めんどくせぇことばかり 韓国人の内省『ルポ 絶望の韓国』 牧野愛博

韓国人の内省『ルポ 絶望の韓国』 牧野愛博

たしかに。・・・アジア通貨危機後でも、2000年代にはなんとか年平均4%の経済成長を維持していた。リーマン・ショック後でも、2010年には、なんとか盛り返したかと思えたが、その後は完全に低迷、3%も維持できなくなっている。1970年台から経済を支えた造船業は、2016年には人員整理を開始し、海運では最大手企業が破産宣告を受けたそうだ。

若い人の仕事が無いみたいですね。15~29歳の若年失業者は2016年に過去最高の9.8%を記録したそうだ。韓国でも急速な少子高齢化が進行していく中でのこの状況だから、事態はたしかに深刻だ。日本が経験した“失われた20年”を、韓国はまさにこれから経験するんだという観測もあるという。

経済の面では悲観論が広がるが、たとえば“失われた20年”一つとっても、仮に似かよった現象が韓国で発生しても、日本と同じ道をたどると決まったわけではない。“失われた20年”は、とても日本らしい現象ではなかったか。実態のないバブルに狂乱したことへの自省から適切な金融政策さえ敬遠して不況を長引かせた。その姿勢は、諸外国から指摘されたように、内向きに過ぎた。

だけど、日本人は、本来、つましい生活を惨めだとはとらえない。おそらくそっちの方があっている。バブル以前を記憶する世代ならなおさらで、むしろそんな生活に郷愁をそそられたりする。日本文化には、お金をかけようとすれば天井知らずのものはいくらでもあるが、いくらもかけずに楽しめるものがいくらでもあることも日本文化の特徴。この内向きの20年間は日本らしさの再発見につながり、今や諸外国からの関心も、非常に高くなっている。

菅原道真の進言で遣唐使の派遣をやめて内向きになったことで、国風文化が花開いた。諸外国との交流を制限した江戸時代に花開いた文化は、まさに今、諸外国から賞賛される私たちの日常生活のもとになったものである。

“失われた20年”とは言うものの、“失われた”ものばかりではないということだ。


文春新書  ¥ 950

朴槿恵大統領の弾劾・罷免・逮捕の過程で垣間見えた韓国という隣人の「病理」
第1章 政治-スターリンは言った。「韓国人は三人集まれば、四つの政党を作る」
第2章 歴史-歴史問題の背後にちらつく北朝鮮の影と、日毎に細る日韓のパイプ
第3章 経済-韓国全土に広がる不況の影と埋まらぬ格差
第4章 教育-壮絶なまでの学歴競争社会
第5章 社会-地縁・血縁・人脈が支配する世界
第6章 軍事-韓国の三戦術は、北朝鮮の三つの切り札に対抗できない
第7章 外交-米国と中国というニ大国に挟まれ、身動きが取れない韓国外交


韓国人は、そんなにも内向きではないだろう。いやむしろ、外向きに過ぎるんじゃないかとさえ感じる。外ばっかり見てるんじゃないの。なにしろ、私は、けっこう頻繁に感じるんです。韓国人の視線を・・・。韓国人から見られているように感じるのは、私だけが特別とは思えない。多くの日本人がそのように感じているんじゃないだろうか。もしかして、韓国人が“外向き”に感じられるというのは、日本に文句ばっかつけてるから、そう感じられるのかな。

経済規模が急速に縮小してデフレスパイラルに陥ったとしても、いつまでも韓国人がナイーブに自省するというのは考えづらい。 適切な経済政策どころか、周辺諸国、・・・日本が眉をひそめるような手を打ってくることも考えられる。“日本に支援を依頼する”なんてことじゃなくて、かつて韓国に迷惑をかけた日本は、それをするのが当たり前であるかのように振る舞うことは、これまでにもあった。

そもそも、自省するなら、本来の朝鮮半島の歴史に向き合って欲しい。韓国人が、もしも、そんな自省の期間を過ごせるならば、その期間は、韓国にとって、非常に貴重なものになるだろう。

まずは、とりあえず、“慰安婦問題をめぐる日韓合意”だな。なんか、韓国では、これを白紙に戻そうという動きが、文在寅大統領に代わってから激しい。この期に及んでそんなことなら、“経済低迷にともなう自省期間に自らの歴史に向き合う”なんて、端からありえないってことになってしまう。
フットボール批評  2017/06/02
済州の乱闘事件、韓国紙が理不尽な批判。浦和MF阿部勇樹へのエルボーは「偶発的」
https://www.footballchannel.jp/2017/06/02/post214125/
(全文)
先月31日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の浦和レッズ対済州ユナイテッドの試合で、済州の選手が起こした乱闘騒ぎについて一部の韓国紙が理不尽な批判を展開している。

(続きを読む)に全文

いつまでこんなことを続けるんだ。・・・少しは期待したいところなんだけどな。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
フットボール批評  2017/06/02
済州の乱闘事件、韓国紙が理不尽な批判。浦和MF阿部勇樹へのエルボーは「偶発的」
https://www.footballchannel.jp/2017/06/02/post214125/
(全文)
先月31日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の浦和レッズ対済州ユナイテッドの試合で、済州の選手が起こした乱闘騒ぎについて一部の韓国紙が理不尽な批判を展開している。

事の発端は、済州のDFペク・ドンギュが浦和のMF阿部勇樹にエルボーを食らわせたシーンである。

2戦合計スコア2-2の状況で迎えた延長後半、浦和はDF森脇良太が決勝ゴールを奪う。その後、浦和は相手陣内でボールをキープして時計の針を進めた。

このプレーをきっかけに済州は浦和の選手たちと衝突。控えだったペク・ドンギュはビブスを着てベンチに座っていたはずだが、全力疾走でピッチを横断し阿部の顔面にエルボーを食らわせた。試合出場のなかったペク・ドンギュには、当然レッドカードが提示されている。

韓国紙『ブリッジ経済新聞』は「浦和が被害者のコスプレ。済州の一方的な暴行ではない」と報じている。

同紙が伝えているところによると、ペク・ドンギュが阿部にエルボーを食らわせたのは「偶発的」なのだという。浦和のFWズラタンと済州の選手が口論していたところを仲裁に入ろうとしたペク・ドンギュは、「スピードをコントロールできず阿部とぶつかった」という言い分だ。

映像を見る限り、ペク・ドンギュはズラタンには見向きもせず一目散に阿部目がけて走っていることがわかる。明らかに肘を前に出して阿部に顔面に直撃させているため、「偶発的」とは言い難い。

だが同紙は「済州の選手と衝突した原因を引き起こしたにもかかわらず、浦和は被害者のコスプレを続けている」と、あくまでも衝突の原因は浦和側にあると主張している。

また、決勝ゴール後の浦和のボールキープにも苦言を呈した。通常、リードしたチームが相手陣内でボールをキープすることは世界のサッカーにおいて常套手段だが、「普通ではなかった」と、これにも批判的な論調だった。

済州のチョ・スンファン監督は「ファンにはいい試合といいマナーを見せることができず申し訳なく思う」と謝罪の言葉を述べた一方で、「浦和の選手が我々のベンチに向かって勝利を喜んだことで選手たちを刺激した」とも発言していた。

韓国メディアの多くはこの乱闘事件を冷静かつ客観的に報じ、済州を批判するメディアもあったが、『ブリッジ経済新聞』は浦和に対して批判的に報じている。

しかし、どんなに試合がエキサイトしようと暴力は絶対に許されるべきではない。激しさの中でもフェアーにプレーし、互いをリスペクトするべきだろう。

関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
















































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい