めんどくせぇことばかり ヨーロッパ危機(覚書)『世界大地殻変動でどうなる日本経済』 宮崎正弘・渡邉哲也

ヨーロッパ危機(覚書)『世界大地殻変動でどうなる日本経済』 宮崎正弘・渡邉哲也

《CoCo債》って言葉、覚えておいてね。・・・もう、知ってた?

“転換社債”ってカッコ書きしてあったんだけど、「銀行が危機に陥ると元本の一部、または全部が削減される、あるいは強制的に転換される」んだそうです。恐ろしいですね。まる損ありなわけです。その分、通常債権をはるかに凌駕する金利があてがわれる。つまり、銀行のリスクが高くなければ、投資家にとってとてもおいしい債券。“ハイリスク・ハイリターン”ってことですね。

それが、資本金で見た場合、ヨーロッパ全体で1020億ドル(11兆3700億円)。自己資本比率10パーセントだから、その影響力は110兆円になる。なかでも、ドイツ銀行だけで5兆8000万円か。

そんなわけで、金融危機が発生して、一番その影響が大きくなるのがドイツ銀行で、潰すに潰せない状況にもかかわらず、住協はきわめて深刻らしい。もともと、サブプライム関連の債権を作った首謀者はドイツ銀行だったんだって。

リーマンショックの影響はそれこそ大きかったわけだけど、どうやらヨーロッパは、それを資産の時価評価をやめることでごまかしたんだそうだ。時価評価をやめて、取得した時にはいくらだったかってことにしたんだそうだ。表面的には取得したときと同じ資産があるように見えているだけで、時価評価にしたら大変なことになってる。

昨年の伊勢志摩サミットの時、経済危機を財政出動で乗り切ることを提案した安倍首相が、マスコミ各社に「消費税延期の口実づくり」と叩かれた。メルケル当たりも経済への危機感を感じさせないような発言があったが、今にすれば、それは危機にあるからこそのことだった。ブレグジットで吹っ飛ぶのは、やはりイギリスではなくEUか。



ビジネス社  ¥ 1,404

瀕死の欧州と米国、無理心中する中国と韓国
はじめに  貧者の一票が世界を変え始めた 渡邉哲也
第一章  プレグジットで英国よりも瀕死の欧州
第二章  米国経済の病理と利上げショック
第三章  トルコ政変で世界はゲームチェンジ
第四章  世界から嫌われ権力闘争激変で戦争に向かう習近平
第五章  経済大崩壊で無理心中する中国と韓国
第六章  世界大地殻変動でどうなる日本経済
終章  グローバリズムで衰退する世界、ナショナリズムで復活する日本
あとがき  文明(グローバリズム)から文化(ナショナリズム)へ 宮崎正弘

ヨーロッパの危機は深いね。イギリスに続いて、デンマークにも脱退の動きがあるという。でも、かりに脱退しても、イスラム教徒はすでに自国民であって、外国人ではない。グローバル化を旗印に、各国でブルカの禁止だの何だのと、人の宗教に口を出す。イスラム教徒を目にしない自由を主張するなら、最初からグローバル化を主張すべきじゃなかっただけのこと。

だいたい、ヨーロッパがキリスト教だって言ったって、ドイツはじめ北部はプロテスタントで、フランスはじめ南部はカトリック。400年前は、殺し合ってた。宗教戦争っていうのは、キリスト教と同志の殺し合いを呼ぶ言葉だった。フランスは、フランス革命で、ローマ教会に逆らって理性を神とした。チェコ、アルバニアは無神論が強くて、東方の多くはオーソドックス。使う言葉も違うんだ。もともと、共通性に依存すること自体が間違い。住んでる場所が近いことは、仲が悪い事の証明でしかなかった。

グローバル化に行き詰まって、自由勝手に極端から極端に振れる自由ってのがあるのか?もちろん、賛否両論あってのことだけど、結果としては、「アメリカが勝手なことを言ってる」、「イギリスが勝手なことを言ってる」としか映らない。グローバル化の反対に触れて、今度は何を主張するのか。ナショナリズムに振れすぎて、スコットランドが独立するとか、カタルーニャが独立するとか。ヨーロッパはけっこうあちこちに独立運動がある。カタルーニャは独立して、EUからも抜けて、闘牛を復活させたいんじゃないの。

グローバル化が華々しかっただけに、ナショナリズムの叫びが癇に障る。グローバル化が華々しかっただけに、昔のように、ただの仲の悪い人隣人に戻るのも難しい。けっこう、知恵の試される時代になってる。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本














































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい