めんどくせぇことばかり 『アダムのリンゴ』 小泉牧夫

『アダムのリンゴ』 小泉牧夫

混沌たるカオスから生まれた大地ガイア。ガイアは自らの力で天空ウラノスを生み、ウラノスと交わってティタン族を生んだ。ティタンは英語でタイタンと発音するが、日本語ではチタンともいう。原子番号22で原子記号はTi。軽いわりに強度が強く、産業でも先端分野で重宝されているという。

話題になった「進撃の巨人」、英語のタイトルは“Attack on Titan”。そんな最近の話題を出さなくても、…私には十分に最近…1911年に大氷山に衝突して沈没した豪華客船は“the Titanic”だった。
あ~、こんな話を読んでると、なんだかとても頭が良くなったような気がして気持ちいい。・・・そんなわけで、とっても気持ちのいい本の紹介です。

題名にもなっている“アダムのリンゴ”とは〈のどぼとけ〉のこと。イブに進められてリンゴを口にしたところを天使に見とがめられ、慌てて飲み込もうとしたら、のどに引っかかっちゃったんだよね。そんな、創世記や、上に書いたギリシャ神話の話から始まって、歴史の成り行きの中から生まれた、英語の面白い言いまわしや言葉の数々を一挙に紹介した本。

神話や歴史の中の話が、思いもよらない言葉を生み出しているのも面白い。上で紹介した大地の女神ガイア。Gaiaは、ラテン語や英語ではGaeaと書かれ、またの名を「Ge」と書いてゲーともいう。geology「地質学」、geography「地理学」、geopolitics「地政学」なんてところに使われてくる。

ギリシャ神話の中でも人気の話の一つのクピドとプシュケの物語。このプシュケはpsycheと書くが、古代ギリシャのもともとの意味は「息・呼吸」で、派生して「命・心・魂」。ここから、「心・魂」に関連する語にプシュケが使われる。psychologu「心理学」、psychiatry「精神医学」、psychic「精神的な」、psycho「精神病患者」。こうなってくると、プシュケもびっくり。



IBCパブリッシング  ¥ 1,512

のどちんこにはリンゴが詰まっている 歴史から生まれた世にも面白い英語
〈古代ギリシア編〉
〈古代ローマ編〉
〈中世編〉
〈近世前編〉
〈大航海編〉
〈近世後編〉
〈アメリカ大陸編〉
〈近代編〉
〈2つの世界大戦編〉
〈戦後・21世紀編〉

近代、現代、そして今も、次々と新しい言葉って作り出されてるんですね。それは英語だけじゃなくて、どんな言葉でも同じこと。もちろん日本語もね。ただ、日本語で心配なのは、かつて外来の言葉が入ってきたとき、知恵を絞って新しい日本語を創造していったのに、最近は、それをカタカナ言葉のまま使っているだけ。向こうの言葉でその概念をつかめる人はいいけど、そうでない奴は置いてけぼり。“つかめる人”と、“つかめない人”の二種類に人種が、日本人内部に作り出されつつあるように感じる。

その点、日本にもトランプが必要か?

おもしろかったのは、英語とフランス語の関係。牛はoxでも、皿に乗るとbeef。羊はsheepでも、皿に乗るとmutton。豚はpigでも、皿に乗るとpork。

この本に関してはずいぶん書いてしまった。このくらいにしておこう。
おそらく、欧米人以上に、日本人の方がこういう本をおもしろがっているだろう。

言葉には力がある。“アブラカダブラ”は魔法の言葉。「私の言ったとおりになれ」って呪文が意味を持つ世の中が、かつては世界に広がっていた。一神教の神様が“魔”の世界のすべてを屈服させていっても、言葉は残った。言葉には思いもよらない意味があって、知ってか知らずか、それを口にするたびに、・・・“アブラカダブラ”、言葉に隠されたその意味が、きっとそのうち目を覚ます。

わずかに、いまだにそんなことを信じている人もいる。実は、私もその一人。すでに二人の子供は独立しておりますが、とにかく汚い言葉は使わないように言い聞かせました。





にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本


































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい