めんどくせぇことばかり 『感動の日本史』 服部剛

『感動の日本史』 服部剛

服部剛さんの本は、前にも一度紹介している。『先生、日本ってすごいね』って本で、今日紹介する『感動の日本史』同様、日本の子どもたちに、日本の素晴らしさ、日本人であることに誇りを持つことができる話を集めたものでした。

服部剛さんは中学校の社会の先生で、“授業づくりJAPAN横浜”の理事を務めておられるという。政治的背景を汲み取ろうとする人もいるかもしれないけど、これらの本にかかれていることは、なかなか探り当てるのが難しいものばかりで、非常に貴重な活動であることはまちがいありません。

日本の若者たちが、突出して自己を卑下している特徴が見られ、自殺率が高く、自己肯定率が低い。著者は、その原因の一つに、健全な歴史観が欠落していることをあげている。そして、“本当は世界に誇れる日本の歴史”を知ることにより、つまり、先人への感謝の念と日本人としての誇りに目覚めることで、自ずから生きる力が高まり、健全な世界観を培うことにつながる。まさにその通りで、私なんかは読ませていただくばかりで、なんともありがたい話だ。

さらに言わせてもらえば、戦後の日本の教育においては、健全な歴史観を養うための教育が蔑ろにされてきただけではないということだ。むしろ、積極的に、日本を卑下するための教育が行われてきた。そして、全体としては、今でもそれが継続されているということだ。

たとえば、服部さんの本を読んだ若い人たちは、歴史の教科書に書かれていることとの矛盾に気づくことになるはずだ。歴史の先生の多くは、平気で、その教科書に書かれていることを教えているということだ。・・・本当だよ❢

致知出版社  ¥ 1,620

なぜか学校では教わらなかった日本の偉人たちの物語11
第1話  大伴部博麻 愛国のはじめ
第2話  小笠原諸島を守ったサムライたち
第3話  マリア・ルース号事件ー副島種臣の「正義人道の外交」
第4話  日本と台湾の「水の絆」を結んだ鳥居信平
第5話  卵から牛を生んだ聖者 
第6話  三つの奇跡を起こした将軍 樋口季一郎
第7話  栗林忠道中将と硫黄島の戦い
第8話  阿南惟幾陸軍大臣と終戦の真実
第9話  昭和天皇の御巡幸ー戦後の原点、国民との紐帯
第10話  ウズベキスタンと日本人ーシルクロードに伝説を刻んだ男たち
第11話  幻の尖閣切手ー琉球政府郵政庁職員たちの気概の物語


先に、「政治的背景を汲み取ろうとする人も・・・」ということを書いたけど、著者の活動には敵も多いはずだ。まったく真っ当な、貴重な仕事なのにね。南京事件がどうのこうのとか、従軍慰安婦がどうのこうのとか、さらに言えば、リメンバー・パールハーバーだとかなんだとか。

シナや韓国の人をどうのこうの言うより、アメリカの歴史学者たちは、日本を蔑むことこそが本来の業務と考えているんだそうだ。国連もそういった傾向にある。昨年の5月には、アメリカを中心に、ヨーロッパやオーストラリアで活動する日本専攻の歴史学者187人が、「慰安婦問題と関連した歴史的事実を歪曲しないよう促す」声明を発表した。また、ユネスコは、シナの言い分を一方的に受け入れて、南京事件関連文書をユネスコ記憶遺産に登録することを決定した。
背景には、社会主義陣営の崩壊で、かつて、日本の社会主義化に燃やした情熱のやり場を失い、日本を蔑むことだけに歪んだ情熱を傾ける勢力の存在がある。それもまた、まちがいのない事実なのだ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい