めんどくせぇことばかり 越生 麦原地区

越生 麦原地区

地図
車で行きました。最初は住吉神社に止められないかと思ったんだけど、境内に無理やり止めるのも気が引けてやめた。あじさい山公園の駐車場は“P”って書いてあるから間違いないと思ったんだけど、駐車場の表示もなし。3~4台止められるスペースはあったけど、私有地と区別が明確ってわけでもない。不安だからやめた。2kmくらい引き返したところの駐車場に止めました。《山と高原地図》では“トイレ”って書いてあるところで、しかも、広い。
P2040001.jpgP2040002.jpgP2040003.jpg

駐車場を出たのが9:45。麦原川の支流、赤坂川沿い舗装道路があって、《あじさい山・野末張見晴台》と書いてあり、そちらへ向かう。すぐにガス屋さんのトラックに抜かれた。もしかしたら、上の方に集落があって、そこまで舗装かと、ゲンナリ。

すると、左手に山道が・・・。赤坂川の支流に沿って続いているようだ。しかも、はっきりしている。はっきりしている道を行って、それがやがて消えていくことは、よくあることだけど・・・。地図で見たところ羽賀山から戸神への尾根に行き当たりそうだし、何かあったら勾配の緩やかな戸神方面に向かえばいいという見込みで、地図にもなく、道標もない道へ踏み入る。
P2040004.jpgP2040005.jpgP2040007.jpg
まもなく、沢にかかった橋が朽ち落ちている場所に出くわす。やはり、ここは間違いなく登山道だ。だけど、荒れている。倒木が道を塞ぐ。跨ぎ、くぐり、乗り越え、迂回する。見れば、沢筋には、無数に倒木が落ち込んでいる。荒れてるのは登山道ではなく、山そのもののようだ。写真を見ていただければわかると思うけど、ほとんど障害物競走。
だけど、この道。かなり幅広で、かつては歩きやすい道だったことを思わせる。それに沢。倒木におおわれてるが、よく見れば、水が岩盤の上を流れているところが多い。どうやらここは、岩山らしいのだ。

見て、この巨岩。
P2040009.jpg
この道、なんで廃らしちゃったんだろう。それに、この沢。かなりいい。歩きたい。

沢は、赤坂川から離れたら、ひたすら本流をたどればいい。荒れているので、ちょくちょく道を失うが、道は必ず本流にそっている。多くの場合は、右側、左側は変わるけど、高巻いている。道を失っても、沢を失わなければ、廃道は必ず先にある。道がわからなくなるのは、太い流れがなくなってからで、滝のような形状はなくなってからだから大丈夫。やがて、尾根が近づくと、尾根を巻く道に出くわす。細くなるところもあるが、それをたどれば、戸神からくる登山道に行き当たる。

少し進んだ鞍部で休憩。11:00、歩きはじめて1時間15分。楽しかった。ここから、羽賀山を経て野末張見晴台に向かい、少し戻って下山する。
P2040010.jpgP2040017.jpgP2040016.jpg
左は休憩を取った鞍部。白小石という石が点在する。下を巻く道もあるが、尾根筋を行く。見晴台までの40分余、誰にも合わない。静かで、とても良かった。
P2040020.jpgP2040022.jpgP2040023.jpg
下山途中、開けたところから、この間登った弓立山が見えた。赤坂川堰堤まえの小便小僧。そして右は、・・・降りてきました。私が踏み込んだ廃道です。見晴らし台から駐車場まで35分でおりきった。

下山したのは正規の登山道なのですが、正直言って、ただの道。面白みがありません。是非、廃道に手を入れてほしいな。それから、ここの山は潜在力がかなり高いように思える。その割には、登山者がいない。是非、山に手を入れてほしい。川を生かして欲しい。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。いつも樂しく拜見させて戴いてをります。

野末張見晴台ですか、かなり高くまで登られましたね。寫眞を拜見させて戴きますと綺麗な快晴ですね。この時季は空気が澄んでゐるのか遠くまで見る事ができるので、眺めが良いですよね。

寫眞の岩石、面白いですね。岩肌に木が生えてゐるやうに見えました。一度見てみたいです。

橘右近大夫 さま

麦原地区は、あじさい山を観光の眼玉に登山道の整備をしたようですが、どうやらあじさいの株が枯れてしまったようで、“再生中”という看板を幾つか見受けました。そちらにそって整備された登山道は流水で削られたのか少し深めで、角度も一定で、あまり魅力を感じませんでした(こちらは下山の時に使いました)。
戸神から野末張見晴台までは、尾根筋でも見晴らしがありません。それはそれで、静かな登山道で良かったですけどね。私が登った廃道の魅力は大きいです。沢もいい。・・・整備すれば。何より楽しかった。
ただ、何度か、動物のフンを見つけました。ウサギのものだけではなかったので、一人で踏み込むには、ふさわしくなかったかもしれません。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい