めんどくせぇことばかり ベンガジ事件(覚書)『日・米・独 10年後に生き残っている国はどこだ』 高山正行/川口マーン惠美

ベンガジ事件(覚書)『日・米・独 10年後に生き残っている国はどこだ』 高山正行/川口マーン惠美

大統領選の間際だったですよね。クリントンの私的メール問題について、結局、訴追しなかったものの、FBIは投票日を目前に捜査を再開したことは、やはり、投票結果に影響を与えたことは、間違いないだろう。当時、オバマ大統領がFBIの捜査再開を非難した。FBIの対応もチグハグに感じられるが、FBIは、あえて、投票結果に影響を与えようとしたのかな。

《私的メール問題》ってよく分かんなかったんだけど、2012年、ヒラリークリントン氏が国務長官時代に、私的に設けたメールサーバで公的なメールを送受信していたってことでしたよね。私設メールサーバー利用は連邦記録法違反にあたる可能性があるということで捜査対象になった。「国務長官として、あまりにも脇が甘い」という問題として理解してたんだけど、・・・どうも、そんな簡単なことじゃなかったらしい。

2012年、リビアのベンガジでアメリカの領事館が襲撃され、出張で現場に居合わせたクリストファー・スティーブンス米大使が殺された。領事館と言われているが、たんなる派出所で、最低限の警備もなかった。2km離れてCIAの詰め所があった。大使は、ヒラリー・クリントンの直属の部下で、ヒラリー・クリントンの命のもと、前年にはリビアの独裁者カダフィー大佐の惨殺に成功していた。
カダフィーの死をおお喜びするヒラリー・クリントン。「来た。見た。死んだ❢」

KKベストセラーズ  ¥ 1,080

日本は世界をリードできるか。現状を分析し、未来を占う!
序章【白人対非白人】中東情勢が日-米-独の未来を左右する
第一章【歴史編】世界大戦以前から、欧米に敵視されていた日本
第二章【政治編】バラク・オバマ、アンゲラ・メルケル、安倍晋三ー歴史に名を残すのは誰か
第三章【経済編】“安い労働力”で成り立つ《奴隷経済》の終焉
第四章【マスメディア編】アメリカとドイツのジャーナリズムも“朝日新聞化”している!?
第五章【移民問題編】「グローバリズム」と「ナショナリズム」の時代へ

クリストファー・スティーブンス大使がなぜ、警備の貧弱なベンガジにいたのかは、はっきりしていない。もともと警備の手薄な領事館だが、再三の警備増強を却下したのはヒラリー・クリントンだった。さらに、その日は、アルカイダともつながりの深いテロ組織が領事館の警備を任されていた。・・・領事館のカメラに写っているのは、高度に訓練を施された者たちによる襲撃だった。

大使は、CIAと連携して中東各国の反政府勢力に、武器等の援助を供給する任務を受けていた。この時は、アメリカからリビアの反政府勢力に与えた武器類を回収することを任務としていた。もちろん、上司のヒラリー・クリントンから。つまり、ヒラリー・クリントンは、リビアのカダフィーを潰したあと、そこで要らなくなった武器を、シリアのアサド政権潰しに転用しようとしていたわけだな。

大使は死んだものの、大使がリビアで回収した大量の武器は、トルコを経由してシリアに運び込まれた。

つまり、アラブの春という一連の中等におけるできごと。さらには、シリア内戦とそれに続くイスラム国のやりたい放題、膨大な難民の流出。ここのところ数年間、世界に不安定化をもたらしている幾つものできごとに、ヒラリー・クリントンは主導的に、深く関わっていたということだ。

そして何より、やばい内容だからこそ、公式のメールを使うことができなかったということだ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい