めんどくせぇことばかり 『池上彰の世界の見方 中東』 池上彰
FC2ブログ

『池上彰の世界の見方 中東』 池上彰

パレスチナ問題という中東混乱の根本は、しっかりおさえている。そのへんが池上彰さんの抜け目なさ。

だけど、そことつながりつつ、現在の中東問題と言えば、やはり《ISIS》。《ISIS》と言えば“Islamic State of Iraq and Syria”、つまり、「イラクとシリアのイスラム国」。今焦点になっているのは、イラクとシリア。その始まりは、ソ連のアフガン侵攻にある。

と言うことで、先日は、現在の《イスラム国》の問題が、実は、ソ連のアフガン侵攻からきているという部分を、“覚書”として、まとめさせてもらった。

内容は、ちっとも難しくない。私の頭にだって、そのくらいは入っている。だけど、この本のように、しっかり順序立てて、文章としてまとめておくっていうのは、理解しているかどうかということとは別問題。しかも、それはそれで、高度な技術と鍛錬を必要とすることなんだよね。

池上さんは、それをしっかりと持ってらっしゃる。



小学館  ¥ 1,512

受験生、就活生、学び直しの社会人に最適 中東の根本がよくわかる
第1章 「混乱の始まり」から見る中東
第2章 「戦争とテロ」から見る中東
第3章 「地理・民族・歴史」から見る中東
第4章 「イスラム教」から見る中東
第5章 「石油利権」から見る中東
第6章 「難民大発生」から見る中東


第3章以降では、近代における中東混乱の根っこであるサイクス・ピコ条約はじめ、イギリスの三枚舌外交もしっかり抑えている。しかも、第4章では、イスラム教の起こりにまで言及する慎重さ。スンナ派とシーア派の、イスラム教内派閥争いまで紹介している。

この本では詳しく触れられていないが、おそらくこれは、イエメンをめぐるサウジとイランの対立あたりに関わる本でも書こうとしているんじゃないかと思わせる。いや、おそらくそうだろう。

そこから、さらに派生して発生した難民問題。もともと問題があったところに、イスラム国がらみの混乱で付け加わった難民問題は、もはや民族移動。テロの発生と相まって社会に亀裂を生み、亀裂は“EU”にも入った。さらにアメリカにも伝播してトランプ大統領という変わり種を生み出した。

やはり、背景にあったのは石油をめぐる利権なんだよね。もちろん、池上さんのそつのなさが、そのへんをおざなりにするはずがない。

あんまりそつがなさ過ぎて、流れるように一冊が終わる。

最後に池上さんは、若者たちに向かって、こう期待を述べて終わる。

私たちにどんな国際貢献ができるのか。なにも皆さんに難民キャンプに行ってくださいとか、支援をしてくださいとか言っているわけではありません。それぞれの人が、それぞれのやり方で、さまざまな国際貢献をすることができるのではないでしょうか。そういう柔軟さと優しさを以って、世界の人々と触れ合ってほしいと思います。
本書p226

それって、本当に目を向けなければならない問題から、若い人たちを遠ざけることになりゃしないかが心配になる。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事