めんどくせぇことばかり ヨーロッパ危機(覚書)『「世界大波乱」でも日本の優位は続く』 長谷川慶太郎

ヨーロッパ危機(覚書)『「世界大波乱」でも日本の優位は続く』 長谷川慶太郎

世界の様相が、なんだかとてつもなく際どいよね、この頃。良いにしろ、悪いにしろ、どこかゆとりがなくてさ。そういう状況が世界をリードしなきゃいけない国々においても常態化している。国連安保理常任理事国を考えてみてよ。シナがあのざま。ロシアがこのザマ。フランスがアップアップ。英国はどんぶらこ。・・・アメリカ?・・・アメリカはヒラリーとトランプで、やっぱりトランプの方がほんの少しだけマシだったんかな。

日本は“失われた20年”なんて言われながら、厳しい時代だったのは間違いないけど、世界と比べれば最低じゃないし、なんというか、悪いと言っても逃げ場がないじゃなかった。

でも、シナやロシアの現状って、逃げ場がないもんね。どこにもね。イギリスやフランスがグローバル化の行き過ぎに首を傾げたって、あそこまで行っちゃあ、戻るたって、戻ることのほうが流れる血の量が多いだろう。アメリカ?アメリカは、だってねえ。難民が目指すほどの魅力が、まだアメリカにあるってだけで見っけもんだと思うけどな。

だから景気が良いとか悪いとか、そういうことの前に、その国の国民がどういう世の中を作ってきたか。本当の問題は、そこにしかない。

イギリスって国には、働く者が2種類いて、一方はサラリーマンって呼ばれて毎月1回、前払いの月給を受け取る。一方はワーカーって呼ばれて毎週金曜日に、後払いの週休を受け取る。大英帝国時代なら、不満があっても吸収できたろうけど、今は移民たちに、ワーカーたちだけじゃなく、サラリーマンたちまで仕事を食い荒らされてるからね。

そういう国を作ってきたんだな、イギリス人は・・・。

PHP研究所  ¥ 1,620

英EU離脱ショック、チャイナ・バブル崩壊、ロシア・北朝鮮の暴走。それでも安泰な日本


EUで問題なのは、スペインでもギリシャでもなくて、今、ドイツや、イギリス・フランスの銀行の経営状態が悪いんだそうだ。ヨーロッパの危機は、イギリスのEU離脱よりも、主要国の銀行の経営状態にある。現状は、そんな危機的状況に、イギリスのEU離脱が加わったという状況である。

イギリス国民がEU離脱を決めたことで、ポンドは大きく下落した。ポンドの価値が下がれば、ポンド建て債権も下がる。それだけイギリス金融界は不良債権を抱えることになる。

ここ数年、イギリス産業界をリードしたのは、タタやタミルなどのインド系企業であるが、これが今、シナのダンピングで不振に陥っている。そこへ金融不況が重なれば、イギリスは持たない。焦ってシナに頼ろうとAIIBにも手を伸ばす醜態を晒したが、AIIBは長期債を発行できなかったので、もうシナにも頼れない。

ヨーロッパのデフレは始まっており、不動産価格の下落が続けば、金融機関の不良債権はもっと膨らむ。イギリスのEU離脱選択でポンド建て債権が下落しており、そちらからの不良債権が重なってイギリスの銀行は厳しい。もし1行でも潰れればどうなるか。イギリス発の金融危機が起これば、たとえば現状でも経営が苦しいドイチュバンクが無事でいられるか。どうにも、自体は深刻のようだ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

「歴史修正主義」とは、戦前の日独をことさら評価する史観ではない。
米英両国の外交に過ちはなかったのか。
あったとすればそれは何だったのか。
それを真摯に探ろうとする歴史観だ。
英米独露の外交と内政を徹底検証し、二つの世界大戦が、実は「必要」も「理由」もない戦争だったことを明かす。
これから出る本




































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい