めんどくせぇことばかり ジップンチェンシン『世界を感動させた日本精神』 黄文雄
FC2ブログ

ジップンチェンシン『世界を感動させた日本精神』 黄文雄

《ジップンチェンシン》って、なんだか分かりますか。

台湾で使われている言葉で、漢字で表せば、《日本精神》だそうです。“日本時代”に日本人が台湾残したもので、年配の台湾人の方からよく聞かれる言葉だそうです。

日本人が追い出されて、国民党軍が進駐することによって始まった台湾の戦後。「犬が去って豚が来る」と表現されたこのできごと。「アメリカは日本に二発の原爆を落としただけだったが、台湾には蒋介石を投下した」という言い方もあるそうです。なにしろ、国民党軍が起こした二・二八事件と白色テロの時代が数十年間続くわけですからね。比べるべきものでもないけど、台湾人にしてみれば、“二発の原爆よりも強烈”とまで言いたいわけですよね。

なにしろ、その前もあとも、そこには台湾人がいたわけで、彼らはその前もあとも、よく知っているわけだ。そして、あとから入ってきた国民党軍の兵隊たちの様子を《支那人根性》とあらわし、去っていった日本人の様子を《日本精神》という言葉で表したわけだな。

そこに自然に付加されているイメージは、前者が、無法・違法・私腹を肥やす・台湾人に難癖・集団汚職・不正・賄賂といったものであり、後者が、勇気・勤勉・誠実・奉公・法治・伝統的美徳といったものでした。



ビジネス社  ¥ 1,620

日本が好かれ、中韓が嫌われるには理由がある 台湾人だからわかる 本当は幸福な日本人
はじめに 戦後日本人が忘れた日本精神
序 章  なぜ私は日本人の「心」を探訪するのか
第一章  「水」と「森」が生んだ日本文明
第一節 日本人の「水心」
第二節 日本人の「森の心」
第二章  武士道と商人道
第一節 世界と中国が驚嘆する武士道
第二節 武士道と対等の「商人道」
第三章  日本仏教の真髄・空海と道元
第一節 日本人の心を網羅した空海の『十住心論』
第二節 時空を超えた道元の『正法眼蔵』
第四章  日本人も知らない不思議な日本の心
第一節 「もののあはれ」と「無常」
第二節 日本美の結晶「わび」「さび」
第三節 「無心」という奥義
終 章  日本的霊性と台湾的霊性


《日本精神》という言葉に、自然と付加されているイメージは、台湾人にしてみれば、“武士道”という言葉に集約されるもののようです。だけど、武士道ってのも難しいですよね。イメージだけで使ってる分には、まあ、そんなに当たり障りがあるわけではないんだけど、その中にある日本人らしさを厳密に捉えなおそうとすると、非常に難しい。

“道”ってのが、好きなんだなあ。・・・日本人はさ。自分の目の前にある“そのこと”に、懸命に精進すること。懸命に精進することの、その先になにがあるのか。基本通りに言うならば、解脱でしょ。

鈴木正三という、武士出身のお坊さんが、百姓から、「自分立場畑に追われて仏道に励む暇もない」と嘆かれ、「炎天下、ひとえに畑に励むことそれ自体が仏道」と諭したとか。

そこから、精進の対象は無限に広がった。柔道・剣道・弓道・華道・茶道・相撲道・野球道。武士道も、その中の道にすぎない。“そのこと”に懸命に励むことを“ひたすら”と言いかえれば、“ひたすら”の道。仏道とは言っても、それはあまりにも日本的な心のあり方に通じる。

“明き心”とか、“正直”とか、“誠”とか、“真”とか、“美”とかいった、仏教以前の、大自然を前にして、何者にも恥じない心のあり方ですよね。

だから、「これでいい」ってところがないんだ。生きていれば、常に精進を続けなければいけないし、プラス・マイナス差し引きしてプラスになればいいってもんでもない。ただひとつの“卑怯”を“恥”と刻んで、自分を戒め続ける必要がある。しかも、人はだれでも、そんな“恥”の一つや二つ、三つ四つ五つ六つ・・・、持ってるもんだから、どうにもならない。

へりくだった生き方は、人に対してじゃない。そんな自分が見ているからね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事