めんどくせぇことばかり 『日本に外交はなかった』 宮崎正弘・高山正之

『日本に外交はなかった』 宮崎正弘・高山正之

題名から、「戦後の日本の、外交権をアメリカに握られて首根っこを押さえつけられたことを言っている本かな」って思ったんだけど、違った。

最初の章の題名が《「日本に外交はなかった」という言葉》という題名なんだけど、この言葉自体は、日清戦争の前年に北京へ赴く小村寿太郎の言葉で、「俺が本当の外交を見せてやる」という自負を語ったものと高山さんが言っている。

では、本当の外交とは何か。それが「日本にはなかった」ということを書いたのがこの本ということになるわけだ。本当の外交とは、・・・。最初の章にある宮崎さんの言葉を借りておきましょう。端的な言葉を選べば、《武器を伴わない戦争》。クラウゼウィッツの『戦争論』の言葉を宮崎さんも使ってるけど、もう少し噛み砕いた言葉なら、《軍事力と情報力を背景とし、地政学に基づく国家戦略を達成するための対外政策》ということか。

日本には、それがなかった。それを二人の、強烈な個性を持った老ジャーナリストが語るという本だな。対象とするのは“戦後”なんて狭い領域ではなく、日本の“歴史”そのもの。日本の“歴史”全般を相手にして「日本に外交はなかった」ことを検証していくということは、そこから、“外交”に不得手な日本人の特質を引き出し、それを理解したうえで、今後の“外交”に、その知恵を生かしていこうとする本ということね。

下の「目次」を見てもらえば明らかなように、“上・下”の2部構成ではあるんだけど、分量からすれば、古代から明治維新までが3分の1。明治以降が3分の2という割合。2人は歴史の学者ではなく、ジャーナリストですからね。その知見を、明日の日本に生かしていくと知れば、当然こうなるべきですよね。だけど、“上 古代から明治維新”が結構おもしろい。

特に、《朝鮮通信使》と《キリスト教》に関しては、大笑い。後日、覚書としてまとめておこう。
『日本に外交はなかった』    宮崎正弘・高山正之

自由社  ¥ 1,080

二人のジャーナリストが語る、外交から見た日本の混迷
上 古代から明治維新
「日本に外交はなかった」という言葉
日本文化を花開かせた「遣唐使」廃止
足利義満の屈辱の外交
鎖国は賢明な外交政策
江戸の外交
研ぎ澄まされた聖徳太子の外交感覚
元寇に見せた北条時宗の外交
とんでもない朝鮮通信使
キリスト教排除
幕末に見る日本人の気概外交
下 明治維新から現代
ロバート・バウン号と榎本武揚
お雇い外国人エミール・ベルタン
外交官試験に通った堀口九萬一と白鳥敏夫
日英同盟と日露戦争
日米対立
真珠湾奇襲
アメリカのエージェントとなった外交官
ノンキャリアをいじめる外務省
慰安婦問題で朝日と共犯になった外務省
三島由紀夫が乗り移ったストークス
朝鮮問題で引きずり込まれた日清戦争
お雇い外国人ヘンリー・デニソン
三国干渉とドイツ
対華二十一箇条の要求
日米開戦
「最後通知」手交延滞
外交官試験廃止
教育主権を中国、韓国に手渡した
南京事件が世界遺産になった


《下 明治維新から現代》は、まずは、それ以前の話もあるけど、重大な点は、《なぜアメリカとの戦争を避けることができなかったか》ということになるよね。

高山さんは、「やり方次第では、開戦は回避できた」と言う。宮崎さんは、「外務省の能力が高ければ、日米開戦は100%なかったといえなくはない」とまで言う。同時に、「アメリカのあの執拗さを考えれば、やはりいつかは戦争になっていた」とも言っている。やっぱり、みんな、いろいろな思いを抱えてるんだね。

