めんどくせぇことばかり メイドカフェのイギリス人『不思議の国のジャパニーズ』 片野優 須貝典子
FC2ブログ

メイドカフェのイギリス人『不思議の国のジャパニーズ』 片野優 須貝典子

メイドカフェってのも、おかしな流行だな。だけど、私の感覚では、当初、ノーパン喫茶だの、ノーパンしゃぶしゃぶだのと変わりなかったんだけど、どうもそうでもないらしい。

まず、その出どころが違う。メイドカフェは、風俗出身のノーパン喫茶と違って、オタク文化の出身。最近は外国からのお客様が増えているのに対応して、英語教育を受けたメイドさんが接待してくれる。これに、イギリス紳士が反応してるっていうのが面白い。

この本のコラムによれば、イギリスは民主主義のを前提にした社会であるが、階級意識は極めて強いからしい。上流階級には上流階級の、中流には中流の生活があるんだそうだ。言葉の違いは顕著のようだ。上流はクイーンズイングリッシュを、中流はBBC放送の基礎にした標準英語、ロンドンの労働者階級は“コクニ―”と呼ばれる下町訛りを使うんだそうだ。

なんか、それも最近は、だいぶか会って来たって話を聞く。 そういえば、労働党からイギリス首相を務めたトニー・ブレアは、本来中流階級の人。そのブレアが、場合によっては上手に“コクニ―”を使いこなしたんだそうだ。労働党党首に躍り上がって国民を支持を集めた背景には、そんな点もあったのかもしれない。

この本によれば、イギリスの中流以下にはⅠ・Ⅱ・ⅢA・ⅢB・Ⅳ・Ⅴと、6つのカテゴリーがあるんだそうだ。職業でいえば法廷弁護士・判事・医師・大学教授・建築家が階級Ⅰ.国会議員・会社経営者・会社重役・農場主・新聞記者が階級Ⅱというふうに・・・。

もともとは王族・貴族に産業革命で台頭した新興ブルジョワジーが中流階級となって加わった。やがて、この中流が階級が上層・中層・下層の三つに分かれて、全体として5つの階級が出来上がっていったんだそうだ。

『不思議の国のジャパニーズ』    片野優 須貝典子

宝島社  ¥ 1,296

激動の幕末日本を訪れたシュリーマンは、平和で、秩序だった日本社会に感嘆したという
第一章 セルビアから未来の国・日本にタイムスリップ
第二章 ヨーロッパ人が日本文化を初体験
第三章 外国人がサプライズした日本人の精神性
第四章 外国人に受ける日本の名所


なんの本を読んだ時だったか、ピーター・ラビットを書いたビアトリクス・ポターの話に面白い話があった。ピーター・ラビットの物語を本にすべく、出版社と打ち合わせを重ねるうち、出版業を仕事とする人物と恋に落ちる。二人のことを知ったビアトリクス・ポターの両親は大反対。

ビアトリクス・ポターは特権階級の生まれなんだな。1866年、ヴィクトリア朝時代、特権階級の女性は私的に教育を受けるのが一般的で、大学にはいかなかったんだそうだ。それでも、開明的な彼女の両親は娘を学校に通わせることに理解があり、国立芸術学校に通っている。

それでも、娘が庶民の男と結婚することには大反対。相手が出版業界で働いていることを知ると、「会社務めなんかしている奴に、娘をやれるか」とカンカンだったという。

“しっかり仕事をして生活を支える”ということは、人間が生きていくうえで、できればやらないで済ませたいものなんですね。
そんなイギリスから、メイドカフェを目的の一つに日本に来る人がいるという。「お帰りなさいませ、ご主人さま~」って、ウサギのお耳のメイドさんにニャンニャンポーズされてみたい“イギリス紳士”は、いったいどんな階級の方なんだろうか。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事