めんどくせぇことばかり 変形性股関節症の置換手術のことを振り返ります

変形性股関節症の置換手術のことを振り返ります

変形性股関節症で苦しんでいる人がいれば、おそらく私の体験は、参考にしていただける。

私は、56歳の男。先天性の左股関節脱臼で、1歳半あたりから、けっこう長い間、胸辺りまであるギブスで固められていたそうでだ。親は、飯能にある病院に秩父から通ってくれた。当時はまだ、西武秩父線が開通していないので、寄居まわり。自分が考えても、ゾッとする。親には感謝している。・・・生きている時は、心配しかさせてないけど・・・。

おかげで、よくなった。だけど、母親は、何かというと、私に運動をしないように言った。おそらく医者から釘をさされたのだろう。「よくなったのであって、治ったわけじゃない」というようなことも言ってた。だけど、野球もやったし、サッカーもやったし、長距離走は速い方でした。高校からは山に登るようになった。

“痛み”としてそれを意識するようになったのは、20代になってから。でも、考えてみれば、「あの時、もう一歩、足が出なかった」、「あの時、右膝を痛めたのは、左をかばったせいだ」と、思い当たることは少なくなかった。

痛みが出ると、ひどい時は、・・・もう、思い出したくない。でも、その頃は、“いつも”じゃなかったからね。「もう、山もやめる」ってことになったのは30歳を過ぎてからだし。もちろん医者にかかった。変形性股関節症で、手術の時期じゃないようなことを言われただけだった。当時は、置換の部品の耐久年数も短かったので、少しでも手術を遅らせる方がいいって考えられてたみたい。・・・こっちはけっこう痛いのにね。

「これは、いよいよ」って思って医者に行っても、「まだまだ❢」って、何かの修行みたいなことを言われた。そんなことが2度ほどあって、自分が「いよいよ」と思ってただけに、気持ちの上でもけっこうまいった。

医者をかえた。それには小学校以来の友人が関係してくるんだけど、それはあまり関係ないのでカット。新しい先生に診てもらうと、「痛いでしょ。よくここまで我慢できましたね」って言われて、高まる思いを抑えるために奥歯を噛み締めた。どうやら、そこまでの1年ほどで、急に症状が進んだらしい。すぐに手術を勧められたけど、間の悪いことに仕事が佳境に入っていた。見てもらったのが昨年2月。手術は1年先に伸ばした。座薬を出してもらった。

6月、経過を見るために診察を受ける。さらに症状が進んでいた。「一生車椅子になる」と言われて、ショックを受ける。この頃は、1日に2回、座薬を使っていた。

夏にかけて、悪くなっているのが、自覚できた。仕事を調整して手術をうけることにした。組織で仕事をしている以上、“自分”なんていくらでも調整可能な存在だった。9月、医者に手術を依頼した。

手術は10月27日。入院は2日前の25日。それ以前に、輸血のための自己血採血のために2度通院。手術は1時に始まって、3時間ほど。その日は集中治療室へ。夜9時、水を飲ませてもらう。28日朝、朝食を食べ、一般の病室に戻る。ここからは、日に日に回復していくことが実感できた。途中、薬の影響で肝機能が低下するというトラブルが有ったが、手術から数えて1週間で退院が待ち遠しくなり、状況によっては10日で退院することも可能だったと思う。

結局、退院は11月14日。3週間の入院でした。職場に、10年前に手術を受けた55歳の女性がいます。その人は、入院1か月、リハビリのための通院3か月。仕事復帰1年だったそうです。私は3週間で退院し、その次の通院は1か月後。仕事復帰は、きつかたけど、11月21日。28日間の病休だった。
復帰後の仕事はきつかったけど、1か月で復帰できる。チタン製の部品は、30年もつ。私は90歳まで歩ける。変形性股関節症の置換手術っていうのは、そういう手術だということを知ってもらいたい。今日は、そう思ってこれを書きました。

いま、股関節の痛みは、一切ありません。

手術前の1年は、けっこう大変でした。手術前の半年間は、本当に大変でした。直前の3か月は記憶に無いほどです。身体が完全に傾いてしまってたので、おそらく職場の人も気を使ったことだろう。痛みを堪えるために、私の骨盤はひどく歪んでしまいました。傾いた骨盤から伸びる背骨は、首に向けてS字型に曲がってしまいました。

先生は、「(私の)年齢なら、まだ修正される。ただし、手術から半年たっても変化がないようなら、そのまま曲がったままになる可能性も高い」と言っている。懸命に山を歩いているのも、それを意識しているんだけど、どんなもんだか。今度、6日に検査にいくので、またそのうち、報告する。

いま、もし変形性股関節症の痛みで苦しんでいる人がいたら、手術を受ければ、痛みは消える。真っ直ぐ立って歩けるようになる。連れ合いが、「真っすぐ立ってるね」って、嬉しそうに言ってくれるのが、私は何より嬉しい。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

いつか

こんばんは。いつも樂しく拜見してをります。讀んでゐて、居た堪れなく、つい、變な事を書いてしまひます。ほんたうにすみません。

なんと言へば良いのでせうか。僕のボキャブラリでは表現する言葉が見当らないのです。応援と言ふのは上から目線な感じでせうか、でも、なんと言ふのかな、なんと言へば良いのでせうかね、うん、なんと言へば良いのでせうか。
今の想ひとしては、いつかユガテとか北向地藏とか、いや顔振峠、丸山などどこかで、すれ違ひ「こんにちは」と挨拶を交はせたらなと思ひます。互ひの事を判らなくても良いです、と言ふか解ることが重要ではなく、挨拶出来ることが重要。
或いはゆーパークおごせで一緒に温泉に浸かり、「こんにちは」と挨拶を交はせたらな。ちなみに、ストーカーみたいな発言ですが、そのやうな意図はありません、すみません。
同じ感覺を持つ者といふか、なんと表現すれば良いのでせうかね、僕は僕でなんか実力以上の夢をみて日々ちよつとづゝ走つてゐます、ゴールは違へと同じ夢を見ると言ひますか。
互ひのゴールを目指して、頑張りませう。

橘右近大夫 さま

お声掛けいただけること、いつも感謝しています。

心のどこかに、“取り戻したい”という気持ちがあるんですね。手術前の想定では、今頃私は、休みのたびに山の中を朝から夜まで飛び回っていたはずなんです。そんなこと、できるわけがないんです。四捨五入で還暦なんですから。30歳の頃でさえ、毎週山に入っていたわけじゃないんですから。今は、“取り戻したい”という気持ちを振り払うことに心がけ、週末に、ほんの1・2時間の山歩きを楽しめる、心から楽しめるようになりたい。そうならなきゃいけないと考えてます。

手術から4ヶ月が過ぎました。今でも、朝、玄関を出る時、無意識に杖に手をのばすことがあります。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本
当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい