めんどくせぇことばかり 既成概念『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』 加来耕三

既成概念『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』 加来耕三

「どんなものを食べているか、言ってみたまえ。君がどんな人であるかを、言い当ててみせよう」

フランス革命の頃の行政・司法官を務めたブリア・サヴァランという人の言葉だそうです。まさに、“食は人なり”ということですね。

信長の生涯は、あらゆる既成概念を否定し、固定観念から抜け出たことで、“天下布武”を実践、天下統一にあと一歩というところまで迫った。そんな信長は、食に関しても、既成概念や固定観念へのにこだわりを持たなかったという。

それはちょっと、どうだろう。

こと、食べることに関していえば、既成概念や固定観念と言った経験則が、とても大事。食に関する文化は、“安全”であるとか、“健康”であるとか、あるいはまた、“信頼”であるとかが基本にある。その上に、技術や作法が形づくられてきた。信長のイメージの置かれている場所は、たしかに、“行儀作法”といったところからは遠い。だけど、桶狭間に向かうにあたって、“敦盛”を舞い、「立ったまま、湯漬けをかっこんだ」とか、若い時分に、「人目もはばからず、柿や瓜にかぶりついた」とかを取り上げて、行儀作法云々を言うのは、ちょっとおかしい。《時と場合による》というものだ。

“和を以て尊し”とする日本の歴史において、戦国時代は例外的に、“和”をちょっと棚の上に乗っけておいた時代。優先すべきは、変化しつつある時代に合わせて、もはや障害としかならない諸制度や風習を、大胆に捨てさり、改革していくことだった。

有名なところでは、楽市楽座がある。信長の登場で、“食の世界”も刷新されたところが多々あったはず。信長の、《あらゆる既成概念を否定し、固定観念から抜け出た》姿勢は、行儀作法をやぶって、一緒に食べる人に不快を与えるものではなく、逆に、“食の世界”に新たなエネルギーを吹き込む効果を与えたことだろう。

でも、私、茶碗の持ち方、はしの持ち方もそうだけど、一緒に食べている人に嫌な思いをさせる人が嫌いだ。そういう人とは、一緒に食べたくない。結構いるんだよね、そういう人が・・・。



ポプラ新書  ¥ 842

歴史をつくったあの人は、その時なにを食べていた? 「食」から読み解く日本史
第1章  幕末~明治 激動期の英傑たちの「食」
第2章  江戸 太平の世に花開いた「食」文化
第3章  鎌倉~戦国 乱世の英雄たちの「食」と合戦
第4章  古代~平安 あの有名人が愛した「食」

加来耕三さんの本は、ずいぶん読んでいると思うけど、本当に、細かいところまで研究している勉強家なんだな。そういった研究の、“食”に関する集大成がこの本になったのか。あるいはまた、歴史上の人物の、“食”に対する向き合い方から、新たなお話を紡いで行こうとされているのか。

意外だったのは、大久保利通だった。維新の独裁者。日本のビスマルク。まさに、新しい日本を作り上げた。そりゃそうだ。そのために僚友、西郷隆盛を殺したのだから。彼に至るまでに消失された多くの命を、彼は背負っていたのだから。伊藤博文だって、山県有朋だってそういうところがあったかもしれないけど、違うのは、自分の意志によって、僚友西郷隆盛を殺したことだ。だから、伊藤や山県みたいに、女に入れあげたり、金に汚かったりしない。“食”のこだわりは、漬物だったそうだ。

とても面白く読ませてもらいました。

日本人であってよかったと思うことはいくつかあるが、“食”に関しては、まさにそう。この既成概念のなさはなんだろう。既成概念というと、・・・もしかして、そこにも信長が関わったりして・・・。いやいや、これこそが日本人本来のものなんだろう。

今日のツマミは、安く買ってきたカブの茎を塩でもんで置いたものに、塩昆布と干しエビを混ぜて、置いておいたもの。相撲も佳境に入ったし、そろそろ一杯やるかな。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい