めんどくせぇことばかり 『偶然短歌』 いなにわ・せきしろ

『偶然短歌』 いなにわ・せきしろ

本屋でなにげなくペラペラめくってて、吹き出しちゃった。周囲には人もいたのに・・・。だって、これ、・・・面白いよ!

《偶然短歌》というのは、“いなにわ”さんが作り出した短歌のジャンルです。もちろん、勝手に。もとはと言えば、一見、何の変哲もない普通の文章の中に、偶然57577のリズムが含まれているのを発見したところから始まったようです。

“はじめに”に紹介されているのは、ウィキペディアの中の、[盆踊り]を解説した、こんな文章。
踊念仏は、鎌倉時代に一遍上人が全国に広めたが、一遍や同行の尼僧らは念仏で救済される喜びに衣服もはだけ激しく踊り狂い、法悦境へと庶民を巻き込んで大ブームを引き起こした。
この中に、57577を見つけた“いなにわ”さんは、そこに短歌に匹敵する詩的な趣を感じ取ったんだそうです。・・・わかりました? ども部分が詩的な57577か。

「念仏で 救済される 喜びに 衣服もはだけ 激しく踊り」・・・ですね。

なんと・・・、プログラマーである著者は、文章中から「偶然短歌」を見つけ出すプログラムを作り、ウィキペディアのすべての文章から「偶然短歌」を探させたんだそうです。・・・なんと卑怯な。これまで、何気ない文章の中に隠れ、人目にさらされることのなかった「偶然短歌」さんは、突然、舞台に引っ張り出され、スポットライトを当てられて、「わたし、そんなつもりじゃ」と拒むのも無視して、意図もしない意味を与えられてしまったのでした。


『偶然短歌』 いなにわ・せきしろ

飛鳥新社  ¥ 1,200

“偶然”は 異常なまでに 面白い 言葉に神が 宿っています
学問編
生活編
名前編
エンタメ編

どうにも、心地よいですよね、57577の語感は・・・。やはり、日本人ならではのリズム感なのでしょうね。おそらく、まったく「偶然短歌」を意識しないで文章を読んでる段階から、私たちはこの文章に、心地よい語感を感じていたでしょうね。

もしやと思って、自分がブログに残した駄文を検証してみた。そうしたらね。ありました。見たのは、ちょっと前に紹介した『世界のへんな肉』って本を紹介したときの文章。

“私事ながら 若かりし日に 山小屋に 入り浸って いたことがあり”
“サバンナの 天使インパラ に近づく しかも近くの 茂みに隠れ”

惜しいのはもっともっとあったけど、それらを無理やり57577に当てはめちゃうのはずるい話。字足らずは勘弁してもらって、二つだけ残った。なんか、歌を詠もうとして無理やりにひねり出したものよりも、遥かに出来がいいのはなぜだろう。

この本に掲載されている「偶然短歌」を選んだのは、作家の“せきしろ”さんだそうです。“いなにわ”さんが「偶然短歌」さんをお座敷に呼び出して、“せきしろ”さん裸にひんむいて、ご堪能という感じでしょうか。

“いなにわ”さんが越後屋で、“せきしろ”さんがご家老様ということですね。・・・えっ、そんなとらえ方しかできないのかって? ごめんなさい、根が下衆にできてるもんですから。

最後に、本書に掲載されている「偶然短歌」の中で、一番感銘を受けたものを紹介して、終わりにします。

“アルメニア アゼルバイジャン ウクライナ 中央アジア およびシベリア”




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本










































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい