報提供者は「抗議中、当局は下級の官員から上級の官員にと次々と出てきて、交渉にあたった」とした。「最初は警察当局が鎮圧にあたったが、状況が逆に悪化すると分かって、当局は(党中央政治局委員で中央政法委員会書記の)孟建柱氏や人民解放軍の総政治部の少将や国家信訪局(直訴を統括する部門)の局長などが交渉にあたった。しかし、元軍人らは中央高層指導部の高官と直談判したかった」。

同氏によると、当局は11日夜9つの省の省長が高速鉄道で緊急に北京に入らせ、問題解決にあたらせるとの異例な措置をとった。

海外中国語メディア「博聞社」の報道によると、中国当局は最終的に、習近平国家主席の側近で中央軍事委員会弁公庁の秦生祥主任に、元軍人らとの談判にあたらせた。

元軍人の代表が中央高層指導部の代表との交渉は12日早朝の6時まで行われ、最後に双方は一定の合意を達した。また、「八一大楼」前にいた元軍人らは、当局が用意した大型バスに乗り込み、デモが収束した。

一方、自由アジア放送によると、大型バスに乗り込ませられた元軍人らの大多数が地元に返送された。また一部は、地方陳情者を収容する施設である北京の馬家楼に連れられたという。

デモ参加者のほとんどは営レベル以上の士官で、1993年と2000年に軍総政治部が実施した人員削減政策の対象だった。当時は総政治部が軍人に対して数万元の退職金を1回きりで渡し、退役後各地方での転職を段取りしない方針だった。

情報提供者は今回のデモでは待遇問題が直ちに完全に改善されると思わないが、しかし「成功した」とし、「今後、他の元軍人陳情者には前例になったのではないか」と示した。

国内SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上では、今まで元軍人の陳情事案の大多数は中央政府に報告されることがなく、軍総政治部の信訪部門で保管されただけだったと囁かれていた。「江沢民の側近で徐才厚氏らが軍を掌握していた時、総政治部の官員らはより高い地位に昇進できるよう贈賄・収賄などに没頭していたため、元軍人らの陳情を完全に無視した」という。
 (翻訳編集・張哲)
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい