めんどくせぇことばかり 『基本がわかる キャンプ レッスンブック』

『基本がわかる キャンプ レッスンブック』

この間、高校生を連れて山に行く機会があり、毛呂山町から日高市の山を歩いてきた。私を含め指導者の大人3人と高校生14人。すごい大所帯で、それだけでも気を使う。大半は、山登りはじめてか、あっても1~2度の経験。それも、教えるのは、山歩き云々よりも、挨拶の仕方から。・・・ああ、疲れた。

嫌だなぁ。だけど、引き受けた以上、しばらく続けなきゃいけない。ちょっと登って、その日のうちに帰るのでも、こんだけ気疲れしたんだから、2泊、3泊なんて気が遠くなる。それに、歩きながらしゃべりっぱなしの子も何人かいて、危なっかしくって見ちゃいられない。自分だけならまだしも、周りも気が散るし、危ないよ。せっかく山に来たのに、聞きたくもない馬鹿話しているのがいたら、本当に嫌になるよね。

まあ、少しずつ山に来る良さを教えて行こうと思うけど、ちょっといきなり銃創は無理だな。夏休みに2~3泊の予定なんだけど、これはキャンプしかないな。どっか涼しいところでキャンプ張って、身軽な状態で動かせれば、まだまだ、少しはマシだろう。というわけで、キャンプの本です。

我流でやると、40年前のキャンプになっちゃうからな。我流で40年前じゃ、キャンプでもちっとも安全じゃない。


JTBパブリッシング  ¥ 1,296

ううっ❢ キャンプか、いい歳になっても、やめられないんだよね、これが・・・。
Chapter01  キャンプを始めよう
Chapter02  居住空間を作ろう
Chapter03  はじめての火おこし
Chapter04  キャンプごはん
Chapter05  困ったときのキャンプテク
Chapter06  マナー&いざに備える


そうだ、この間、“焚き火”の本を読んだんだ。以前はどこに行っても焚き火したけどね。今は、キャンプ場でも、上の写真みたいなのを使って焚き火しなきゃいけないんだな。そう言えば、この間、孫を連れて越生の河原に行ったけど、焚き火の跡がひどかった。バーベキューやったんだろうけど、燃えカスとかばかりでなく、玉ねぎとか焼きそばのかすが落ちてた。管理者のいない河原だけど、それだけにきれいに使わなきゃね。こういう、焚き火用の器具が出てくるのも仕方がないか。

他にも知っておかなくちゃいけないことはないかな。酒のんじゃいけないとかってことはないだろうな。

んんん、この本を読んだところでは、大丈夫そう。テントワークさえ、しっかりしリできれば、とりあえずなんとかなりそう。あとは、時間をどう過ごすかだな。昼間、嫌というほど動かせて、飯食って、テントに入ったら、バタンキューっと寝てしまうようにすればね。

そうなると、あとは場所だな。危険がなくて、山歩きで、疲れさせて、できれば、人のあまりいないところ。そんな都合のいいところは、さすがにないか。

この間、山に連れて行った時は、食料や装備の計画も全部私が立てて、高校生はさして重くもない荷物を背負って、私のあとをついてくるだけ。でも、言えば、言っただけのことはできた。言わないと何にもできないけどね。お泊りとなると、手間は3倍だな。

学校は幾つかに分かれているから、みんなで会えるのはお休みしかないな。その時に、テント張る練習とか、ご飯炊く練習とかやっておく必要がありそう。でも、あのうるさい連中につきあってると、ひとり静かに山に行く機会が減る。それは困るな。

なにやるにしても、人数が多いのが致命傷だな。・・・最後まで、愚痴だけで終わってしまった。

・・・ここまで読んでくれた人がいたら、本当にごめんなさい。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本














































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい