めんどくせぇことばかり 『「反日韓国」の苦悩』 呉善花

『「反日韓国」の苦悩』 呉善花

最終章が第4章で、《韓国人がノーベル賞を取れない理由》という章なんだけど、そこにもたくさんの、日本人と韓国人の資質の違いが書かれていて、とても参考になったし、これからもそれを韓国理解に生かしていきたい。ただ、その最後の方に、次のように書かれていた。

《こうした日本との比較を通じて、また、これまで述べてきた文化的な背景から見て、韓国は少なくともあと二十~三十年はノーベル賞を取ることが難しいと思います。》

これは、どうでしょう。状況を鑑みるに、“ノーベル賞”なんてのんきなことを言っていられる段階でしょうか。この間、最初の方だけ読んで、一度、記事に書いてしまったけど、今、韓国は大変な状況ですね。

《高齢化するほど自殺率が高まる社会》、《「成果主義」「競争社会」で進む相互不信》、《金大中が進めたIT化・英語偏重で尊敬をされなくなった高齢者》、《競争に敗れ、リストラされて、離婚。または一家離散》、《カード社会化により増え続ける家庭債務》、《借りた金を返さないことを“悪”としない国民的風潮》、《もらうことを“当たりまえ”と考える姿勢》、《恥も外聞もなく蔓延る被害者ビジネス》。

国の力っていうのは、政治・経済・社会・軍事と、いろいろな尺度がある。それらの総合力でもあるんだけど、最後に問題になるのは、“生きる姿勢”だと思う。世界から袋叩きにされて、ボロボロになった日本だけど、日本人としての“生きる姿勢”は、失われていなかった。いろいろ失ったものは大きいけど、それだけは失わなかった。そう、思ってます。



PHP研究所  ¥ 999

貧困、経済苦による自殺の増加。拝金主義に、横行する被害者ビジネス
第一章  老いも若きも希望が持てない不信社会
第二章  韓国に蔓延る「拝金主義」
第三章  ここまで違う日本と韓国の国民性
第四章  韓国人がノーベル賞を取れない理由

今の韓国は、ちょっと、“目も当てられない”状況になっているように思える。もう一度、冒頭の“序に代えて”に戻るけど、そこで呉善花さんはこう言ってるんですね。

《現在の韓国では、民意とは事実上、国民情緒を意味し、「民意は天意」とするポピュリズムが、政治世界を強く支配しています。朴槿恵大統領は、その意味での民意=国民情緒に最も忠実に従ってきた大統領だといっていいでしょう》

「民意は天意」っていう恐ろしさ。《天意》による易姓革命によって王朝交代を繰り返すというのは、シナの儒教思想による歴史解釈だよね。その場合、《天意》っていうのは、最終勝者の理屈で、あとからしか説明のしようのないもの。だけど、韓国の《天意》っていうのはすごく生々しくて、今の観光人の《民意》なわけです。

《競争社会》、《成果主義》、《拝金主義》、そして、それらすべての背景にある徹底した朱子学思想。呉善花さんが言ってるけど、日本も江戸時代に朱子学を官学にしているけど、不徹底なものだったし、それに反する学派も力を持っていた。なにより、徹底された朱子学は、日本人には向かない。朱子学はシナで生まれたわけだけど、シナは広すぎて、すみずみまでそれが広まるという状況には至らなかった。唯一、李氏朝鮮だけが、まるで国土にローラーをかけるように、朱子学を徹底させた。

その結果、生まれたのが、両班の生きる姿勢。身分階級をして、働くことを蔑み、技術を蔑み、文化を蔑み、日本人を蔑む。根拠もなく、自分は敬われるはずだと思い込み、それを周囲に要求する。現状の韓国経済の中で、仕事に見放され、人間関係を見失った彼らの民意は、「政治が悪い。財閥が悪い。社会が悪い。おまけに日本が悪い」・・・目に見えるようじゃありませんか。

2015年12月に発表された“日韓合意”。釜山領事館前における少女像新設という暴挙に、日本は大使召還という形で感情の表明をしましたが、もう、どうにもならないでしょう。韓国に関しては、期待する方が悪い。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい