めんどくせぇことばかり 魔羅『さすらいの仏教語』 玄侑宗久

魔羅『さすらいの仏教語』 玄侑宗久

梵語の“マーラ”は「善法を妨げ、修行を阻むもの」のことで、それに漢字を当てたのが魔羅となる。自分の内側から生じるものが内魔、外からやってくるのが外魔。内から生じる内魔の代表的なものが性欲で、親鸞聖人もそれに打ち勝つことはできなかった。性欲の強さは人によりけり。親鸞上人もよほどの内魔を抱えていたらしい。おそらく私もダメだ。
 
そんなことはともかく、その性欲の象徴としての男性器を魔羅とよんだわけだ。もちろん、もともとはお坊さんたちの言葉。・・・というよりも、隠語。その隠語がいつの間にか外に出ちゃったわけだな。

“シャリ”と言えば、お寿司屋さんのご飯のことですよね。これもお坊さんたちの隠語から生まれた言葉で、漢字で書けば舎利で、お釈迦様の骨のこと。各地に分け与えるために細分化されて、「ご飯粒みたい」ってことらしい。

“踊り子”っていうのは何でしょう。なんか、エッチな隠語を期待しているかもしれませんが、これは飲食の禁忌から生まれた言葉のようです。よく跳ねるから、“ドジョウ”をそう呼んでいた。

“御所車”は、中に貴い方が居るという発想から、“たまご”のこと。

お坊さんには戒律があるからね。やっちゃいけないことね。お坊さんにとってこれは、本来は絶対的なこと。だから、口にだすこともはばかられた。でも、ときとともに、それから人によりけりで、だいぶルーズになった面もあった。それでも表面だけは繕った。だから、隠語を使った。

親鸞聖人じゃないけど女犯は本来重罪。でも、江戸時代になると、だいぶ緩まってたらしい。檀家の方でもそれを承知で、見て見ぬふりだったみたい。ただ、お坊さんが“女房”だとか、“妻”だとかはまずいので、隠し妻のことは“大黒”と呼んでいたらしい。有名なところでは、“酒”は“般若湯”ですよね。般若は智慧のことだから、「智慧のわくお湯」とは味のある命名ですね。


中央公論新社  ¥ 821

諸行無常、物事は変化する。内実が変わったのに言葉が変わらないと、言葉そのものの意味が変質する

はじめに
Ⅰ 師子身中の虫/莫 迦/ホラ吹き/魔 羅/どっこいしょ/皮 肉/貧者の一燈/観 念
   娑 婆/退 屈/大丈夫/分 別
Ⅱ 餓 鬼/素 性/阿弥陀クジ/油 断/うろうろ/ないしょ/工 夫/がたぴし/めっぽう
   ふしだら/ご開帳/祇 園
Ⅲ 三千大千世界/女 郎/お陀仏/砂 糖/台無し/つっけんどん/爪弾き/あまのじゃく
   けげん/おっくう/説 教/袈 裟
Ⅳ 利 益/藪と野暮/ゴタゴタ/ご馳走/出 世/自 由/一大事/老婆心/不思議/おぼん
   彼 岸/玄 関/後生と一蓮托生
Ⅴ えたい/微 塵/金輪際/有頂天/奈 落/功 徳/冥 利/愚 痴/閻 魔/般 若/微 妙
   檀那と坊主
Ⅵ 言語道断と自業自得/上 品/実 際/権 化/極 微/念 仏/挨 拶/講 堂/伽 藍/邪 見/徹 底
   啖 呵/中 有/瓦/閼 伽/補陀落
Ⅶ 南 無/七 難/荼 毘/聖/道 場/塔 婆/無 念/露 地/愛 嬌/方 丈/菩 提
仏教語索引

だけど、さっき行った戒律の中でも女犯は重大な罪となる。ここで話に出すのは、歴史的にも評判の宜しくない道鏡のことなんだけど、よく、称徳天皇と男女の関係にあって、その巨根を持って称徳天皇をとりこにしたとか言われる。だけど、これはないと思う。

お坊さんになるということは、本来の意味で言えば、それまでの生を改めること。それまでの生をやめて、違う生を生き直すこと。そのために与えられる戒めが戒律。真剣に出家した者で、それこそ通常の精神であれば、戒律を破るということは生をやめることを意味する。後の、緩くなった時代とは違う。

“道鏡に崩御崩御と称徳言い”とか、“道鏡に根まで入れろと詔”とか。

でも、そんなことは、おそらくなかった。称徳天皇が道鏡に位を譲ろうとしたというのは、藤原氏にがんじがらめにされた皇室のあり方に絶望してのことだったろう。だったら尊敬に値する道鏡に位を譲り、御仏の精神を政治に活かし、仏国土を実現してもらいたいと考えたのだろう。“崩御崩御”だの、“根まで入れろ”とかは江戸時代のものでしょうけど、それにつながる罵詈雑言は、藤原氏の情報操作によるものでしょうね。

私も連れ合いに、“崩御崩御”と言わせてみたいところだけどね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい