めんどくせぇことばかり 『新史論4 天智と天武 日本書紀の真相』 関裕二

『新史論4 天智と天武 日本書紀の真相』 関裕二

4巻は、おそらく新史論の革新と言えばいいだろうか。乙巳の変→白村江の戦い→壬申の乱→天武政権と続いていく。でも、それで終わりじゃない。司馬遷の史記は、武帝の支配の正当性をうたい、だからこその繁栄を寿ぐのが目的。だから、武帝の支配を記述して終わる。

日本書紀は天武の意志により編纂が始められるが、記述は天武の時代で終わらない。さらに続く。この行き着く先に、日本書紀が書かれた本来の目的が存在することになる。つまり、この段階でわかっていることは、日本書紀は、天武政権の正当性を主張するために書かれたものではないということだ。

では、日本書紀の最後に語られているのは何か。持統が、その在位の最後に、天皇の位を皇太子に禅譲する。そして、日本書紀は終わる。皇太子というのは、軽皇子。持統から禅譲されて皇位につき、文武天皇となる。

日本書紀は、文武天皇が皇位につくことの正当性を明らかにするために書かれた。

日本書紀の編集を宣言したのは、天武天皇である。天武天皇には、日本書紀を編纂して、自分の支配の正当性を訴える必要があった。なにしろ天智天皇の後継者である大友皇子、おそらく即位していたであろうから弘文天皇と言った方がいいか。そういうことなんだよね。即位していたであろうから、その天皇を滅ぼして、大海人皇子は皇位を手にするわけだ。

だからこそ、自分の正当性を訴える必要があった。自分が皇位につくのが本来の姿であることを主張するためだ。弘文天皇の父、天智天皇こそが、本来、自分が就くべき皇位を簒奪した張本人であることを明らかにするために。天智天皇、中大兄皇子こそが、反改革勢力を利用して蘇我入鹿を暗殺し、蘇我本宗家を葬り去って、蘇我本宗家の力を背景に時期天皇位を約束された漢皇子から、その位を簒奪した。そのことを歴史に残すために。そして、その漢皇子こそ、中大兄皇子の“兄”、大海人皇子ということであれば彼は訴えないではいられない。



小学館新書  ¥ 799

正史『日本書紀』が古代史から消し去ったこと、そしてその理由を暴く
第一章  乙巳の変と朝鮮出兵
第二章  天智天皇と天武天皇
第三章  壬申の乱の謎
第四章  天武天皇と持統天皇
第五章  伊勢神宮と藤原不比等

それでは、文武天皇の即位の正当性には、何がしかの問題があったのか。もちろん、ある。文武に天皇位を禅譲した持統は、蘇我入鹿を暗殺して漢皇子から天皇位を簒奪した中大兄皇子の娘だからだ。その地位を支えている藤原不比等は、中大兄皇子を欲で引き回して操った中臣鎌足の息子だからだ。

持統天皇は、夫である天武の意思を継承しているかのように考えられている。そう考える人々は、この政権を「天武・持統朝」と呼ぶとこの本の中に書かれているが、たしかにそうだよね。ごく自然の流れで古代史に触れていくと、そのように受け止めてしまうように流れが作られている。でも、違う。

《持統・不比等》政権というのは、白村江の戦いと壬申の乱の敗戦で、完全に政治の世界から消滅したはずの《天智・鎌足》政権の再来だからだ。かつて私利私欲のために、日本を滅亡の淵に立たせた《天智・鎌足》政権が、天武天皇系の顔を持たままで復活したのだ。

彼らは私利私欲のために、天武亡き後、天皇となる立場にあっただろう大津皇子を抹殺した。持統時代に、最大の実力者となっていた高市皇子も、おそらく彼らが死に至らしめた。

その事実を、歴史のひだの中に、完全に封じ込まなければならない。隠すだけではない。女帝の地位について、孫に支配を受け継がせるのは、天照大神が地上界の支配を孫のニニギノミコトに任せた姿そのものだ。神々の姿に自分を似せたのではない。自分が孫に政権を受け継がせる姿を、神話にしたのだ。神の行いこそが、自分たちの行為の焼き直しなのだ。

天照は伊勢神宮に祀られているわけだが、あれは、持統・文武の継承を焼き直した神話の神を、無理やり当てはめたものだ。伊勢神宮に祀られた本当の神は、実は男だ。

・・・このあたりの話、ワクワクする。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本


































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい