めんどくせぇことばかり 『安全保障は感情で動く』 潮匡人

『安全保障は感情で動く』 潮匡人

アメリカ大統領に求められる器量というのは、一体何なのか。こんなこと言うのも、バラク・オバマ大統領という人は、「印象に残るアメリカ大統領」という調査で、ジョン・F・ケネディに次いで2位になってるんですね。しかも、女性だけなら1位。なんと66%の女性が、バラク・オバマを1位に選んでいると言うんですから驚きです。
https://news.nifty.com/article/item/neta/12225-170118009887/

まあ、良いとか、悪いとかいう判断基準ではありませんから、こういう結果になることも分からないではありませんけどね。

2013年8月、「シリアによる化学兵器の使用はレッドライン」と明言した。レッドラインとは越えてはならない一線であり、アメリカ大統領がこの言葉を使った場合、その先は軍事介入となることを意味している。「アサド政権が化学兵器を使えば、アメリカは軍事介入する」と言っているのだ。

しかし、その後、レッドラインを踏み越え化学兵器を使ったアサド政権に対し、オバマは前言を翻すように矛を収めた。世界が大きく乱れたのはここからだ。その時、オバマはこう言ったのだ。《米国は世界の警察官ではありません。恐ろしいことは世界中で起きており、我々はすべたのアクを正すことはできません》

この言葉の影響は、一つ、アサド政権の化学兵器使用を放置したにとどまらなかった。アメリカは、自国の利益や存亡に直接の影響がない限り、軍事介入に踏み切ることはないと思われたのだ。

本書の言うとおり、その後、シリアで軍を展開しているのはロシアである。それ以外の世界においても、チャイナは南シナ海に進出し、ロシアはクリミアを手に入れた。



文春新書  ¥ 880

たしかに重要である。しかし、地政学だけで安全保障を語るのは危険である
第1章  「見捨てられた人々」の逆襲が始まった
第2章  アメリカ合衆国が最大の懸念となった
第3章  第二次朝鮮戦争が始まる
第4章  米中戦争の可能性が「非常に高い」理由
第5章  だから戦争はなくならない

それだけに、ドナルド・トランプの、シリアに対するミサイル攻撃の衝撃は大きかった。本人も、大統領選挙中、「アメリカは世界の警察官ではない」と公言していたのだからなおさらだ。シリア北西部で、またぞろアサド政権が化学兵器を使用し、その惨状を報告されたドナルド・トランプが“激しく心を乱された”結果であるようだ。

安全保障は感情で動く

オバマのケースを考えれば、これが逆の効果を生む状況も考えられる。ロシア、チャイナが、アメリカを刺激しない道を選択する可能性が高まるということだ。圧倒的な力に対する“恐怖”という感情には、暴走を押せる効果もある。

しかし、同時に、その恐怖を乗り越えようとする努力を促すこともありうる。相手に過度の恥辱を加えれば、相手が対立を先鋭化させていく危険が生まれる。

「《計算違い、誤解》・・・それが誰も望まず、意図せず、勝者のいない戦争の始まり」だというのだ。対立の生み出す緊張状態は、思考を極端化させ、いったん方向性を持った大衆心理に火が付けば、もはや誰も手出しすることはできなくなる。

どっかの、刈り上げデブみたいに、その先を行くバカもいるけど・・・。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい