めんどくせぇことばかり 『黄砂の籠城』 松岡圭祐

『黄砂の籠城』 松岡圭祐

義和団事件をもとにした小説。

義和団事件は、1900年に清朝時代のチャイナで本当に起こった事件。西洋諸国の進出とキリスト教の布教に反発した宗教勢力である義和団が、「扶清滅洋」のスローガンのもとに勢力を急拡大させ、その勢いに乗じて北京の大使館区画を包囲し、襲撃を始める。それに励まされた清王朝の実力者西太后が、大勢を見誤って北京に大使館を持つ西洋諸国及び日本に対して宣戦布告するに及ぶ。当時、北京には外国人900とシナ人のカトリック信者が3000人。諸国の軍はなく、大使館付き武官とわずかな守備隊の500弱。北京に集結した義和団は20万。さらに、そこに清朝軍兵士が合流する。各国の軍が救援隊を差し向けるが、義和団による鉄道の破壊など、妨害工作によって、なかなか北京にたどり着くことができない。11カ国の兵隊たちが協力して籠城戦に臨むことになる。

“義和団事件物”というと、すぐに思い出すのが『北京の55日』というアメリカの映画。若い頃に見た。そして、映画の内容を真実と取り違えていた。映画では、アメリカの将校さんの活躍して厳しい籠城戦を戦い、救援隊の連合軍が到着して、籠城する北京の大使館街を解放するまでが描かれている。

でも本当は、20万の義和団を前にすったもんだして自分勝手な主張を繰り返す各国の代表たちの気持ちを、協力して戦う方向に持っていったのは、柴五郎という名の、会津出身の日本人将校だった。

会津は、戊辰戦争のハイライト、会津戦争において鶴ヶ城に籠城し、多くの犠牲を出して敗北した。柴五郎に関して言えば、この闘いで祖母・母・兄嫁・姉妹が自刃して果てている。


『黄砂の籠城』    松岡圭祐

講談社文庫  ¥ 1,382

一九〇〇年、暴徒とかした義和団が外国公使館区域を襲撃する。足並み揃わぬ列強十一ヵ国を先導したのは、新任の駐在武官・柴五郎率いる日本だった。
松岡/圭祐
1968年、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーになる。代表作の『万能鑑定士Q』シリーズと『千里眼』シリーズ(大藪春彦賞候補作)を合わせると累計1000万部を優に超える人気作家。『万能鑑定士Q』シリーズは2014年に綾瀬はるか主演で映画化され、ブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞。

関係者の日記などをまとめて書いた『北京籠城』の著者、ピーター・フレミング
 戦略上の最重要地である王府では、日本兵が守備のバックボーンであり、頭脳であった。日本を補佐したのは頼りにならないイタリア兵で、日本を補強したのはイギリス義勇兵だった。
 日本軍を指揮した柴中佐は、籠城中のどの士官よりも勇敢で経験もゆたかであったばかりか、誰からも好かれ、尊敬された。
 当時、日本人とつきあう欧米人はほとんどいなかったが、この籠城をつうじてそれが変わった。日本人の姿が模範生として、みなの目に映るようになった。
 日本人の勇気、信頼性、そして明朗さは、籠城者一同の賞賛の的となった。籠城に関する数多い記録の中で、直接的にも間接的にも、一言の非難も浴びていないのは、日本人だけである。》

一般居留民として籠城したアメリカ人女性ポリー・スミス
 柴中佐は小柄な素晴らしい人です。彼が交民巷で現在の地位を占めるようになったのは、一に彼の知力と実行力によるものです。
 最初の会議では、各国公使も守備隊指揮官も、別に柴中佐の見解を求めようとはしませんでした。でも、今ではすべてが変わりました。 
 柴中佐は、王府での絶え間ない激戦でつねに快腕をふるい、偉大な士官であることを実証しました。だから今では、すべての指揮官が、柴中佐の見解と支援を求めるようになったのです。
 このころの日本人たちは――士官も、インテリの義勇兵も、農民や職人あがりの兵士たちも、なぜこのように勇敢で、沈着で、しかも明るかったか、うまく説明はできない。
 国民性といっても、こういう外面的な所作や反応は、時代とともに変わりやすい。
 明治人――といっても、幕末から明治初期に生まれ育った日本人には、こういう立居振舞を当然と心得る気風が、全体にあったようである。
 サムライの栄光は、すでに過去のものであった。しかし、まさに死滅した武士のモラルの残光が彼らを照らし、彼らの行動の模範となっていた。


とっても人気のある作家さんみたいですね。その作家さんが初めて書いた歴史物でとしても話題になっていたようです。内容に触れるわけにもいかないのでこんなところにしますが、読み終わって3時間ほどたちますが、まだ興奮状態です。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい