めんどくせぇことばかり 『世界史までわかる日本史』 島崎晋

『世界史までわかる日本史』 島崎晋

多くの場合、歴史を支配するのは“偶然”であって、“必然”ではない。“たまたま”、こんなんなっちゃったんだ。そして多くの場合、人生も、またそう。“たまたま”、こんなんなっちゃったんだ。力があれば、違う道があったかもしれないけど、力が足りなかったんだったら、仕方がない。人のせいにすることじゃない。今を土台に、やるべきことをやっておくことだ。

『世界史までわかる日本史」という題名以外は、中身をめくりもせずに買ってしまったが、時系列を追って、その時代層のなかで、日本や世界にどのような歴史が展開されていたかを提示している本。これまでにも、何度かこういう本を読んだ気がする。取り組み自体は面白いと思う。新しい切り口で、それだけの新鮮味もある。

それだけに、しっかり読んでいけば新しい発見もあるだろうし、シナプスによる情報伝達で立体的な知識が構成される場合もあるだろう。だけど、いつか訪れるかも知れないそういった悦びを期待して最初から読み始めるには、私の忍耐力は弱小過ぎる。だから、ついつい「このあたりは・・・」ってつまみ食いのような読み方になってしまう。

そうだな。面白い取り組みなんだけど、私みたいなパターンもあるし、場合によっては、《一挙両得》と受け取ってもらえず、《前門の虎、後門の狼》みたいに攻められてる気分になっちゃう人もいるかも。ブームのようだけど、歴史は、・・・とくに世界史は、けっこう敬遠されてると思うよ。



SB新書  ¥ 864

大化の改新の頃、ササン朝が滅んだ 「タテ」「ヨコ」つかんで歴史を一挙両得
第一章  古代よりアジア世界から影響を受けてきた日本
第二章  花開く日本の平安文化と世界宗教の広がり
第三章  中世世界を席巻したモンゴルに対峙し揺らぐ日本の武家政権
第四章  室町幕府の盛衰と大航海時代の到来
第五章  膨張するヨーロッパ社会と日本との交流
第六章  行動的なヨーロッパと鎖国体制をとる江戸幕府
第七章  ヨーロッパの帝国主義と開国へ転換する日本

気候変動ってのは、いつだって地球規模の問題だから、それに影響された歴史は、時には“必然”性をたかめる。最終氷期の終了であるとか、古墳寒冷期であるとか、ラキ火山や浅間山の噴火がフランス革命の背景にあったとかね。

・・・ったく、人間社会が気候変動に影響を受けるのは当たり前のことで、それは太陽活動や火山活動に原因があること。二酸化炭素は無罪だよ。・・・それなのに・・・。
NHK NEWS WEB 2017/01/27
カーボンプライシング 本格導入に向けて検討へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170127/k10010855061000.html
(抜粋)
排出した二酸化炭素に価格をつけて、企業や家庭に排出量に応じたコストを負担してもらう「カーボンプライシング」と呼ばれる制度について議論する、初めての会合が開かれ、国内で本格的に導入するための課題について、今後、検討を進めることになりました。
(続きを読む)に全文
(ウワッ❢ すごく横にそれましたね。ほとんどビーンボールに近い。もとに戻します。)

気候変動から来る必然性は、特別取り上げられてないみたい。それから、第五章以降に関しては、もう世界が一体化しているから、日本史を世界史の中の“地域史”と位置づけて、そこから世界に関連させていくことができるよね。でも、特に、意識してそれを狙っているようでもないですね。

だから、古代から近代までを網羅した、日本史と世界史の“同時代史資料”としての役割を意識したものだろうと思う。それなら、そういうものとしての活用法もあると思う。

それから、各章の最初に“まとめ”があり、その“まとめ”の方向性にそって章ごとの、各項目が設定されている。だから、“まとめ”だけを抜き出して読んだだけで、古代から近代までの、世界史の流れと日本の状況がわかることになる。これはやってみました。簡潔で、いい内容でした。

それから、各章の最後には“人物比較”というコラムがあって、「清盛とサラディン」とか、「信長とフリードリヒ2世」とか・・・。これもけっこう面白いよ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本














































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい