めんどくせぇことばかり 『疲れリセット 速攻マニュアル』 梶本修身
FC2ブログ

『疲れリセット 速攻マニュアル』 梶本修身

仕事は、嫌いだ。ところが、私の周りには、仕事が「三度の飯よりも好き」って感じのやつがウヨウヨいる。「いや~、今日で150日連続勤務だ」とかって、いい歳こいた、・・・どのくらいいい歳こいているかと言うと、60歳の定年を過ぎるほど“こいて”いるおっさんが言っている。

「ああ、そうですか。ごくろうさま。でも、死ぬと迷惑だから、ほどほどにしてね」って言うんだけどね。それにしても、本当に仕事が好きなんだな。好きなことをやってるから、きっと疲れないんだろうな。私なんか、嫌々やってるから、疲れて、疲れて・・・。

そんな“お疲れ”の私も、「この本を読めば元気になることができるかもしれない」と思って読んでみた。

《運動による体を使った疲労も、デスクワークによる疲労も、眼精疲労も、さらに心因的なストレスも、すべての疲れの原因は脳内の「自律神経」にあった(p26)》

体も疲れも、脳が原因?・・・体の疲れは、・・・例えば筋肉の疲労ってことじゃないの?んんん、いまいちすんなり入ってこないかな?・・・そんなことを思いながら読み始めたんだけど、そんなことなかった。

自律神経は脳幹部分にある自律神経中枢のこと。運動をすると、意識しわけじゃないのに呼吸が早くなって、心拍数が上がる。さらに体温が上昇して、発汗が促される。これらの体の作用をコントロールしているのが自律神経中枢。だから、運動が激しくなれば自律神経もお仕事が増えるわけだから、当然疲労する。自律神経中枢がお仕事をするためには酸素が必要なんだけど、運動が激しくなると活性酸素が発生してしまって、自律神経中枢そのものを劣化させてしまうらしい。

対策はもちろんある。・・・そういう本なんだから。
  1. 自律神経を酷使するような激しい運動をしない
  2. 活性酸素の酸化作用を抑えるため、抗酸化作用を持つものを食べる
  3. 自律神経中枢の劣化を補正するため、気持ちよく寝る

三笠書房  ¥ 1,512

「疲れやすい人」と「なぜだか元気な人」は、いったいなにが違うのか?
はじめに  疲労を科学することとは
第一章  疲労の原因は脳にあり
第二章  疲労の原因物質とは
第三章  日常的な疲労の原因はいびきにあった
第四章  科学で判明した脳疲労を改善する食事成分
第五章  「ゆらぎ」のある生活で脳疲労を軽減する
第六章  脳疲労を軽減するためにワーキングメモリを鍛える

仕事が好きで、それだけに疲れも見せずに働く人。これね、やばいらしいよ。どうも、前頭葉に原因があるらしい。前頭葉が、本来人間が感じるべき疲労感を、高揚感や達成感によって麻痺させてしまうらしい。そのためにβ-エンドルフィンという快楽物質を出しているんだという。

私の職場のいい歳こいた連中も、β-エンドルフィンで気持ちよくなっちゃってるらしい。愚かな奴らだ。

さて、自律神経中枢の劣化を防ぐための対策1・2・3の具体策を見てみよう。

・・・それを全部紹介しちゃったら、この本を買う必要なくなっちゃうから、ほんのさわりだけね。
疲れやすい人は・・・
一段落つくまで頑張って、まとめて休憩を取る
疲れにくい人は・・・
ひと段落つこうが、つくまいが1時間おきに休む
おお、私は完全に《疲れやすい人》だ。

疲れやすい人は・・・
集中して一気に作業する
疲れにくい人は・・・
複数の仕事をちょこちょこ進める
うわっ、またまた私は《疲れやすい人》だ。

疲れやすい人は・・・
集中することにこだわる
疲れにくい人は・・・
要点把握にこだわる
だめだな。性格そのものが疲れやすいようにできているようだ。仕方がない。性格を変えよう。

読んでいて思ったんだけど、山の登り方が、完全に《疲れやすい》型だったんだな。でも、最近、変わった。とにかく疲れないように登る。これに尽きる。ゆっくり歩く。ちょこちょこ休んで、飲んだり食ったり。無理をしない。そういう登り方に慣れたころには、私の性格も少しは変わっているだろうか。

明日は土曜日、また山に登る。“ゆっくり歩く。ちょこちょこ休んで、飲んだり食ったり。無理をしない”登り方に集中するぞ❢・・・それじゃダメじゃん。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事