めんどくせぇことばかり イギリス(覚書)『アメリカと中国が世界をぶっ壊す』高山正之 福島香織

イギリス(覚書)『アメリカと中国が世界をぶっ壊す』高山正之 福島香織

ブレグジットがきっかけで、デーヴィッド・キャメロンが退いてテリーザ・メイがイギリスを率いることになったのは、イギリスにとっては幸運だった。

チャイナっていうのは人口の多いところで、世界の工場たるイギリスの商品を売りさばくのにうってつけの場所だった。インドに続いてチャイナを手に入れれば、イギリスの安泰は、この先も100年は続く。東アジア諸国は、それぞれ独自の外交制限を設けていたが、イギリスにすれば何の事はない。いまさらアジア人をヨーロッパ人同様に扱うつもりなど、さらさらない。卑劣な方法であろうが、なんだ。誰が大英帝国に意見できるんだ。まして、相手はアジア人だ。

そのイギリスが、キャメロン政権でチャイナに接近した。かつてのように、アヘンを売りつけようって算段じゃない。チャイナが設立を提唱したアジアインフラ開発銀行に、G7から参加を表明したのは、2015年3月のイギリスが最初だった。イギリスの参加表明は、そののちのフランス・ドイツ・イタリアの参加を引き出す結果となった。

その年の10月には習近平が、イギリスを訪問し、7兆4千億円の投資計画を持ちかけた。
産経ニュース 2015/10/26
【習近平訪英】「血税何百億ポンドでバッキンガムの食券買った」 中国ネット「ばらまき外交」と冷淡
http://www.sankei.com/world/news/151024/wor1510240059-n1.html
(抜粋)
【北京=矢板明夫】中国の習近平国家主席は24日、4泊5日の英国訪問を終えて帰国した。同日付の中国各紙は「中英の蜜月関係を築いた旅」「中英の黄金時代はこれから始まる」などと習主席の外遊の成果を高く評価する記事を大きく掲載した。しかし、北京の外交関係者の間では「多額な投資を約束するなど英国に多くの実利を与えたが、中国には見返りが少ない」といった冷ややかな声が出ているほか、インターネット上では「ばらまき外交しかできないのか」といった批判も上がっている。

(続きを読む)に全文



徳間書店  ¥ 1,404

掟破りのルールなき世界で、いい子ぶりっ子はやめ、日本は米中の腹黒さを見習ったほうがいい
第1章  アメリカの世紀をトランプが終わらせる
第2章  腹黒さはアメリカと中国に学べ
第3章  トランプ大統領が習近平の野望を打ち砕く
第4章  習近平の外交音痴が米国を怒らせた
第5章  習近平が中国をぶっ壊す
第6章  中国バブルの崩壊は日本の大チャンス
第7章  メディアの大崩壊が始まった
第8章  世界はこれから日本を中心にして動く

そんなにもチャイナに擦り寄っていたキャメロンが退場して、テリーザ・メイに代わるとともに、軌道修正を始めている。4月には安倍首相が訪英しているが、習近平のときのような金を前提としたいやらしさはない。
時事ドットコム 2017/04/29
日英首脳、自由貿易を推進=メイ氏「北朝鮮に圧力」-EPA交渉、対EU優先
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042900063&g=eco
(抜粋)
【ロンドン時事】安倍晋三首相は28日午後(日本時間同日夜)、英国のメイ首相とロンドンで昼食会を含め約2時間40分会談した。世界的に保護主義が台頭する中で、両首脳は自由貿易を強力に推進していくことで一致した。また、北朝鮮の核・ミサイル問題については「新たな段階の脅威」との認識を共有。メイ首相は「安倍首相や国際的なパートナーと共に北朝鮮に圧力を加え続けていく」と述べた。
(続きを読む)に全文

イギリスは日本にとても好意的になっているという。チャイナに擦り寄っていたキャメロン時代が嘘のように、チャイナを疑問視し始めている。キャメロンが習近平と約束したチャイナ製の原子炉についても再検討が入った経緯があるし、日本との間にも原子力関連の話が進行している。

風向きは、やはり変わったようだ。ブレグジットの選択とともに反日論の横行していた状況にブレーキが掛かり、日本を重視する傾向が強まっている。

EUを離れたイギリスにすれば、日本との親密な関係は重要なはず。同時に、キャメロンと違いチャイナに対して冷静な判断のできるテリーザ・メイ政権であれば、日本の重要性は高い。高山さんは“日英同盟”の名まで出すが、それも面白い。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
産経ニュース 2015/10/26
【習近平訪英】「血税何百億ポンドでバッキンガムの食券買った」 中国ネット「ばらまき外交」と冷淡
http://www.sankei.com/world/news/151024/wor1510240059-n1.html
(全文)
【北京=矢板明夫】中国の習近平国家主席は24日、4泊5日の英国訪問を終えて帰国した。同日付の中国各紙は「中英の蜜月関係を築いた旅」「中英の黄金時代はこれから始まる」などと習主席の外遊の成果を高く評価する記事を大きく掲載した。しかし、北京の外交関係者の間では「多額な投資を約束するなど英国に多くの実利を与えたが、中国には見返りが少ない」といった冷ややかな声が出ているほか、インターネット上では「ばらまき外交しかできないのか」といった批判も上がっている。

中国メディアは、習主席が103発の祝砲で迎えられたことや英国議会で演説したこと、それにキャメロン首相と友人のようにパブでビールを飲んだことを“大きな成果”と強調した。

中国はここ数年、南シナ海の領有権問題や歴史認識などをめぐり、東南アジア諸国や日本との対立が先鋭化し、強引な海洋進出姿勢と人権問題などで米国から厳しい批判を受けるなど、外交環境が悪化している。習主席は今回、英国との親密ぶりを演出することで「中国は孤立していない」と国民にアピールする思惑があったと指摘される。

しかし、習主席とキャメロン首相との会談で、原子力発電所や高速鉄道の建設協力など総額400億ポンド(約7兆4千億円)におよぶ大型商談について合意したものの、英国で建設する原発に中国側が投資するなどの計画は、英国の経済にはプラスだが、中国経済に直ちに貢献する分野は少ないとみられている。

ネット上には「人道上の理由でアフリカなどの貧困国に投資するのなら理解できるが、先進国の英国を私たちはなぜ助けるのか、納得がいかない」といった批判の声も寄せられている。

20日夜、習主席夫妻はエリザベス女王がバッキンガム宮殿で主催する公式歓迎晩餐(ばんさん)会に招待された。中国メディアは「異例の手厚いもてなし」などと絶賛したのに対し、ネット上では「われわれの血税を何百億ポンド分も使ってバッキンガム食堂の食券を買った」といった習主席をからかう書き込みもあった。

中国国内では最近、景気が低迷しており、各都市で企業の倒産が続き、失業した農民工も急増している。「体面を守るためにばらまく金があるのなら国内の景気浮上に使ってほしい」といった、習政権の外交姿勢を批判する声が中国国内で高まりつつある。


時事ドットコム 2017/04/29
日英首脳、自由貿易を推進=メイ氏「北朝鮮に圧力」-EPA交渉、対EU優先
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042900063&g=eco
(全文)
【ロンドン時事】安倍晋三首相は28日午後(日本時間同日夜)、英国のメイ首相とロンドンで昼食会を含め約2時間40分会談した。世界的に保護主義が台頭する中で、両首脳は自由貿易を強力に推進していくことで一致した。また、北朝鮮の核・ミサイル問題については「新たな段階の脅威」との認識を共有。メイ首相は「安倍首相や国際的なパートナーと共に北朝鮮に圧力を加え続けていく」と述べた。

安倍首相は会談後の共同記者発表で、「日欧が米国と共に自由貿易の旗を高く掲げなければならない。英国と日本は手を携え、リーダーシップを発揮していく」と強調。メイ首相も「貿易障壁を引き下げ、グローバル化により利益を得る経済を築く」と明言した。

両首脳は、英国の欧州連合(EU)離脱後も日英経済関係を維持・強化していく方針を確認。日英2国間の経済連携協定(EPA)の可能性も話題となったが、安倍首相は「まず日EU・EPAの早期の大枠合意に向けて最大限努力する」として、EUとの交渉を優先させる考えを示した。

関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい