めんどくせぇことばかり 『連合国戦勝史観の虚妄』 ヘンリー・ストークス
FC2ブログ

『連合国戦勝史観の虚妄』 ヘンリー・ストークス

いま国際社会で「南京大虐殺はなかった」と言えば、もうその人は相手にされない。ナチスのガス室を否定する人と同列に扱われることになる。残念ながら、これは厳粛なる事実だ。だから慎重であらねばならない。だが、日本が日本の立場で、世界に向けて訴え続けていかなければ、これは歴史的事実として確定してしまう。
腹立たしいが、著者の言うとおり。東京裁判の結果は、残念ながら厳然たる事実として受け止められているし、これをくつがえすに残された時間は、もはやいくらもない。遠い過去の”歴史”に属してしまえば、どのような事実ももはや信憑性を失ってしまう、陰謀史観とか呼ばれて遠ざけられる。
以前にこの本を紹介したとき、こんなことを書いていた。世界は、戦争に勝ったことによって、負けたものにそれまでの負の遺産を担わせることに決めた。そして、それは今も変わらない。変わらないだけではない。中には、真実が顕になるのを覆い隠すかのように、声高に日本を攻撃するものがいる。シナと韓国だ。彼らは、国の成立自体が、第二次世界大戦にある。そこで語られることの多くが嘘だということが明らかになれば、彼らの国の土台自体が嘘にまみれていることが明らかになる。

もちろん、シナや韓国といった便乗組だけではない。日本に負の遺産のすべてを担わせるあらすじを書いた米英にしたって、その事実が明らかにされることは、なんとしても避けたい。違うのは、シナや韓国よりも、多少、恥を知っているというところだろう。

日本の敗戦によって、彼らは日本を裁くチャンスを手に入れた。著者の言葉は激越だ。『辱めを与える必要があった。日本人を徹底的に打ち砕き、完膚なきまでに叩きのめさねばならなかった。勝者の正義などは、まさに「建前」で、復讐をせずには収まらなかったのが「本音」である。東京裁判もまさに復讐劇だった』

“なぜ、そこまで・・・”と思うところだが、日本が彼らから奪ったものを考えれば、・・・当然といえば当然かも知れない。

『連合国戦勝史観の虚妄』    ヘンリー・ストークス

祥伝社  ¥ 864

英国人大物記者が、戦後、戦勝国の都合で作り上げられた「日本悪玉論」を断罪
第1章  故郷イギリスで見たアメリカ軍の戦車
第2章  日本だけが戦争犯罪国家なのか?
第3章  三島由紀夫が死を賭して問うたもの
第4章  橋下市長の記者会見と慰安婦問題
第5章  蒋介石、毛沢東も否定した「南京大虐殺」
第6章  『英霊の聲』とは何だったか
第7章  日本はアジアの希望の光
第8章  私が会ったアジアのリーダーたち
第9章  私の心に残る人々
終章  日本人は日本を見直そう


「唯一の文明国であるはずの白人世界で、最大の栄華を極めた大英帝国が有色人種に滅ぼされるなど思考の限界を超えていた」「チャーチルが日本を口汚く罵った背景にはその悔しさと怒りがあった」

「英国はナポレオンとヒトラーの侵略を受けた。だが、その帝国の植民地が有色の日本人によって奪われ、その他の有色人種が次々独立していったことは想像を絶する悔しさだった」

「アメリカは原爆を落とす必要はまったくなかった。生体実験のように人間の上に原爆を落としたのは〈辱めを与える必要性〉があったからだ。日本人を完膚なきまでに叩きのめさねばならなかった。正義は建前で、復讐せねばおさまらなかったのが本音だ」

「日本は白人の持ち物の植民地を侵略した。侵略が悪いのではなく、有色人種が白人さまの領地を侵略したから悪いのだ。白人が有色人種を侵略するのは〈文明化〉で、劣っている有色人種が白人を侵略するのは〈犯罪〉なのだ」

「東京裁判は復讐劇であり、日本の正当性を認めることなど最初からありえなかった。認めれば自分たちの誤りを認めることになる。広島長崎の原爆や東京大空襲で民間人を大量虐殺した罪を明らかにされてはならなかった。それが連合国の立場だった」
こんなところを挙げておけば、彼らがなぜそこまで日本を徹底的に叩こうとしたのかの理由として、十分でしょうか。《猿の惑星》という映画は、建てに作られたわけじゃないってことだね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


今回のテーマは「欲望」

激しい愛情、金銭への異常な執着、 果てない収集癖、飽くなき野心など、 あらゆる欲望を絵画に込めてきた。
カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本
































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事