めんどくせぇことばかり 『戦争にチャンスを与えよ』 エドワード・ルトワック

『戦争にチャンスを与えよ』 エドワード・ルトワック

気になるのはNGOだ。けっして“なんか、グッタリおじいちゃん”ではない。“non-governmental organizations”、非政府組織の方だ。

ルワンダでは、ツチ族によるフツ族の虐殺が発生すると、フツ族は東コンゴに逃げ込んだんだそうだ。そこに、国連よりももっと質の悪いNGOが介入してきたんだそうだ。彼らは「フツ族がかわいそうだ」と難民キャンプを設置し、食事を提供した。そして元気を取り戻したフツ族は、夜中に国境を超えてツチ族を虐殺に行った。

NGOはメティアの注目を集めて活動資金を得るため、「困った人や、かわいそうな人を助ける」とぶち上げて、現地の事情など知ったことかと行動する。最優先事項は、自分の生活を守りつつNGOとしての活動を継続していくための善意の寄付金を、少しでも多くかき集めることにあるのだ。

そんなことで、このあと、ルワンダは、コンゴに侵攻して5年に渡る戦争を続けることになったそうだ。

本来、難民は流出した先で新たな生き方の選択を迫られる。主義を曲げて帰還を目指すものもあれば、異郷に新しい生き方を求めるものもいる。いずれにせよ、難民化の原因となった問題は、それで一つの決着を見る。ルワンダとの国境沿いのコンゴ民主共和国に作られたフツ族の難民キャンプは、難民となったフツ族を生きながらえさせ、彼らの怒りを半永久的に存続させ、さらにはありがたい物資支援まで行って、結果として新たな戦闘員を供給している。そのため、ルワンダは未だに、紛争後の国家統一さえままならない。

NGOも、組織であるから、自らの組織の存続を目指す。それが自分の信じる“正義”の実践につながるし、同時に自分の生活を維持するという、一挙両得の道なのだから。

そのためには目立つ必要がある。メディアの注目を引くことである。・・・なんか、ここまで書いてきて、シー・シェパードの連中のことが頭に浮かんだ。あの組織のことをNPO(non profit organization)、つまり非営利組織って言うけど、親分のポール・ワトソンを筆頭に、幹部連中は贅沢な生活を送っている。シー・シェパードは、本当に宣伝が上手で、多くの企業がシー・シェパードのスポンサーになっている。
ラッシュ
パタゴニア
クイックシルバー
イギリスの化粧品、バス用品メーカー
アメリカの登山用品、サーフィン用品、アウトドア用品メーカー
アメリカのサーフィン、スノーボードブランド
何だよ、パタゴニア。もう買わねえ。

ちょっと話がそれましたが、そんなNGOが、今、急増中だそうだ。そう言えば、私が関わっている若いやつの中にも、「将来は、NGOの仕事に関わって、世界の平和のために尽くしたい」と言うようなことを行ってるやつがいた。はっきり、言ってやろう。・・・“やめておきなさい”と。


『戦争にチャンスを与えよ』    エドワード・ルトワック

文春新書  ¥ 850

国連、NGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのではなく、長引かせる
1 自己改題「戦争にチャンスを与えよ」
2 論文「戦争にチャンスを与えよ」
3 尖閣に武装人員を常駐させろー中国論
4 対中包囲網の作り方ー東南アジア論
5 平和が戦争につながるー北朝鮮論
6 パラドキシカル・ロジックとは何かー戦略論
7 「同盟」がすべてを制すー戦国武将論
8 戦争から見たヨーロッパー「戦士の文化」の喪失と人口減少
9 もし私が米国大統領だったらービザンティン帝国の戦略論
10 日本が国連常任理事国になる方法


戦争には、それが行われることにより、《決定的な勝敗》と《戦争による疲弊》という、二つの終戦を導き出す役割が存在する。戦争自体に内在する二つの終戦要因により戦争が終わった場合、戦場では復興に向けての努力が始まる。敗れた側も、厳しい立場に立たされたとしても、そこからの復興が始まる。国際社会も、この段階において、敗者を見殺しにすることはないだろう。

しかし、今日では、さまざまな形での、外部からの介入によって二つの終戦要因が阻害され、多くの紛争が「終わることのない紛争」となっている。

パレスチナ難民の発生は1948年だからね。国連のパレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は、パレスチナ難民に以前の暮らしよりも比較的高いレベルの生活環境を提供し、食事・教育・医療制度も整備され、荒れ地の重労働なんてなくなった。誰が、もとの生活に戻りたいと思うのか。難民は、難民のまま結婚し、生まれた子供も難民としてここで生きていくのだ。「イスラエルが俺たちの土地を奪った」と言い続けながら。

どうも、やってることが、賢くないな。そんなにも賢くないことが、ここまで続けられるだろうか。戦争だの難民だのに関わるNGOだの、NPOだのには、他の理由があると考えるのが妥当じゃないだろうか。

それは、「かわいそうな人を助けてあげる」という慈善事業を行うこと、それ自体が目的なんだ。そう考えれば、この賢くないことが、現地の悲劇を憐れむようなふりをして、むしろ助長するという馬鹿馬鹿しいことが繰り返されることも納得がいく。

むしろ、これらのNGO、NPOは、多くの場合、現地の人を犠牲にして自分の利益のためにやっている。・・・ポール・ワトソンの団体さんが見える。

「世界の平和のために尽くしたい」と言っている若いのには、言い方を変えよう。・・・“愚か者め❢”と。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本










































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい