めんどくせぇことばかり 『グレートトラバース2 日本2百名山ひと筆書き』 田中陽希

『グレートトラバース2 日本2百名山ひと筆書き』 田中陽希

《百名山ひと筆書き》に衝撃を受けて、もう一度山に登りたいと思った。さっき、『グレートトラバース百名山ひと筆書き』を読んだ時のブログを読み直したんだけど、はっきりそう書いている。「あと二年したら、手術を受けて山に登る」ってね。それを書いたのが2015年の9月。あの時はまだ、1年後には手術をするって、そんな気持ちはなかったんだな。今は、すでに手術を終え、12月5日の術後検診も良好。「さあ、どんどん歩きましょう」って、医者からも言われた。先生、「歩く」じゃないんだ。「登る」なんだ。

《百名山ひと筆書き》を見て、気持ちを抑えられなくなった。手術は苦しかったし、仕事との両立は今でもつらい。でも、ここまで来た。今考えれば、田中陽希さんは恩人だね。

いま、股関節の痛みはない。ただ、切ったのは、股関節沿いに、結構前の方を、縦に15センチほどなんだけど、そこは骨までざっくり言ってるから、筋肉も断裂してて、左足に体重を乗せるとまだまだ痛い。それから切ったあたりの無感覚があって、小さめの石鹸くらいの大きさの無感覚地帯が存在する。左足を上げようと思っても、それが邪魔して、上がりきらない。

それから、人工股関節は脱臼しやすく、足を大きく開くのはダメ。前屈の柔軟体操もダメ。靴下は人にはかせてもらってください。正座ダメ。あぐら、もっとダメ。足を広げてひねる姿勢は最悪。・・・登山ダメ。

私の登山は、そこから始まります。

NHK出版  ¥ 1,836

百名山一筆書きの旅から210日後、新たな旅が始まる。総距離8000km、累積標高110,000m
第一章  脱出できるのか(北海道編)
第二章  空梅雨の東北(東北編)
第三章  焦り・苦悩の日々(関東・甲信越編)
第四章  秋の日の日本アルプス・激しいアップダウン(日本アルプス編)
第五章  緊張からの解放(北陸・関西編)
第六章  俺はやり遂げたぞ‼(四国・中国・九州編)
エピローグ

なんかのなり行きで《百名山ひと筆書き》なんてことを始めることになり、折からの登山ブームもあって注目を浴び、彼が行きつく山頂は、大概がファンの群れが待ち受ける状態。所詮が北海道の田舎者。そんな世間の扱いに、自分自身が追いつけず、好きな山登りまで見失う始末。見ちゃあいられない。未熟者め。

そんな田中陽希が、この数千kmに及ぶ旅の中で成長していく様子こそ、実は、このシリーズの最大の見もの。《いくつもの苦難を乗り越え・・・》ってのも、たいていが自業自得。《百名山》の時もそうだったけど、《2百名山》でもやらかしてくれた。今度は結構厳しそうな、足の捻挫。登りもそうだけど、下りが特にひどい。あれじゃあ、足を痛めるのが当たり前。

今回の見せ場は、八ヶ岳、天狗だけからの下りで足をひねる。この捻挫で、本沢温泉で5日間の停滞。ここで計画を変更して、まだ痛い足を抱えたまま南アルプスに挑む。5日間停滞の焦りに押しつぶされないかってところだったけど、本で読んでみると、声を変えてくれる一般の人たちに救われているんだな。深田久弥終焉の地、茅ケ岳で「百の頂に百の喜びあり」といった初心を取り戻したことも大きい。

2百名山のシリーズでは、田中陽希さんが和名倉と武甲山に登ってくれた。とてつもなく嬉しかった。

和名倉って言うのは難しい山で、私は高校生の頃によく登ったけど、ルートを外さずに登ること自体が至難の業。もともとが山仕事の現場だから、そのための道が縦横無尽に走っていて、結構やっかい。山容が頭に入っていて方向を失わなければ、だいたいで行けるけどね。今はどうか知らないけど、当時は、正規のルートでも藪こぎが結構あったから、方向失うと大変。それから大変なのは、沢をつめる人のルートが結構あること。ビニールテープがあるからって追っていったら、滝の上に出たとかって怖いことになるかも。私にとって、まさに♬ 薪割り、飯炊き、小屋掃除 ♬ の世界。

というように、ついつい語ってしまう憶い出の山。武甲山は、庭よ。うちは武甲山の北側斜面の山麓。登ってる人がいれば、すぐわかった。秩高山岳部では、土曜日に山に登らないときは、武甲山に駆け上がってた。全山石灰岩という悲しさ。日本の高度経済成長を身を削って支えた山。1336mの頂上が削られたのは大学2年のときか。その時以来登ってない。田中さんの辿ったのは南側からのルート。涙がでるほど懐かしかった。
この挑戦が2015年。そして2016年は、プロアドベンチャーレーサーとして、本来の勝負の場、パダゴニアンエクスペディションレースで2位。この様子はテレビでも放映された。すごいレースだった。11月には最高峰のレースがオーストラリアで行われるとあとがきにあるが、すでに12月、その顛末も、いずれテレビで見られるだろうか。そして、田中陽希の次なる挑戦は・・・




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

日本みつばち さま

ちょうど、石鹸大の無感覚帯があって、左足がしっかり上に上がらない。
もうちょっと上がれば、靴下がはけるって、もどかしさ。

コツコツと、やってみますね。
ありがとうございます。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい