めんどくせぇことばかり 『世界のへんな肉』 白石あづさ

『世界のへんな肉』 白石あづさ

二児の母となった娘の生きる領域は、十二分に良識の範囲内であった。そんな娘に対しても、かつて私は、「一体何を考えているのか」と疑いを持った。「ちょっと、インドに行ってくる」とか、「職人になるので弟子入りする」とか・・・。しかし、その程度の行動なら、「私の血を引いているから」という一点だけで説明できる。明らかに、著者とは違う。

全編を通して予測不能の行動に、なかなか自分との接点を見つけられなかった。後半に至って、ようやく、少しだけ、「著者を捕まえられるかもしれない」と感じた部分があった。著者がかつて、北アルプスの山小屋でアルバイトをしていた時、「雷鳥を捕まえて食おう」と仲間たちとはしゃいだという部分だ。

結局、著者はその希望をスウェーデンで果たすことになるのだが、私事ながら、若かりし日に山小屋に入り浸っていたことがあり、そこに著者のようなとらえどころのない女性がいた。けっこうな美人さんだったので、最初はウキウキした気分でその姿を追ったのだが・・・。

発電機が故障して、しばらく風呂も入れない生活にも顔色一つ変えず、食には人一倍の好奇心を持ち、男を男とも思わず、小屋の親父の無理難題もそれなりにこなす。制御装置のネジが三つ四つ緩んでいて、とても私なぞが太刀打ちできる女性ではなかった。なにしろ、ある日、腐った肉を食った私は腹を下し、彼女は平然としていた。

著者もおそらくそうだ。まあ、いい。しょせん器が違う。推し量ろうとせず、受け入れることに専念しよう。

『世界のへんな肉』    白石あづさ

新潮社  ¥ 1,296

“かわいい”と思っていたレストランのメニューに・・・、もしかしたら、すごくおいしいのかも
ユーラシア篇
アフリカ篇
中南米篇
ヨーロッパ篇
アジア篇
日本篇


インド人のおっさんたちとともに牛を食い、イラン人の少女の勧めに従って羊の脳髄をすすり、スーダンのお父さんには、ラクダを結納金代わりに贈られそうになる。いったい何をやっているのか。そのうち、ふと気づく。どこに行っても、そこの食い物を食える奴は強い。第一、間違いなく喜ばれる。この娘は、喜ばれ上手なのだ。

ケニアのサバンナで観光用のジープに乗り込んだ彼女は、サバンナの天使インパラに近づく。しかも、近くの茂みに隠れていたチーターが観光客の前で、インパラを追いかけ始める。「いや~、逃げて~」と、彼女はいきなりインパラに感情移入。

ところが、同じジープの中から、違う意味で興奮した声が湧きおこる。「ひゃっほー、いけー、いけー❢」と、完全にチーターに感情移入するフランス人の一団。その間、わずか10秒、逃げ遅れたインパラのお尻にがぶりとかみつくチーター。「やったー❢」という歓声を上げるフランス人。

やはり、これは肉食民族と草食民族の違いなのか。著者は、ここで、もう一つの面白い体験談を披露している。イタリアで、人を襲うゾンビの映画を見ていたら、まわりの観客は、人間じゃなく、ゾンビに感情移入しているというのだ。

「そりゃあ、言い過ぎやで。そんなわけあるかい。お前、腕上げたやないかい」という、大木こだまのセリフが聞こえてきそうな話。

ちなみに、この後、彼女はおいしくインパラのお肉をいただいたというおちがつく。

いや、おもしろい。この本おもしろい。おもしろい上に、ちゃんと、“食”を通して、世界の様子を紹介している。いろいろな肉を食って生きている人間が、いろいろな生活をしてるってことを紹介している。

私のような、つまらない常識人は、「文化人類学的な価値がある」などと、取ってつけたような褒め言葉で、この本を理解したような事を言うのだ。でも違う。著者は、この小娘は、本当に、いろいろな世界の、動物の肉が食いたいだけなのだ。そのための小遣い稼ぎ。おそらく、それがこの本なのだ。

どうだ、買ったぞ。おもしろかったぞ。もっと、おもしろい話を聞かせてくれ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本


































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい