めんどくせぇことばかり 日韓の違い(覚書)『「反日韓国」の苦悩』 呉善花
FC2ブログ

日韓の違い(覚書)『「反日韓国」の苦悩』 呉善花

韓国では、同じ会社に長く勤める人は低く評価されるんだそうす。能力のある人は数多くの会社を渡り歩いて、高い地位や収入を目指すんだって。日本人労働者の平均勤続年数が12年強なのに対して、韓国人は5年だそうです。

日本人は、“金を借りる”ということに、結構高いハードルがありますよね。金融機関から借りるならともかく、自分の人間関係の中で金を借りっていうのは、よっぽどのことですよね。その感覚が、韓国人にはないらしい。友人同士のお金の貸し借りというか、やり取りは当たり前のことで、韓国人の友人に貸した金の返済を頼んだら、人格を疑われたなんてことがあるらしい。

個人のレベルでも、国家のレベルでも、“嘘”が蔓延る。騙された側が騙した側を非難すると、周りの韓国人は騙された方が間抜けだという評価を下す。

おそらく、以前からあった韓国人の国民性が、IMF管理下の合理化、自由化、競争主義の流れの中で、増幅されちゃったんだろうね。しかも、金大中政権も、安易にそれをあおって押し流した。

それから嫌老社会ね。韓国は年長者を大事にする国だと思ってたから、びっくり。若い人たちは老人を蔑視する傾向が強まってるんだってね。金大中が推し進めたIT化や英語偏重の副産物って、呉善花さんは言ってる。

合理化、自由化、競争主義の流れで削り取られて、多くの家庭が、かつてのままではいられなくなってるんだな。仕事を失って、または収入が減少して、離婚も急増してるそうだ。離婚に至らなくても、以前のような、家庭における倫理的環境は変化を余儀なくされているだろう。そんな中で、IT化や英語偏重は、老人を“できない人”に変えてしまったらしい。

自殺の多い韓国でも、とりわけ老人の自殺率が高いというのは、そういうところに原因があるらしい。貧乏だって生きていけるからね。だけど、疎外は厳しい。人生の終盤で、IT化だの、英語偏重だのって言われてもね。


PHP研究所  ¥ 999

貧困、経済苦による自殺の増加。拝金主義に、横行する被害者ビジネス
第一章  老いも若きも希望が持てない不信社会
第二章  韓国に蔓延る「拝金主義」
第三章  ここまで違う日本と韓国の国民性
第四章  韓国人がノーベル賞を取れない理由
《「汗を流すことが貴い」日本、「汗を流すことはみじめ」の韓国》という小項目がある。日本は、ずっと昔からものづくりの国だからね。戦国から江戸初期の鈴木正三って方は、悉皆仏性の立場の方。その仏性をしっかり磨けば、誰だって成仏できる。僧侶は僧侶なりに、農民には農民なりの磨き方がある。もちろん、職人にだって職人なりの磨き方があるわけで、高い技能を身につけるために、ひたすら、「汗を流す」わけですよね。

仏性を磨くために、一つのことに“ひたすら”になる。日本人にとって、真剣に仕事に打ち込むって、どんなことでも尊いことなんだよね。その姿勢って、“道”という言葉として表されますよね。柔の道、剣の道、お茶の道、いずれも“ひたすら”になって人間性を磨き上げてく。・・・剣なんて、本来、人を殺す技術のはずが、“ひたすら”になることによって、人を生かす道に通ずるわけです。

どんだけ汗を流そうが、はたまた、汚物にまみれようが、それが人様のためになることならば、卑しいものなどありえない。《職業に貴賎なし》ですね。でも、韓国では、職業にはおのずから貴賎があるわけです。汗を流す仕事は卑しいと、そう思われているようです。

サムスンがどんだけ売り上げを伸ばしても、それを支えてるのは日本の部品メーカーってことだな。結局、韓国は、労働力の安売りでしか勝負できない。安売り合戦では、さらに安いシナには勝てない。それが韓国の現状ね。

でも、安心してていいかな。日本でも、最近はずいぶん“成果主義”が幅を利かせているように思うんだけどな。とても仕事とは呼べないような、人の顔を札束としか思わない、卑しいふるまいも見かけられるんだけどな。ちょっと前のバブル時代には、平気で山を削ってゴルフ場作るしさ。今は今で、太陽光発電のパネル並べて、無味乾燥な世界を広げているし・・・。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事