めんどくせぇことばかり 『教養としての日本近現代史』 河合敦

『教養としての日本近現代史』 河合敦

こういう本はさ。スッ・ポン・パッって、読み切っちゃわなきゃだめだよね。スッ・ポン・パッってのは,“出た・買った・読んだ”っていう具合にね。それが、なんでか、寝かしちゃったんだ。でも、そんなに前じゃないんだけどね。2015年12月に出た本。1年半まではいってないからね。

なぜ、すぐに読まなかったのか。・・・実は、覚えてないんだよね。でも、ペラペラめくってるうちに、思い当たることはあった。題名の最初に、“ニュースがよくわかる”とある。おそらく私は、「これを読めば、ニュースが分かるようになるんじゃないか」って思ったんじゃないかな。

でも、私の“分かるようになりたい”ニュースと、著者の言う“分かるようになる”ニュースが違ってたってことだな。この本が出た当時で考えれば、私の“分かるようになりたい”ニュースは、ウクライナをめぐるヨーロッパとロシアの確執。スコットランド分離問題、ギリシャ問題後のヨーロッパ。原油安と資源依存国家の状況。もちろん、中東問題。シナの経済破綻の影響。ヒラリーだけは勘弁してもらいたい米大統領選。・・・そんなところかな。

でも、そんなことは、この本には、何にも書いてない。・・・だから、寝かしちゃったんだろうな。でもそこは、『・・・日本近現代史』って題名なんだから、間違えた私が悪い。そういう題名の本なんだから、“日本近現代史”についてわかるに決まってる。



祥伝社  ¥ 1,620

慰安婦問題、南京大虐殺、尖閣諸島・竹島、・・・ なぜ不信と憎悪が続くのか?
1 「歴史レジェンド」とは何か?-ペリー来航と幕府の消滅
2 『学問のすゝめ』はなぜ空前のベストセラーになったのか-近代国家の誕生
3 ブラック企業はいつから存在するのか?-近代産業と欧米思想の移植
4 世論が暴走すると国はどうなるのか?-強大化する帝国日本
5 竹島問題を複雑にしたのは誰か?-世界の強国となった日本
6 南京大虐殺は存在しなかったのか?-恐慌の時代
7 北方領土が返還されない本当の理由とは?-太平洋戦争と日本の敗戦
8 安保関連法案のどこが問題なのか?-占領期の日本と独立
9 尖閣諸島をめぐる「知られていない歴史」とは?-経済大国日本


今になって、「『・・・日本近現代史』に関わるニュースが分かるようになるならありがたい話だ」と思い直したわけだ。せっかくお金を出して買った本だし、気を取り直して読んで、もしもためになればもうけものと考えたわけだ。だけど・・・。

最初から、違和感はあった。話が会津に及んだことだ。もちろん会津戦争に関してである。あろうことか著者は、会津人の憤りを朝鮮人やシナ人の日本人に対する感情と相対化して紹介した。これには、唖然とした。その性向からすれば、朝鮮人やシナ人は、むしろ薩長の卑劣さに相対化されるべきだ。

日本による韓国併合と朝鮮人差別。関東大震災時の“朝鮮人虐殺”も以前のままのとらえ方で「朝鮮人狩り」という言葉まで使う。“南京大虐殺”も「いずれにせよ、このように軍規の緩んだ日本兵によって、民間人を含む中国人が殺害され、かなりの数の女性が辱めを受けたのは事実だと考えてよいと思われる」と、なんとなくおっしゃるのだ。朝鮮人慰安婦に関しては、「いずれにせよ、・・・ジェンダーの問題として、人権の問題として、過去をしっかり認識する必要はあるだろう」と、やはりなんとなくおっしゃるのだ。

シナや韓国の反日は、歴史の問題ではなく、政治の問題だ。“南京大虐殺”にしろ、“従軍慰安婦”にしろ、現代感覚で資料を読み、個人的感情で日本を糾弾するのはあまりにも無責任。このような、歴史家という立場の著者の政治的行為は、長い目で見れば、一時、政治的に、シナや韓国の自尊心を満足させることはあっても、結局は誰も幸福にはしない。

この著者は、私より少しだけお若い。私もかつて、この著者のような考え方にとらわれたことはあった。だけど、家族であるとか、故郷であるとか、そういったものとの関わりの中で、自分を取り戻した。著者はすでに、知命も半ばに差し掛かろうとしているはず。この考え方で稼いできているだけに、方向転換は難しいだろう。だけど、まだまだ人生先が長い。そんな考えのまま、あと何十年というのも、けっこう悲劇的だな。・・・ああ、でも、高校や大学、それにマスコミからも養われてるんなら、仕方ないか。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい