めんどくせぇことばかり 『こうじ甘酒レシピ』 伏木暢顕

『こうじ甘酒レシピ』 伏木暢顕

甘酒ブームですね。こうじで作る甘酒ね。実を言うと、もう、ここ何年かになるんだけど、甘酒を切らしたことがありません。下に紹介してあるんだけど、“みやここうじ”を使って作ります。ほんとうに簡単です。

残りご飯1合、・・・書いてある通りにいうとね。それをゆるめのお粥にして、適度に覚まして、“みやここうじ”をよくほぐして混ぜ込むの。それをお釜に入れて保存。ふたは閉めないで、布巾をかぶせておく。気がついた時に混ぜる程度。3時間もすれば出来上がり。ごはんを多めにしたり、おかゆをゆるく炊きすぎてもまったく問題なし。タッパに入れて、冷蔵庫で保存。2週間まではOKです。

適度に薄めれば、そのまま甘酒。連れ合いは、小皿にとって、毎日度のまま食べてる。おいおい、せめて“飲む”というにふさわしいくらいに薄めろよ。言ってもダメ。イヤミのない甘さがいいんだって。家では砂糖代わりに使うことも多い。

塩を入れて大根にまぶしておけばベったら漬風だし、大根に限らず、野菜を漬ければ、適度に甘い、おいしい味に仕上がる。

それが困ったことに、この甘酒ブームで、スーパーの棚から“みやここうじ”が消えました。・・・まったくなんてことだ。



小学館  ¥ 1,080

生理不順、貧血、肌トラブルに効果・・・私は関心ないけど
TYPE1  しょうが甘酒だれ
TYPE2  ごま甘酒だれ
TYPE3  たまねぎ甘酒だれ
TYPE4  にんにく甘酒だれ
TYPE5  ねぎぽん酢甘酒だれ
TYPE6  たらこ甘酒だれ
TYPE7  番外編

そんな、こうじの甘酒の、新しい使い道が紹介されているので、もうワクワクです。だけど、結局は、各種の甘酒だれを作って、漬けたり、まぶしたり、かけたりするんだな。

例えば、“しょうが甘酒だれ”は、しょうがみそに甘酒を入れたもの。連れ合いがこの間、みそと甘酒を混ぜて、鶏の胸肉を漬けこんで焼いてくれた。うまかったよ~。カジキマグロのみそ付けみたいな感じ。

玉ねぎ甘酒だれは、玉ねぎとしょうゆと甘酒。もう、やりました。“ガツン”とくる味です。焼きめしの味付けに最高。

体にもいいですよ。でも、熱を通しちゃうと、基本的にこうじ菌てだめなんですよね。お店で甘酒になって売ってるやつは、熱通してるから、残念なんだな。連れ合いのように、そのまま食うとか、お孫様が大好きな牛乳割りなんかがいいのかな。甘酒だれも、自分で作った甘酒で、熱を通さないような使い方ができれば一番いいわけだ。

漬けて焼くレシピも紹介されているけど、どうも、煮た野菜を和えるとか、焼いたものにかけるっていう使い方が多かったのは、そのせいか。玉ねぎ甘酒だれを納豆のたれに使ってるのもあった。・・・最強だろうね。

ニキビにいい。シミが消えた。自然治癒力向上。子供のイライラがなくなった。便秘が改善。花粉症が軽くなった。・・・まったく興味なし❢ 甘酒はうまい❢

あっ、酒粕の甘酒も好き。酒粕で魚を漬けると最高。魚を漬けるなら、私は酒粕の方が好きだな。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

「歴史修正主義」とは、戦前の日独をことさら評価する史観ではない。
米英両国の外交に過ちはなかったのか。
あったとすればそれは何だったのか。
それを真摯に探ろうとする歴史観だ。
英米独露の外交と内政を徹底検証し、二つの世界大戦が、実は「必要」も「理由」もない戦争だったことを明かす。
これから出る本




































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい