めんどくせぇことばかり 『諭吉に訊け❢』 奥野宣之

『諭吉に訊け❢』 奥野宣之

すごい人物だよね。

適塾で苦労して蘭学を治め、オランダ語もペラペラになったわけでしょう。それがある日、横浜に出向いてみると、居留地にあふれる外国語を一切理解することができない。なにしろそこでは、共通の言語として英語が使われいるわけですから。当時、最初から蘭学を学ぶ人間なんていないわけで、諭吉も当然論語から入っているわけ。それが漢学も蘭学も通じない世界が、目の前に広がっている。

ショックだな。普通ならね。もちろん、福沢諭吉だってショックだったはず。でも、福沢諭吉はショックを受けたってへこまない。なすべきことが見えているから、漢学ではどうにもならないから蘭学、蘭学がどうにもならないなら、英語ができるようになればいい。それだけ。どうすればできるようになるかは、ただの方法の問題。大したもんだよね。さすがは一万円だよね。


福沢諭吉に訊ねたいこと? そりゃいっぱいあるよ。適塾でのこと。あの頃の幕府のこと。会津のこと。明治政府における薩長の連中のこと。朝鮮のこと。金玉均のこと。・・・

じつは、そういう本だと思ったんですよ。そういう本だと思って、買ったの。そしたら、違いました。

『諭吉に訊け❢』    奥野宣之

光文社  ¥ 1,404

現代人のモヤモヤした悩みを晴らす『学問のすゝめ』
第1章  「働き方」の悩み
第2章  「心と体」の悩み
第3章  「人間関係」の悩み
第4章  「生き方」の悩み



『学問のすゝめ』は明治5年から9年にかけて、シリーズ全17編が刊行され、初編20万部、シリーズ累計70万部を超える大ベストセラー。その『学問のすゝめ』を、著者の奥野宣之さんは、現代の若者たちにも読んで欲しいと、ちょっと前に『現代語訳・学問のすゝめ』という本を出したのだそうです。だけど、読んでくれた人の多くは40代以上の人たちで、若者への浸透度に疑問があった。そこで、20代、30代の人にも読んでもらうために、“とっつきやすさ”最優先で書いたのがこの本ということです。

『学問のすゝめ』は、冒頭の「天は人の上に人を作らず人の下に人を作らずといえり」をしっかり覚えて、国語のテストで点数取って、「はい、おしまい」という人が結構多い。私の周りの若い連中は、そこまでが精いっぱいで、『学問のすゝめ』を読んだという奴は、この10年で一人もいない。

「天は・・・」だけを読んだ奴は、この本を“平等”を訴えた本であるかと誤解したまま一生を終える。「生まれたときは平等なのに、世の中に貧富や地位の差がある。それは学問をしたか、しなかったかの差だ」と続き、学ぶことの意義を訴える。そしてさらに、前半の「国家論」から、・・・
  • 職業人としての成長のヒント
  • いつか大きな仕事をするために必要な準備
  • 組織で人望を集めるために大切なこと
  • 腐らず毎日を楽しく生きるための心得
というふうに、後半の「生き方論」へとつながっていく。鍵になる言葉は、《独立》だろう。「国家として独立を維持するには、個人の独立が必要である」という作りなんだろう。私は、あんまり、“生き方論”とした呼んだっていう記憶がないんだよなぁ。

この本は、後半の「生き方論」が重視されている。若い人向けの“とっつきやすさ”最優先ということならやむを得ない。でも、欧米列強の包囲された中で“独立”を維持していくという、当時の“日本人の気概”は残念ながら希薄になっている。次は、そこを狙った本を出してほしいな。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい