めんどくせぇことばかり  『経済は地理から学べ』 宮路秀作
FC2ブログ

『経済は地理から学べ』 宮路秀作

どうも、高校における“地理”っていう科目は、中途半端なんだよね。なんのための“地理”か。地名を覚えるためにある科目ってのが、実は大半の認識じゃないか。いやいや、本当に、そう思わせるような状況は、学生さんの間だけじゃなくて、大人の間でも、いくらでも感じられることだ。

この本は、代々木ゼミナールで地理の講師をしている宮路秀作さんという方が書いた本で、題名は『経済は地理から学べ!』ですが、“地理的知識をもとにして世界を把握しよう”という本ですね。この本の“おわりに”にも書かれていますが、2022年度の高校入学性からは、《地理総合》と《歴史総合》が必修になるんですよね。“地理と歴史から、総合的に世界を把握する”というのは、地政学に他ならない。

著者が言うように、「地理が分かれば、歴史が面白くなる。そして未来が見える」という状況は、まさに地政学が目指すところ。なによりも政治学の基礎であり、同時に軍事学の基礎である。

安倍政権下で改訂された指導要領でこのような大きな変更がなされたことは、それなりの大きな意義がある。これまでの社会科教育が、“現実世界の理解よりも理念を優先するものであった”ことを前提に、それを改めたものであるからだ。この改定は、現代の大きく変わりつつある世界の状況を把握していくために大いに役立つことになるだろう。

“地理”を本気でやってる人ってのは、世界のすべてを知りたがる。すべてを知らない限り、その人の“地理”っていうのは完成することがないんだ。恐ろしい科目だな。“地理”っていうのは。


ダイヤモンド社  ¥ 1,620

「土地」と「資源」の奪い合いから経済が見える 地図で読み解く44の視点

序章  経済をつかむ「地理の視点」
第1章  立地 地の利で読み解く経済戦略
第2章  資源 資源大国は声が大きい
第3章  貿易 世界中で行われている「駆け引き」とは?
第4章  人口 未来予測の最強ファクター
第5章  文化 衣食住の地域性はなぜ成り立つのか?
おわりに 地理とは、いったい何を学ぶ科目なのか?


地球上にはいろいろな地域があって、それぞれ自然環境が違う。日本の中だって、いろいろな自然環境があり、それぞれの自然環境に最適な形で人々の文化を発達させた。山岳地帯では、一つ山を越えれば、そこには違う生活があったりする。

震源に恵まれた地域があれば、そうでな地域がある。地震や水害の、たまらなく多く起こる日本みたいな地域があれば、そんなものはめったに起こらないところもある。そういうことを前提にして、人々は生活を構築していく。

その日本にだって、他の地域に比べて有利な条件だってある。自分に与えられている条件は何なのか、冷静に見極める必要がある。不利な条件を克服し、あるいはできる限り薄め、有利な条件を最大限生かす。

だけど、地理って、それだけじゃ終わらないんだよね。“人間理解”も、地理という学問の中では欠かせない項目の一つ。日本人という種類の人間の、他の人間に優越する部分はどこにあるか。そして、日本人に足りない部分はどこにあるのか。

人間を理解するためには、歴史の深い流れの中に身を投じることが必要になる。たいへんな学問だな。

とはいうものの、歴史も同じ。現在の世界を理解するために歴史を知ろうとする。そのためには地理とともに進む必要がある。地理なくして歴史もないんだな。私は歴史系の人間だから、どうしたって歴史的アプローチになる。同様に、地理的アプローチって野があるんだな。

この本の中に「4つの距離」って言葉が出てくる。歴史系の人間にはない、新鮮な話だった。例えば、東京から鹿児島までの距離。
新幹線の場合飛行機の場合
物理距離 約1460km
時間距離 約6時間30分
経済距離 28,820円
物理距離 約1000km
時間距離 約2時間
経済距離 43,890円
・・・ね。けっこう新鮮でしょ。えっ?3つしかないって?

たしかに。・・・もう一つの“距離”は、《感覚距離》というものだって、これは一概に表せないですよね。人それぞれ同じものを見ていても、違う感覚ってものがありますからね。物理距離は離れていても同じ価値観を持ってる地域と、物理距離は近くてもまったく違った価値観で生きている地域とでは、感覚距離の逆転が起こりますよね。

物理距離が近くてもまったく違う価値観で生きている地域はどこかって? そりゃ、あそこですよ、あ・そ・こ。






にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事