めんどくせぇことばかり ベルサイユ体制(覚書)『戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実』 渡辺惣樹

ベルサイユ体制(覚書)『戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実』 渡辺惣樹

1918年春、アメリカの参戦で、ドイツ軍の戦意を大きく削いだ。10月には講和条件を探る事態となった。宰相のマクシミリアン・フォン・バーデン伯が14か条の平和原則による講話をアメリカに打診すると、ウィルソン大統領は、英仏の軍事的優位の確保と皇帝の退位を条件に、英仏との間を取り持った。11月11日、休戦協定が成った。

仏は140万の命を失った。英は70万の命を失った。英仏は、ウィルソンからの持ちかけにいい顔をしなかったという。米国の単独講和をちらつかせて、ようやく休戦に納得させた。イギリスは、港湾封鎖により独の食料欠乏策を継続することを条件とした。仏は、独に完全なる賠償を求めることを条件とした。

講和会議のなかで、独は海外領土のすべてを失ったのに加えて、ヨーロッパ大陸の領土も切り刻まれた。
  • アルザス・ロレーヌは普仏戦争で独領となったが、仏領に戻された
  • ザール地方は国際連盟の委任統治領となった
  • ベルギーはプロシア時代からの領土であったオイペン・マルメディ地方を得た
  • ラインラントは非武装化された。ここには、ケルン、フランクフルト、マンハイムを含む
  • ユトランド半島はデンマークと争っていたが、住民投票が強行された結果、半島北部はデンマーク領となった
  • 上シレジアでも住民投票が強制され、東部はポーランドに編入された
  • ポズナンはプロシア時代からの領土であったが、ポーランドに割譲された
  • ダンツィヒは、その住民の9割以上が独系であったが、自由都市として国際連盟の管理となった。同時に陸からのダンツィヒに通ずる地域がポーランド領(ポーランド回廊)となったため、ダンツィヒは完全に孤立した。第二次世界大戦は、独によるダンツィヒの回復要求がこじれたものである
英仏は賠償金に自国兵士への離職手当や退職年金のコストまで含めるよう要求した。独を休戦に引き込んだ米の立場にすれば、戦争コストを賠償金の計算に入れることには反対であったが、結局、対独復讐心に燃える英仏に押し切られた。

ベルサイユ条約第231条
「連合国とその国民が被った犠牲の原因はすべてドイツの侵略行為に起因する」

ベルサイユ条約賠償金問題を検討する委員として参加したケインズを含め、良識ある者によれば独の支払い可能限度額は100億ドルと見込まれたが、実際ドイツに押し付けられた賠償金は330億ドルであった。しかし、実際にこの額が決定したのは1921年である。


ルサイユ条約の調印式は、1919年6月28日にベルサイユ宮殿鏡の間で行われた。この日は、オーストリア皇太子フェルディナントが暗殺された日であった。この日のドイツ代表は外務大臣に就任したヘルマン・ミューラーであるが、その調印の文書には、まだ賠償額は書かれていなかった。


文春新書  ¥ 1,188

チャーチルとルーズベルトがいなければ、第二次世界大戦は起こらなかった
第一章  第一次世界大戦の真実
第二章  第一次世界大戦後の歴史解釈に勝利した歴史修正主義
第三章  ドイツ再建とアメリカ国際法務事務所の台頭
第四章  ルーズベルト政権の誕生と対ソ宥和外交の始まり
第五章  イギリスの思惑とヒトラー
第六章  ヒトラーの攻勢とルーズベルト、チェンバレン、そしてチャーチル
第七章  ヒトラーのギャンブル

本書p83に、米の歴史家のシドニー・フェイが1928年に発表した『第一次世界大戦の起源』をもとにした、ものすごく簡単な、ものすごく常識的な、同時にあまりにも無視されてきた、第一次世界大戦の原因が書かれているので“覚書”として残しておく。

《1914年6月28日のオーストリア皇太子フェルディナントの暗殺の責任はひとえにセルビアにあり、その責任を追及するオーストリアにドイツが加勢したこと。セルビアを支援するロシアがまず軍の動員をかけたこと。動員解除のドイツの要請を拒否したのはロシアであり、ロシアの態度を煽ったのがフランスであったこと。いつまでも態度を鮮明にせず、体裁だけの仲介に終始し、どちらの陣営にも期待を持たせながら最後に露仏側についたイギリスの外交政策は失敗であったこと》

独の賠償金支払いの遅延に業を煮やしたフランスが強硬策に出たのは1923年1月11日。ベルギーの一歩兵部隊を含む仏軍6万が、ドイツのルール地方を占領した。この地域の炭鉱を手中に収めることで賠償金に変えるという強制措置である。この地域に住む14万7000人が強制退去させられ、この過程で命を失った者は120人にのぼった。

独における仏占領地区で、黒人セネガル兵による独女性に対する強姦事件が多発した。過大な賠償金や強姦事件は独国民のプライドを著しく傷つけた。

こういった出来事の一つ一つの重なりが、ヒトラーの登場を準備していく。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本










































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい