めんどくせぇことばかり 『靖国の宴』 荒木和博

『靖国の宴』 荒木和博

「英霊たちの御霊が靖国に帰ってくる」

そんな、倉本 聰のドラマが、ずいぶん前にあったね。とても面白かった。

副題にある通り、この本で語られる物語は、まさに、ひとつの“おとぎ話”。ただ、題名に靖国とある以上、これまで、この神社に付与されてきた様々なイメージがあり、そのすべてから自由な“おとぎ話”なんて、ありえない。

私にとって、韓国やシナが後づけで靖国に張り付けたイメージなんてどうでもいい。それでも、こだわらないでいられないのは、もとは、長州の神社だということだ。

『靖国の宴』    荒木和博

高木書房  ¥ 1,080
戦って散った男とたちのおとぎ話
ジョンホ
お前はどうするんだ?
葛藤

忘却
コーンパイプ
祈り
『靖国の宴』の背景について
あとがき
産経ニュース 2016/10/12
国神社に会津藩など「賊軍」も合祀を 亀井静香、石原慎太郎両氏が申し入れ 
http://www.sankei.com/politics/news/161012/plt1610120024-n1.html
(抜粋)
井静香元金融担当相や石原慎太郎元東京都知事らが12日、東京・九段北の靖国神社を訪れ、西南戦争で倒れた西郷隆盛や戊辰戦争で敗れた旧幕府軍など「賊軍」とされた戦没者を合祀するよう徳川康久宮司に申し入れた。

この本は、この問題を、、“おとぎ話”という形で、あっさり乗り越えた。なにしろそこには、冒頭から韓国軍や北朝鮮軍の“英霊”が登場するんですから。

北朝鮮と韓国の領海線のあたりで、両国海軍艦艇が衝突し、両軍ともに少なからぬ死傷者を出した。冒頭に登場するのは、その戦いにおける戦死者という設定になっている。

北朝鮮の“英霊”が語る北朝鮮の国情、残念ながら全部本当のこと。この本が発行されたのは今年の8月15日の終戦記念日だけど、それから今までの数か月間で、事態はさらに切迫したものになっているはず。内部情報も、亡命・脱北者を通じてどんどん流出している。それらの中には拉致被害者の情報も含まれてる。

『特攻で死んだあいつらがいたなら、女子どもを連れ去られて、“憲法の制約があるから助けに行けません”なんて、口が裂けても言わなかったでしょうね』

・・・そういうことなんだよね。国民を守れない憲法なら、そっちのほうが憲法違反なんだけどな。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
産経ニュース 2016/10/12
国神社に会津藩など「賊軍」も合祀を 亀井静香、石原慎太郎両氏が申し入れ 
http://www.sankei.com/politics/news/161012/plt1610120024-n1.html
(全文)

 亀井静香元金融担当相や石原慎太郎元東京都知事らが12日、東京・九段北の靖国神社を訪れ、西南戦争で倒れた西郷隆盛や戊辰戦争で敗れた旧幕府軍など「賊軍」とされた戦没者を合祀するよう徳川康久宮司に申し入れた。

 亀井、石原両氏らを呼び掛け人に、自民党の二階俊博幹事長や中曽根康弘元首相、村山富市元首相ら政界関係者のほか、稲盛和夫京セラ名誉会長ら財界人も賛同者になっている。

 申し入れ書では「賊軍と称された方々も、近代日本のために志をもって行動した」とした上で、「過去の内戦においてお亡くなりになった全ての御霊を合祀願う」としている。

 亀井氏は申し入れ後、記者団に「(合祀は)世界の中で日本が平和を発信をしていく基本になる」と語った。靖国神社側は「ただちにそういたしますとは言えない」と述べたという。

関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい