めんどくせぇことばかり その前に・・・『名字でわかるあなたのルーツ』 森岡浩
FC2ブログ

その前に・・・『名字でわかるあなたのルーツ』 森岡浩

そうだな。テストや資格試験なんかでは、そこには《氏名》と書かれているな。でも、《姓名》っていう言い方もある。公式の場では、《姓・名前》になってるかな。いつも、あまり気にしてないけど、この本によれば、“姓”と“名字”と“氏”は、本来はまったく別物だったんだそうだ。

歴史的に、日本社会の上層部には、“姓”と“名字”の両方を持ってる人がいた。そして、“姓”は公式なもので、“名字”は史的なものだったということだ。

たしか、日本史で氏姓制度ってのを習った。古代には、氏族の称号としての姓として、臣・連・宿禰・君・首・村主などが多数あり、氏族の地位をも表した。・・・おっとっと、その場合、姓は“かばね”と読むのか。氏も“うじ”だしね。それぞれ、今の姓・氏とは「ぜんぜん別物」って書かれてるけど、それなりの連続性はあって、別物ではあるけど、まったく関係がないってわけでもないと思うんだけどな。

とりあえず、大和政権は、成立当初の氏族連合時代からの氏族に加えて、あとから加わった地方氏族をも「氏」で管理した。大和政権が中央集権の形を整えていくに従って「氏(うじ)」と「姓(かばね)」は「姓(せい)」に統合されていった。天皇家は、分家した一族に「姓(せい)」を与えて臣下とし、各氏族と同列においた。

その段階でも、姓はいろいろなものを表していて、中臣氏は祭祀関係、物部氏は軍事関係、土師氏は埴輪の制作などの専門職を持っていた。やがて中央集権制に移行していく中で、かつて大和政権を支えた氏族も、もともとの氏族の専門職を離れていくことになる。おそらくその変化の過程で、あるいは巨大氏族が細分化していく過程で、名字を必要とするようになった行ったのか。

本来、氏族から朝廷に出資するのは氏の上一人のところ、不比等は藤原家だけズルして四人の息子を独立させて、藤原四家として四人とも出資させた。その時、南家・北家・式家・京家と呼ばれるようになるけど、そのあたりが名字の起こりでもあるか。

土師氏なんかは、古墳を作らなくなって出番がなくなり、氏族としての体制を立て直すために天皇の許可を得て、「菅原」、「大枝」という姓を賜って再出発したんだそうだ。「大枝」は、のちに「大江」と改められ、「菅原」とともに学問を担当する氏族と認識されるようになるんだそうだ。おお、それで菅原道真、大江広元か。



小学館  ¥ 1,296

NHK《人名探求バラエティー 日本人のおなまえっ!》コメンテーターがおくる“ご先祖様の真実”
序章 名字のルーツを探る
第1章  由来でさぐるルーツ
第2章  先祖でさぐるルーツ
第3章  分布でさぐるルーツ
第4章  ルーツ探しの彼方に

平安時代の中頃、朝廷は藤原氏に席巻され、貴族の大半は藤原さんになってしまう。役人を呼んで、みてもみんな藤原さん。いずれ、藤原姓を用いず、自らの家があった場所で“家号”を名乗りとし、藤原姓の中での差別化を図るようになる。

藤原姓でも力を持つ北家の本筋から遠い藤原さん、皇族出身でも藤原氏よりも上にはいけない源さんや平さん。朝廷での栄達が望めないものも、地方に行けばわけが違った。朝廷での栄達に見切りをつけた貴族の多くが、地方で実力を蓄えていった。彼らもやがて、天皇から与えられた姓とはべつに、支配地の地名を名乗るようになった。使ってみればこれは便利で、分家した子どもたちは、分家先でまたその地名を名乗るようになった。

この本によれば、室町時代には、農民たちも名字を名乗っていたようだ。だいたいこの時代、武士は農民から完全に分化していないのだから当たり前のこと。

江戸時代、武士以外は、公式には名字を名乗れないことになる。でも、農民も名字を持っていた。ただし、生活上の必要に応じて、名字を使わなくなるケースや、姓を使わなくなるケースなど、いろいろな場合があったろう。いわば、都合による。

都合と言えば、応仁の乱以降、本来、姓を持たないはずの連中が下克上でのし上がったりした。かっこ悪いので、彼らは源平藤など、通りの良い生をでっち上げる場合もあった。

いずれにしろ、今のような“名乗り”は、明治5年の壬申戸籍が元になる。明治政府はこの時、新たに「氏(し)」という概念を設定して戸籍への登録を勧めたんだそうだ。姓と名字のどちらも明らかだった人たちも、どちらかを「氏」として登録した。どちらもない人は、新たに考えて登録した。そんな流れで、私たちは名字を名乗っているらしい。

そんなことを踏まえて、さてそれじゃあ、第1章に進んでみましょう。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事