めんどくせぇことばかり 『男子ガッツリ元気弁当』 牧野直子

『男子ガッツリ元気弁当』 牧野直子

これを書いた牧野直子さんは、管理栄養士で料理研究家。写真を見たら、《きょうの料理》でも見たことのある人だ。その牧野さんが、実際に、自分のお子さんのために工夫してきたレシピの数々。

私は、今、弁当を作る状況にはないので、この本を、その本来の趣旨に沿って購入したわけではない。ただ、弁当のご飯っていうのは、いろいろな工夫が詰まってるから、それこそいろいろなところで参考になる。

最近の私は、自分で考えても、変わった。手術を受けて、痛みがなくなって、歩けるようになった。現象的には、それだけのことなのだ。だけど、ずいぶんと長い間、私の心は萎縮していたようで、今は、いろいろなことがやりたくて仕方がない。

これまで、昼飯は、連れ合いにおむすびを作ってもらっていた。今も、基本的に変わりないんだけど、職場に鍋や食器を揃えて、学校で色々と作るき満タン。・・・そんなこと言っても、まだまだインスタントラーメンとかけるだけのカレー止まりなんだけど。でも、この本の冒頭で紹介されている《黒酢酢豚弁当》に触発されて、“酢豚もどき”を作って食べた。

弁当のレシピだから、前の晩に仕込んでおいて、朝は時間を書けずにつくる工夫をしてあるでしょ。前の晩に仕込むって言ったって、野菜を切って、肉に塩コショウして片栗粉をまぶし、タレの準備をするだけ。それを、朝、家でやって、それぞれを小さなタッパに入れて職場に持っていき、・・・簡単じゃん。


大和書房  ¥ 1,404

腹ペコ男子がよろこぶ、まんぷく弁当の秘訣とレシピ・・・たしかにうまそう
1 これぞ男子ガッツリ弁当
2 野菜たっぷりの作りおき惣菜
3 万能だれで味のバリエーション
4 目先を変えたボリューム主菜&主菜弁当


《弁当の黄金比》というのがあるそうで、《主食:主菜:副菜=2:1:1》なんだそうです。そう思って、最初から見直してみると、たしかに。ごはん室とおかず室は1対1。スゲー❢

だってさ、私は中学校・高校の6年間、母の作った弁当を食っていたけど、とにかく腹が減ってたんで、アルマイトの弁当箱に、メシを目一杯詰めてもらった。その上におかず乗っけて、ふたを載せて、上からぎゅうぎゅう押してね。新聞紙で包んでね。

この間、橋本治さんの『たとえ世界た終わってもその先を生きる君たちへ』って本を読んだけど、貧乏だった日本が、少しずつ豊かになってくる時代だった。小学校の頃は、脱脂粉乳を飲んでたからな。

だから、《主食:主菜:副菜=2:1:1》は、スゲーよ。

そんなことはともかく、主菜はやっぱりガッツリ系ね。だけど、「肉を食わせておけばいい」っていうのじゃなくて、《ブリの竜田揚げ弁当》、《イワシの蒲焼弁当》、《鰆の味噌ヨーグルト焼き弁当》なんかも揃ってて、準備だけしておけば、なんにも心配ない。副菜の野菜は作り置きでつめるだけ。これも参考になる。変わり種は《やきそば弁当》、・・・自由だな。

私なんか何の事はない。マルシンハンバーグを焼いて、ぎゅうぎゅう詰めのメシの上に乗せてもらえば、それだけで大満足だったんだから。・・・やっぱり、“その先を生きる”若いもんには、《主食:主菜:副菜=2:1:1》の黄金比が必要だな。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本
当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい