めんどくせぇことばかり 『日本をダメにするリベラルの正体』 山村明義

『日本をダメにするリベラルの正体』 山村明義

“リベラル”という言葉で、あなたは最初に、なにを連想します? 私が最初に連想するのは、アメリカによる占領です。

清王朝を滅亡後の混乱の中、ドイツやソ連やアメリカを自ら引き入れて混乱を助長する中国共産党や国民党。世界中に革命を輸出して覇権を狙うソ連。そんな図体ばかりでかい連中を相手に、なんとか東アジアの秩序を保っていた日本。

ルーズベルトは、手前の都合から、そんな日本に戦争をふっかけて、ぶっ潰した。手に入れるはずだったシナ4億人の市場は、鳶に油揚げをさらわれるようにしてスターリンに奪い取られた。まあ、スターリンはスターリンで、毛沢東にトンズラされる。それでも、ユーラシア大陸の西で東で、スターリンは、まるで、“濡れ手で粟”状態。結局、莫大な予算をかけて、西で東でソ連対策をしなけりゃならなくなった。西に生まれた独裁政権ドイツと違って、アジアのことは、日本に任せておくのが賢明だった。

・・・そんなこと言っても、後の祭り。その日本は、ルーズベルトの都合でぶっ潰した。

なにをどう考えたって“日本を潰す”なんて選択肢があるはずなかった。でも、つぶしてしまった以上、それは当時から有力な選択肢として存在していて、アメリカはやむを得ずそれを選択したということを立証しなければならない。それほど難しいことではない。欧州におけるドイツと同じ扱いにすればいい。アジアのことなんかどうでもいいヨーロッパ人は、「ドイツと同じ」と言われりゃ疑いもしない。貧乏なアジアは、脅しと利益をちらつかせればそれでいい。当事者のシナと朝鮮は、こと日本に関しては、アメリカよりもたちが悪い。

あとは日本人。負けたとは言え、アメリカと正面から衝突した国。カルタゴ同様に消滅させることができなかった以上、日本人の頭にも上記のことを信じさせなければならない。そのために行われたのが、ウォー・ギルド・インフォメーション・プログラム(WGIP)。



ビジネス社  ¥ 1,512

正義の名のもとにトンデモ説を撒き散らす上から目線の言論に、国民はもう、うんざり
第一章  「リベラル崩壊」後の世界
第二章  本当はダサい日本のリベラル
第三章  日本会議バッシングの末路
第四章  リベラル思想の暗黒史
第五章  国民無視の「護憲派」の正体
第六章  グローバリズムから脱却する日本独自の経済思想
第七章  本当のリベラリズムは神道にある


日本は遅れていた。日本は軍国主義だった。日本は侵略国家だった。日本の諸制度は封建主義的であった。

そんな前提のもと、アメリカの進歩主義者たちが日本に送り込まれ、時代遅れ、軍国主義者、侵略者、封建主義者を追放し、その背景にある諸制度を、伝統も、文化も、歴史も、人間性もお構いなしに潰していった。それこそが、本当の意味で、日本を潰すということだった。その進歩主義者の大半が、ニューディーラーたちであった。

私は、“リベラル”という言葉から、まず、本当の意味で日本を潰していった“ニューディーラー”を連想する。
産経ニュース 2017/06/02
【国連反日報告】デービッド・ケイ氏の背後に“人権団体” 中立・公正に疑問符
http://www.sankei.com/politics/news/170602/plt1706020053-n1.html
(抜粋)
国連人権理事会の特別報告者、デービッド・ケイ氏は、上智大学での記者会見に先立ち、国会内で講演した。講演を主催したのは、国連の関連イベントなどで慰安婦を「性奴隷」と宣伝する人権団体「ヒューマンライツ・ナウ(HRN)」。ケイ氏は会見で自身が中立・公正な立場であることを強調したものの、日本政府には同氏とHRNのような組織との関係を懸念する声がある。
(続きを読む)に全文
デービッドそういえば、この、デービッド・ケイ。GHQの民政局員として来日し、日本の諸制度を破滅させつつ、一方においては日本人女性鳥尾 鶴代とねんごろになり、奥さんにバレて離婚されちゃったチャールズ・ケーディスに似ている。ケーディス
 



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
産経ニュース 2017/06/02
【国連反日報告】デービッド・ケイ氏の背後に“人権団体” 中立・公正に疑問符
http://www.sankei.com/politics/news/170602/plt1706020053-n1.html
(全文)
国連人権理事会の特別報告者、デービッド・ケイ氏は、上智大学での記者会見に先立ち、国会内で講演した。講演を主催したのは、国連の関連イベントなどで慰安婦を「性奴隷」と宣伝する人権団体「ヒューマンライツ・ナウ(HRN)」。ケイ氏は会見で自身が中立・公正な立場であることを強調したものの、日本政府には同氏とHRNのような組織との関係を懸念する声がある。

ケイ氏は記者会見で「政府に敵対的なわけではない」と述べた。一方、HRNは公式サイトで「意に反して『慰安婦』とし、監禁して性奴隷にしたことが重大な人権侵害だ」と事実と異なる記述をしている。

政府はケイ氏が昨年4月に来日して以降、「報道の独立の危機」や「歴史教科書への政府の介入」など同氏が問題視する点について、事実誤認を改めるよう求めてきた。ケイ氏の報告書に法的な拘束力はないが、1996年には特別報告者のクマラスワミ氏が慰安婦を性奴隷と位置づける報告書を提出し、韓国政府や日本の活動家に利用された経緯があるためだ。

5月29日付で公表された報告書草案について、日本政府関係者は「昨年4月に公表した予備的報告書のように『報道の独立が深刻な脅威に直面している』と断言する箇所はなくなったが、放送法などについて事実誤認が多い」と指摘する。これに対し、ケイ氏は記者会見で、日本政府の指摘を「解釈の違い」として、切って捨てた。

 また、ケイ氏は会見で、情報の取捨選択や解釈に関して野党や市民団体の見解を偏重した可能性を聞かれると「ない」と否定。2日に出席した自民党の会合では、共産党の見解との近さを指摘されると「共産党に知り合いはいない」と抗弁した。ただ、会見では「野党の人やマイノリティーの権利をどう守るかだ」と強調した。

 ケイ氏の報告書が安倍晋三政権に対する攻撃に政治利用される可能性を問われると「(表現の自由に関する)憲法21条が改定されれば心配だ」と自民党の憲法改正草案を批判して、はぐらかした。(杉本康士)

関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい