めんどくせぇことばかり 退院しました

退院しました

・・・い、い、痛てて・・・
・・・退院しました。手術は無事終わり、経過も順調。手術の名称は、《人工股関節置換術》といって、足と大腿骨のつなぎ目をチタン製の人工物に取り替えるものです。
手術前は、トラムセットっていう痛み止めを日に4錠。それにポルダレンの座薬を併用して仕事をしていましたので、今思えば、やはり無理でした。
でも、人工股関節にすると脱臼のリスクがかなり高くなるみたいで、いろいろな動作制限があって、山登りは禁止項目に・・・。
「もう一度山に登る」ってのは、痛みの中での私を支える大きな希望だったんで、もはや“山に登る”ことが全てに優先される状況です。あとはどう登るか・・・、ね。
実はもっと早く退院し、もっと早くブログを再開する予定でした。予定外のトラブルがあって、遅くなってしまいました。入院前に、退院後、すぐに記事を書けるか心配で準備しておいた何日か分の記事があって、12日、13日と、それがアップされてしまいました。
ちょっと、これはなかったことにしてもらって、あらためて、15日以降に再アップさせてもらいます。
ハハハハハハ・・・(黄金バッドが去っていくシーンです)

M市民病院のスタッフの皆様、お世話になりました。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

手術が無事終わって良かったですね。
今はホッとしていることでしょう。
ゆっくりと急がず元の体調を戻されますように。

まりりんご さま

ありがとうございます。
生死を賭けたわけじゃありませんが、それなりに人生観も変わりました。
ゆっくりと、行けるところまで行きます。
自分本位で・・・。

No title

おかえりなさい。
未だ、痛みもおありでしょうけれど、
一歩、また一歩と快復されてゆくでしょう。
これからも更新を楽しみにさせて頂きます。

ローンブロゾォ~(ナゾー様ふう)

日本みつばち さま

ありがとうございます。
身体をいじったことで、やはり多少、心にざわざわとした、今までにはなかった何かがうごめいているのを感じます。
なんでしょうね。

一安心!

こんばんは。
無事の退院、おめでとうございます。
私の友人も,膝関節の入れ替え手術が無事終了したと連絡がありました。
これから歩くためのリハビリが続きます。
彼女は長〜いリューマチとの闘病の歴史があるので、この膝の手術もたくさんの手術の内の一つですが、本当によく頑張っているな,と思う程忍耐強く頑張ってます。
イーグルス16さんも痛みに負けず、快適に歩けるように、ゆっくりと頑張って下さいね!
お大事に!

yokoblueplanet さま

ありがとうございます。
来週から職場復帰なんですが、足のリハビリ以前に、体力が落ちていることに驚愕。
今日、明日は、少し、気張って歩いておこうと思います。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい