めんどくせぇことばかり 『戦争を始めるのは誰か』 渡辺惣樹
FC2ブログ

『戦争を始めるのは誰か』 渡辺惣樹

《ドーズ案によるドイツの復興》

ドーズ案は、ドイツの賠償金額は減額しないが、その支払いの原資はアメリカの融資をベースに実行するというもの。結果としては、ドイツはアメリカの融資で英仏への賠償金を支払い、その賠償金で英仏は対米債務を返済する。そこから生まれた余裕資金が、ドイツの借款に回される。

対ドイツ投資の信頼性は高まり、アメリカの多くの企業が次々とドイツに参入した。ドイツの景気は、ドーズ案によって盛り返した。政治的にも抵抗路線から協調路線に切り替え再建の道を進み始めた。

《ドイツによるズデーテン地方の併合》
ミュンヘン協定を戦後の史書は宥和政策の失敗だと説く。チェンバレンがこの時点でヒトラーとの戦いを決意していれば、その後のヒトラーの増長はなかったと言う。しかし、これは当時の世相を斟酌しない意見である。

チェコスロバキアの民族分布

チェコ系     650万人

ドイツ系     325万人

スロバク系    300万人

ハンガリー系    70万人

ウクライナ系    50万人

ポーランド系     6万人

 チェンバレンがミュンヘン協定を結んだ背景は、以下の6点である。

1.         英国民はチェコスロバキアの領土をめぐって参戦することに同意しない

2.         ヒトラーの要求の多くが正当なものである

3.         チェンバレンは、ドイツがロシア共産主義の防波堤になるためには、それなりの強国になる必要があると考えた

4.         英国陸軍は戦う準備ができていなかった

5.         ヒトラーは、ドイツ経済の復興など、多くの人々をいい意味で驚嘆させていた

6.         チェンバレンは、先の大戦の悲惨さが身に染みていた 

戦争を回避して帰国したチェンバレンを、国民は喝采で迎えた。

この状況で、チャーチルはチェンバレンを非難して、「チェコスロバキアは捨てられ、バラバラにされた。暗闇の世界に突き落とされた」と演説した。チャーチルはズデーテン地方を防衛するためにスターリンとの同盟構想を唱えた。赤軍がチェコスロバキアの防衛に向かえば、チェコスロバキアまでの東欧はスターリンの支配下にはいる可能性が高かった。チャーチルはソ連の脅威についてあまりにも鈍感であった。彼がそれを肌身に染みるのは1944年になってからである。


文春新書  ¥ 1,188

必要のない戦争だった。チャーチルとルーズベルトがいなければ、起こらない戦争だった
第一章 第一次世界大戦の真実
第二章 第一次世界大戦後の歴史解釈に勝利した歴史修正主義
第三章 ドイツ再建とアメリカ国際法務事務所の台頭
第四章 ルーズベルト政権の誕生と対ソ宥和外交の始まり
第五章 イギリスの思惑とヒトラー
第六章 ヒトラーの攻勢と、ルーズベルト、チェンバレン、そしてチャーチル
第七章 ヒトラーのギャンブル

《ウィリアム・ブリット駐仏アメリカ大使》
1939年1月14日、一時帰国していた彼は、FDRの指示を受けてポーランド駐米大使のイェジ・ポトツキと会談した。ドイツとの戦争という事態になれば、アメリカは英仏の側に立って能動的に干渉する準備ができていると語った。

1939年2月、赴任地のバリで、ポーランド駐仏大使ユリウシュ・ウカシェヴィッチに対して、「戦いが始まれば、アメリカはすぐにでも英仏の側に立って参戦する」と語った。

1939年3月15日、FDRは英国ハリファックス外相に対して、イギリスがその対独外交方針を変更しなければ、米国世論は反英国に傾くと脅した。FDRはドイツから英国大使を引き上げ、外交関係を断つことまで要求した。ハリファックス外相は、それは控えた。

この辺りから、チェンバレンの対独外交方針が変化する。

1939年3月31日、ポーランド独立保障確約。チェンバレンによるポーランド独立保障にロイド・ジョージはこう語る。「もしわが軍の将軍たちがこれを承認していたとすれば、彼らはすべて気が違っている」イギリスがポーランドの独立を保証するということは、イギリスとドイツが戦争するかどうかの判断を、ポーランドの政治家の決断に任せたということである。

チェンバレンは、1938年の段階では、イギリスはヨーロッパの戦いに関与しないと考えていた。しかし、ウィリアム・ブリット駐仏アメリカ大使が、1939年の夏、ポーランド問題ではドイツを絶対に阻止しなければならないと主張した。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事