その外務省の能力だけど、・・・どの程度まで“高ければ”いいんだか分からないけど、確かに避けられた可能性もある。その可能性を放棄した結果があれだけの民族的悲劇だし、その後の日本、その後の世界につながるわけだから、その可能性を生かせなかったことの意味は、あまりにも大きい。

だけど、・・・だけど、あえて言うけど、戦争って、一方がどうしても、何が何でも“やる!”って考えてるときに、それを回避するのは、当然だけど、結構難しい。ルーズベルトは、何が何でもやるつもりだった。だからこそ、11月26日っていうぎりぎりの段階でカードを切ってきた。外務省にその段階での巻き返しを期待するのは、ある程度、ルーズベルトの悪魔性を把握していることが前提でないと厳しいんじゃないかな。

のちに、『ルーズベルトの戦争責任』を書いたハミルトン・フィッシュのような下院議員がいたことを、高山さんは根拠にしている。上院議員のロバート・タクトやフーヴァー前大統領、それからリンドバーグなんかも反ルーズベルト勢力だよね。その彼らだって、ルーズベルトの悪魔性を見破ることはできてないように思うんだけどな。もちろん、あの段階でね。

さて、そのあとは、敗戦後の話。そうなると、もう体たらくでしかない。
産経ニュース 2017/01/15
【北朝鮮拉致】
飯塚繁雄さん「日本人として一緒に戦ってください」 被害者奪還、広島で国民のつどい

http://www.sankei.com/world/news/170115/wor1701150038-n1.html
(抜粋)
 北朝鮮による拉致被害者の奪還へ向けて、政府や支援組織「救う会」などが主催する「拉致問題を考える国民のつどい」が15日、広島市で開かれ、家族会代表で田口八重子さん(61)=拉致当時(22)=の兄、飯塚繁雄さん(78)は「毎年『今年こそ』と思いながら結果が出ていない。一人の国民、日本人として一緒に戦ってください」と力を込めた。
 
(続きを読む)に全文




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
産経ニュース 2017/01/15
【北朝鮮拉致】
飯塚繁雄さん「日本人として一緒に戦ってください」 被害者奪還、広島で国民のつどい

http://www.sankei.com/world/news/170115/wor1701150038-n1.html
(全文)

 北朝鮮による拉致被害者の奪還へ向けて、政府や支援組織「救う会」などが主催する「拉致問題を考える国民のつどい」が15日、広島市で開かれ、家族会代表で田口八重子さん(61)=拉致当時(22)=の兄、飯塚繁雄さん(78)は「毎年『今年こそ』と思いながら結果が出ていない。一人の国民、日本人として一緒に戦ってください」と力を込めた。

 今年最初のつどいの冒頭、加藤勝信拉致問題担当相は「被害者、家族は高齢で一刻の猶予もない。全力で取り組む」とあいさつ。被害者や特定失踪者の家族らが聴衆に訴えた。

 新潟で拉致される1年前まで家族で広島に住んだ横田めぐみさん(52)=同(13)=の弟、拓也さん(48)は「大好きだった広島に姉を連れてきたい」と願いを語り、松本京子さん(68)=同(29)=の兄、孟さん(69)も「全員が一日でも早く元気で帰れば、それだけで良い」と話した。

 救う会の西岡力会長は講演で、北朝鮮が核実験など軍事的緊張を高める中でも拉致被害者の奪還が最優先だとし、「日本政府を支えるのは世論だ」と強調。特定失踪者問題調査会の荒木和博代表も「世論の声が政府を動かし、北朝鮮の脅威になる」と呼びかけた。

関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

「歴史修正主義」とは、戦前の日独をことさら評価する史観ではない。
米英両国の外交に過ちはなかったのか。
あったとすればそれは何だったのか。
それを真摯に探ろうとする歴史観だ。
英米独露の外交と内政を徹底検証し、二つの世界大戦が、実は「必要」も「理由」もない戦争だったことを明かす。
これから出る本




































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい