めんどくせぇことばかり 『「日本書紀」の呪縛』 吉田一彦

『「日本書紀」の呪縛』 吉田一彦

【本と日本史】というシリーズが始まる。
《本のあり方から一つの時代の文化や社会を考え、その時代のものの考え方や世界観・価値観、さらには知の枠組みがどのようなものであったのかを考えてみようという企画》ということです。ん~、なんだか難しそう。ついていけるかな。

その第一巻が、この本。『「日本書紀」の呪縛』という題名。この間、日本書紀に関して書かれた本を読んだ。それによれば、シナの『漢書』や『後漢書』と同様、これは『日本書』であろうと言うことでした。『日本書』は“紀”だけが書かれて終わってしまったということでした。たしかにそうでしょうね。

シナの歴史書は、勝者の正統性の主張なんですね。それに似せて編纂された『日本書』も、当然そういった目的を持っていたはず。ただ、シナでは唐代以降、滅亡した王朝の歴史をあとの王朝が書くのが定着した。日本では、『日本書』を書いた王朝が、そのまま続いている。勝者が自ら歴史を書き、その王朝は、今もそのまま存在する。

具体的に言えば、『日本書』の編纂を始めたのは天武天皇である。天武天皇は、大海人皇子時代に壬申の乱で近江朝廷を敵に回して戦い、勝利を収めて天皇となる。近江王朝を主宰する弘文天皇は、天智天皇・中臣鎌足路線を継承していた。大海人皇子は、内乱の勝者となった。その正統性を主張するためにこそ、天武天皇は『日本書』の編纂を命じた。それは単に、壬申の乱の理由付けと言うだけではない。それは、神代から連綿と自分にまで続く支配の正統性の主張となる。

そんな『日本書』を、天武天皇は編纂しようとした。そして完成したのは、天武天皇のあとを継いだ持統天皇の時代。しかし、天武の妻として、我が子草壁皇子を皇位につかせるべく大津皇子を殺すことまでした持統天皇は、夫の思いを裏切った。それは中臣鎌足の子、不比等を重用していることでも明らかである。つまり、持統政権は、天武天皇を継承するように見えて、実は、天智天皇・中臣鎌足路線を継承していたのである。

『「日本書紀」の呪縛』っていう本だから、日本書紀以降の日本人は、持統天皇・中臣鎌足路線の正統性の主張に縛られて来たということになるね。

どんなだろ。亀甲縛り? 縛られちゃったの?




集英社新書  ¥ 821

歴史学の最前線から明らかにする「神話と歴史」の事実!
第一章  権威としての『日本書紀』
第二章  『日本書紀』の語る神話と歴史
第三章  『日本書紀』研究の歩み
第四章  天皇制度の成立
第五章  過去の歴史
第六章  書物の歴史、書物の戦い
第七章  国史と《反国史》《加国史》
第八章  『続日本紀』への期待、落胆と安堵
第九章  『日本書紀』の再解釈と偽書
第十章  『先代旧事本紀』と『古事記』
第十一章  真の聖徳太子伝をめぐる争い
第十二章  『日本霊異記』ー仏教という国際基準
終章  『日本書紀』の呪縛を越えて


梅原猛が『隠された十字架』を書いたのは、今から40年以上前だ。そのなかで梅原猛は、法隆寺は聖徳太子の怨霊を封じ込めるために建てられたと書いた。天智天皇・中臣鎌足路線に対する強烈な朝鮮である。にも関わらず、歴史学者の方々は、「それを確実に裏付ける文献が発見されない限り、推測の域に留まる」と退けた。

完全に、呪縛されてますよね。可哀想なほどに。

梅原猛の系列からは、様々な日本書紀研究が発展しているし、歴史学者の先生たちの研究は、それを後追いしているだけのように思えるような、倒錯した状況が日々甚だしくなっている。そのへんは大丈夫なんだろうか。心配になる。

それでも、神々の世界の中心に君臨するアマテラスは持統をモデルとし、その孫として葦原中津国を統治するニニギは、持統の孫の軽皇子をモデルとして造形された。それはそのまま、元明天皇と孫の首皇子に投影されている。そこまで書かれていれば、そうしたのは不比等なんだから、不比等の立場で、なぜそれが必要かということになるはず。

持統女帝に合わせて女神アマテラスが登場するなら、それまで伊勢神宮に祀られていたのは男神だったはず。非主流派の研究は、どんどん先へ行ってるのに、歴史学会の歩みはいかにもまどろっこしい。

それでも、歴史学会の先生方はお分かりなんだろうか。日本書紀に一番縛られてるのは、歴史学会の先生方なんだってこと。呪縛から抜け出せば、非主流派の研究と補完しあって、古代史研究は急激に進むことになると思うんだけど。まだ、縛られていたいんだろうか。もしもそんなに縛られるのがお好きなら、私が縛って差し上げてもいいんだけど。ちょっとだけ、前に実践してたことがありますので。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

古代史好きの方にWEB小説「北円堂の秘密」をお薦めします。
グーグル検索すれば無料で読めます。
少し難解ですが面白いです。

omachi さま

読むつもりの本が壁のように積みあがる中、機会がありましたら是非読んでみたいです。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい