めんどくせぇことばかり 米メディア(覚書)『アメリカと中国が世界をぶっ壊す』高山正之 福島香織

米メディア(覚書)『アメリカと中国が世界をぶっ壊す』高山正之 福島香織

第7代、アンドリュー・ジャクソン大統領の時代のことが書かれている。ジャクソニアン・デモクラシーで知られる大統領だな。土地所有者に限られていた選挙権を、白人男性全体に広げて大衆政治を実現する一方で、マニフェスト・デスティニーと言い飾って、インディアンを砂漠に追い立てた嫌なやつだ。

その在任期間に当たる1830年代に、アメリカに渡ってきたフランス人に、アレクシ・ド・トクヴィルという政治思想家がいるんだそうだ。彼は、アメリカの共和制民主政治を高く評価した。大統領選でも、選挙中にどんなに対立しても、一度大統領が決すれば、後腐れなく民意がまとまっていく様子に感心していたという。

そんなトクヴィルが、アメリカの政治体制に唯一危惧を抱いたのが、メディアによる多数派工作だった。

まさに、ジャクソンは、それをやった。スポイルズ・システムで新聞を抱き込み、多数意見を誘導して《多数による専制》を実現した。

“世論は強い”ことが証明された。“世論を誘導できるメディア”が最強の権力であることを、メディア自体が自覚した。依頼、メディアは、常にアメリカ大統領とともにあった。

米西戦争では、過酷な植民地支配の下で喘いでいるキューバ人をスペインの圧政から救おうと、新聞がキャンペーンを組んだ。日本に対しては、メディアは嫌悪をむき出しにして、内外で反日をあおった。“日本を戦争に引きずり込んだのも、ホワイトハウスと米世論を握る新聞の合作だった”という高山さんの発言は、正味のものとして受け取っていい。




徳間書店  ¥ 1,404

掟破りのルールなき世界で、いい子ぶりっ子はやめ、日本は米中の腹黒さを見習ったほうがいい
第1章  アメリカの世紀をトランプが終わらせる
第2章  腹黒さはアメリカと中国に学べ
第3章  トランプ大統領が習近平の野望を打ち砕く
第4章  習近平の外交音痴が米国を怒らせた
第5章  習近平が中国をぶっ壊す
第6章  中国バブルの崩壊は日本の大チャンス
第7章  メディアの大崩壊が始まった
第8章  世界はこれから日本を中心にして動く

メディアは、第4の権力と言われるが、それを世界で最初に出現させたのは、やはりアメリカだった。そして、戦後もそれは続いた。ただし、高山さんによれば、そのパートナーはウォール街であったり、グローヴァリストであったりと変わることはあったが、基本的に権力に密着して世論を操作するしくみは変わらなかったという。

しかし、現実の事態は変わっていった。流入した有色人種の投票が、選挙の行方を左右するようになり、彼らが能力以上に優遇され、社会保障が充実し、反対に、この国の発展を支えてきたと自負する白人の多くが、アメリカの将来に何の夢も持てなくなった。

そんななかで行われた今回の大統領選挙だった。世論はメディアに背を向けた。アメリカ人は、ドナルド・トランプを選択した。期間中はひどく罵り合っても、結果が出れば、後腐れなくまとまっていった“民意”が、大統領に低い支持率を叩きつける。メディアは、反トランプの風潮をしきりに伝える。しかし、投票直線に至るまで、メディアは同じことを繰り返していた。

もはや、メディアは、米世論を操作できないし、代表もできない。岸信介首相が《声なき声》と呼んだものを聞き取ったのは、トランプ大統領の方だ。この事態にいたり、高山さんは、米メディアの現状を、きわめて的確な言葉で言い当てている。《「ニューヨーク・タイムズ」は、「人民日報」のような機関紙である》と。1%の上澄みの人々のみが読む新聞であり、彼らの機関紙であると・・・。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

「歴史修正主義」とは、戦前の日独をことさら評価する史観ではない。
米英両国の外交に過ちはなかったのか。
あったとすればそれは何だったのか。
それを真摯に探ろうとする歴史観だ。
英米独露の外交と内政を徹底検証し、二つの世界大戦が、実は「必要」も「理由」もない戦争だったことを明かす。
これから出る本




































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい