めんどくせぇことばかり ウクライナ動乱(覚書)『恐怖の地政学』 T・マーシャル

ウクライナ動乱(覚書)『恐怖の地政学』 T・マーシャル

Europe_topography_map_en.png ロシアの地政学的宿命とは、北ヨーロッパの平野と地続きにつながっているということだ。この本には以下のようにある。「北ヨーロッパの平野はフランス西部および北部、ベルギー、オランダ、ドイツ北部、そしてポーランドのほぼ全域を包み込んでいる。そしてフランスからウラル山脈にかけて扇状に広がっていくが、北はバルト海から南はカルパティア山脈へ続くこのくさびの端部分はわずか500キロ弱しかない。」
くさびの端を抑えれば敵の侵攻を阻止することができる。しかし、そこからロシアに向かって地形は扇状に広がり警戒のしようがなくなる。かつてここを通ってロシアに侵入したのがナポレオンのフランスと、ヒトラーのドイツ。「ロシアがこの方向から攻め込まれて負けたことはない」と著者は書く。たしかに、フランスもドイツも、ロシアの奥に引き込まれて兵站が追いつかなくなって負けた。しかし、そのたびにロシアはひどく傷ついた。

1989年にベルリンの壁が崩壊し、1991年にはソ連が崩壊した。かつてはNATOの均衡したワルシャワ条約機構はチリと消えて、NATOだけが残された。かつてのワルシャワ条約機構加盟国も、いまではロシア以外はNATOやEUの一員となっている。それだけで、ロシアにとっては悪夢と言っていい。

バルト三国は向こうに行ってしまって、NATOの戦闘機が領空警備をしている。だけど、ウクライナがあれば、まだロシアは安心できる。ロシアよりの政権がウクライナの実権を握っている限り、ロシアの緩衝地帯は存続し、ロシアは安心していられる。

ウクライナがEUにもNATOにも加盟しないと約束し、クリミア半島のセバストポリの不凍港をロシアに貸し続ければ、ロシアも事を荒立てることはなかった。

『恐怖の地政学』    T・マーシャル

さくら舎 ¥ 1,944

地図と地形でわかる戦争・紛争の構図 物理的環境に突き動かされる世界 
第一章 中国 自然の巨大要塞と十四億の巨大不安
第二章 ロシア 果てしない大地と凍り続ける港
第三章 日本と朝鮮半島 侵略されたことのない国と虚勢を張る弱虫
第四章 アメリカ 地形によって運命づけられた史上最強の国
第五章 西ヨーロッパ 位置と地形に恵まれた楽園を脅かすほころび
第六章 アフリカ 天然資源と人為的国境線に苦しめられてきた人類の生誕地
第七章 中東 引かれたばかりの脆い国境線と血にまみれた道のり
第八章 インドとパキスタン 三千キロに及ぶ国境線と永遠に続く敵意
第九章 ラテンアメリカ 北アメリカと対照的な地形の不運
第十章 北極圏 新たな戦場となるか、強欲に打ち勝てるのか


ちょうど、ソチオリンピックの真っ最中だったですよね。ビックリしたのなんの。オリンピックを自国で開催することの意義って、とてつもなく大きいですよね。当時、プーチンはソ連崩壊で失われたロシア人の誇りを取り戻そうというのが大きかったんじゃないでしょうか。

それがとんでもないことになっちゃいました。親西欧派と親ロシア派の間で続いていた綱引きが、なんとこのソチオリンピックの真っ最中に大きく動いた。ビクトル・ヤヌコーヴィチ大統領は西側にいい顔を見せつつ、モスクワにも忠誠を誓っていたという。ヤヌコーヴィチは国民を振り回しすぎたかなぁ。

オリンピック真っ最中の2014年2月18日に、2万を数える反体制デモと治安部隊が衝突。反体制勢力は西洋よりね。EUへの加盟を目指したわけで、EU加盟はNATO加盟への切符を手にしたようなもんだから、こりゃ、プーチンにしてみれば、我慢できる範囲を遥かに超えているわけだ。なにしろそんなことになれば、ロシアにとっての唯一の不凍港、ウクライナはクリミアのセバストポリ軍港は、NATOに属するなんてことになりかねないわけだから。さらには、ウクライナがNATO軍をロシアに導く回廊になりかねないわけだからね。

ソチオリンピックに合わせて西側が動いたのなら、西側はウクライナとセバストポリを失うことより、オリンピックの成功を、プーチンが優先するとでも思ったのだろうか。これは、この本の著者も言っている。『国の存亡に関わる脅威に直面した時、大国は武力を行使する』・・・これは外交の基本的ルールであると。

世界の情勢っていうのは、意外と素人みたいな“火遊び”で危機に追いやられてるんだな。クワバラクワバラ・・・




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本


































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい