めんどくせぇことばかり 五大尊のつつじは来週か?

五大尊のつつじは来週か?

15日土曜日、一人で山歩きをしてきた。それはいずれ紹介するけど、5月に若い人たちをハイキングに案内することになって、その下見だった。ゴールは日高市の巾着田で、桜と菜の花が見事だった。そんなはなしを連れ合いにしたら、歩きに行きたいような口ぶりなので、16日日曜日に、一緒に歩くことになった。ずっと前、子どもたちと一緒に行って、とても感動した、越生五大尊のつつじを見に行くことにした。つつじにはちょっと早いかなと思ったんだけど、ラジオで越生のつつじがほころび始めたというのを聞いたもので・・・。
五大尊この土日、事前には、ちょっと天気悪そうな話だったけど、両日ともにいい天気になりました。この日は、正直、暑かった。

昨日、この時期の毛呂山の山里の美しさに言葉を失った。この時期の素晴らしさを知らないわけじゃないんだけど、今年は、自分の足で歩き回ってそれを実感できるのでなおさら。
あるとわかっている宝でも、しまっておいたっきりじゃあ、ないのと一緒だもんね。この国の春は本当に美しい。二十年以上忘れていた。

痛いひざをだましだましの連れ合いと二人で、ゆっくり二時間くらいかけて歩いてきました。写真は上手じゃありませんけど、ほんの参考までに。
P4160002.jpgP4160003.jpgP4160004.jpg
高取山の頂上の神社これはご神木西高取山からの絶景
駅の近所にある商工会の駐車場に車を置かせてもらって準備をしていると、駅方面から来た十数名のご高齢の方のグループが、私たちの前を通過していった。私もご高齢だが、プラス十歳って感じかな。まあ、今日は膝痛を抱える連れ合いと二人だからゆっくり歩くことになるので、先に行ってもらえば、それっきり、接触はないだろう。良かった、良かった。

さて、越生神社を過ぎたところから山道に入るんだけど、実はそこで道の選択肢が二つある。大半は吸い込まれるように、大きな道を直進するのだが、左手に尾根沿いに進む道がある。どちらから行っても、同じくらいで西高取山につくのだが、直進の道は高取山を巻いてしまう。実は左手の尾根道が正解。先に行った大グループは、おしゃべりを楽しみながら歩いていて、こちらまで聞こえてくる。ぜひ直進してもらいたいと念じたら、直進してくれた。

高取山はかつて、高取城というのがあったそうで、山頂にはお社と、見事なご神木がありました。珍しい名前の木だったんだけど、・・・忘れちゃいました。

高取山から西高取山に向かうと、まもなく巻道と合流。高取山から西高取山の領域に移って、しばらく行った斜面で、先に行った大グループが休憩している。もう、山頂まで10分ほどのはず。“どうしてこんなところで休むんだ”と、挨拶を交わし、ニコニコしながら脇を通過。通過するやいなや、リーダーっぽい人が「われわれも行きましょう」と、間を空けずに続いてくる。

“・・・いやだなぁ”と思っていると、すぐ後ろをついてくる人たちが、亡くなった友人の話をしている。このあたりで、直接頂上に続く急勾配の道があるのを知ってたので、道を譲って、そっちに行くことにした。

道を開けても、十数人が、けっこう間をあけながら登ってくる。“そんなバラバラになるんなら、一緒に来ないほうがいいのに”。・・・どうも今日は、心の声がうるさい。

P4160005.jpgP4160006.jpgP4160007.jpg
山頂で休憩春霞ながら、絶景桜が散ってました
世界無名戦士之墓を経由して、五大尊のつつじを見に行きました。正直、つつじには少し早すぎたようです。ラジオは「ほころび始めた」と言ってました。たしかに、“咲き始め”でした。でも、“散る桜”と“つつじの咲き始め”を同時に楽しめるのは、今日だけだったろうと思います。
P4160009.jpgP4160010.jpg
次の週末、桜は散りきっているでしょうが、つつじは盛りを迎えるだろうと思います。

そうそう、その後、あの人たちには合わずにすみました。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

越生と言へばもうすぐ太田道灌の季節ですね。

七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき

關東で唯一の山吹の名所、「山吹の里歴史公園」。山とは違ふ方にありますが、綺麗で僕のお氣に入りの場所です。

この時季は、毛呂山、越生、ときがわ町、華やかですよね。五大尊の躑躅。また見たいです。

橘右近大夫 さま

手の届かないものと思って、目を閉じていたんですね。春がこんなに美しいことを、久しぶりに感じることができました。

山吹が終わると、もう夏だな。梅雨の晴れ間も、機敏に動こう。

・・・その前に、もう少し、春の名残を・・・

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい