めんどくせぇことばかり 『和えるおかず』 坂田阿希子
FC2ブログ

『和えるおかず』 坂田阿希子

へぇ~、“和える”ことに特化した料理の本だってさ。最初は、「“和える料理”だけで、本になるのかな」って思って手にしてみたんだけど、ペラペラめくってみただけで、上記の不安は払拭され、すぐに購入。“和える”って、けっこう奥深いもんなんだね。

和える料理といえば、すぐに浮かぶのは“白和え”かな。子供の頃から好きだったな。“白和え”であれば、たとえにんじんであっても食ったからな。もともと、豆腐が好きなんだ。

豆腐は、毎日来る御用聞きのおじさんから買っていた。母は、何にしろ、御用聞きからはなにがしかを買っていた。うちも決して豊かじゃなかった。生活はけっこう苦しかったはず。それでも、私が小学生の頃は、高度経済成長真っ只中で、会社員の父の収入は確実に伸びていたんだろう。

秩父の田舎で、高度経済成長期とはいえ、みんながすぐにその恩恵に預かれるわけじゃなかった。父は中学を卒業すると、定時制に通いながら昭和電工の使い走りとなった。戦争中のことだ。戦後、そのまま正社員になり、いわば、叩き上げて地元採用のノンキャリアといったところ。つまり高度経済成長の恩恵を、そのまま体感できる立場ではあった。

母にも、おそらくそういう意識があったんじゃないかと思うんだ。贅沢品にはまったく目もくれなかった母だが、御用聞きのような小さな商いには、大抵注文を出していたように記憶している。

豆腐屋の御用聞きのおじさんは、いつも「トーフー」と聞こえるラッパを吹きながら、荷台に木箱を積んだ自転車で回っていて、うちに来ると必ずお勝手に声をかけていった。毎日、だいたい豆腐を二丁頼んでいたように思う。おじさんはお勝手の戸口にかけてあった帳面にそれを書いて、月末に集金していた。その帳面なんだけど、たまに開いてみても、ミミズののたくったような字で、なにが書いてあるのがさっぱりわからなかった。

・・・ほうれん草と人参とこんにゃくの白和えね。大好きだった。


『和えるおかず』    坂田阿希子

世界文化社  ¥ 1,404

食材の持ち味が重なり合う美味しさ 食感や温度の違いの楽しさを一口で味わえる
1章・・・肉の"和え"おかず
豚しゃぶとみょうがの胡麻和え、ゆで豚のトマトバジルソース
牛たたきのタイ風和えもの など
2章・・・魚の"和え"おかず
まぐろのタルタル、いわしのたっぷりハーブ和え、など
3章・・・野菜の"和え"おかず
ねぎ和え豆腐 アスパラの卵和え など
和え麺コラム

“ごまよごし”って呼んでたな。あれは“和え物”だよね。そう考えれば、けっこうあるな。ポテトサラダとかだって、見方変えりゃあ和え物だしね。んんん、そう考えると、たしかに“和え物”も広がりがあるね。

3章の“野菜の和え物ってのは、抵抗ないですね。一番、すぐになじめそう。かつ、紹介されている和え物を見ると、何にも肩ひじ張る必要のない料理であることが分かった。ただ、“そこにあるもの”を使えばいい。問題は、なにで和えるのか。まあ、それはこの本で見て、いろいろと参考にしよう。

“肉の和え物”とか、“魚の和え物”ってのは、あんまりなじみがない。だけど、鯵の干物の和え物なんて、想像の範囲内。なじみがないようでも、たとえば“ささみ”なんて、なんでもなくても和えて食ってる。

そうだ。少しずつ見えてきた。考えてみると、けっこう和えて食ってる。私のソウルフードの一つ、“ねぎみそ”も和え物には違いない。さらに、その“ねぎみそ”で豆腐を和えるとうまいんだ。

・・・なにもとらわれる必要はないな。変な言い方だけど、なにを和えてもいいんだ。和え衣も、やってるうちに見えてくるものもあるだろう。 帰ったら、冷蔵庫にあるものを和えてやる。よし❢ 待ってろよ。冷蔵庫の中の具材たち。冷凍室のかまぼこよ。お前が、ずいぶん前からそこにいることを、私は知っているぞ。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事