めんどくせぇことばかり 葬式『仏教って何ですか』 池上彰

葬式『仏教って何ですか』 池上彰

私の生家は、臨済宗だったな。お寺は秩父34か所観音霊場の一つ、万松山円融寺というお寺。住職をめぐり檀家が二つに割れるいざこざがあり、結果的に檀家が住職を放逐する騒ぎがあったそうで、私が子供の時分から、長く住職がいない寺になっていた。なんかの時には、同じ臨済宗の金仙寺の住職にお経をあげてもらった。

家族の死を初めて体験したのは21の時、祖父が亡くなったときだった。恵まれた方だろう。そこから、祖母、母は9年、5年くらいの間隔で亡くなった。父が亡くなったのは46の時か。実際には、それなりに間が空いているはずなのに今思うと、祖父が亡くなってから、続けざまで、葬式ばっかりやっていたような気がする。

母の時までは、家で葬式を出した。あの時は、暑い夏だった。喪服の中を汗が流れてたもんな。金仙寺の坊主が「ビールがぬるい」とか言い出しやがって、頭に来たのを覚えている。

うちの方では、坊主がお経をあげている間、親族の男は頭に白い△をつける。お化けが出てくるときにつけてるやつだな。秩父の外から参列してくれた人は、びっくりしているよ。それから、お通夜に参列してくれた人への振る舞いや、葬儀の後の直会は、完璧な飲み会になる。坊主も、喪主も飲む。まかり間違えば、何人ひっくり返るかって感じになりかねない。

私にとっては、それは紛れもない仏教の姿だった。



飛鳥新社  ¥ 600

誕生、伝来から、葬式や戒名の意味、新興宗教まで。仏教にまつわる疑問に池上 彰が答える

第一章  仏教って何ですか
第二章  仏教発祥の地インドへ 
        ダライ・ラマ14世との対談
第三章  仏教で人は救われるのか
        日本人にとって仏教徒は

ブッダは、悟りを開いた。生老病死の苦しみがどこからきているのかをつきとめ、その原因である煩悩をすべて消し去り、一切の苦しみから解放された。輪廻転生の繰り返しから解き放たれ、二度と生まれることのない涅槃寂静の世界に入った。
どうすれば、ブッダと同じ高みに至ることができるか。それが仏教の教えであり、修行であった。

それは当時のインドの人々の求めるものであり、それに答えたからこそ、仏教は広まった。ただ、人が変わり、時が移って人々の求めるものは変わり、それにこたえる仏教の教えも生まれた。一神教ならば、神の教えを変えることは難しかったろうが、ブッダは人である。のちの人々は、ブッダならこう考えるであろうことを類推し、教えに組み入れた。

ブッダの教えは本来、生きる人が悟りに行きつくためのものであり、葬式には関係ない。それが葬式と結びついたのは、チャイナでのことであったらしい。やはり、儒教に由来する先祖供養の思いが強いからね。仏教の僧侶が先祖供養に関わったらしい。仏壇に供える位牌も、本来、儒教の習慣に由来するんだという。

平安時代、庶民の間では、河原や海岸、林の中に遺体を捨てることが一般的だったという。自然に返す、インドのやり方に近い。やがて、河原に捨てるにしても、供物を施すようになり、死者の送り出しに僧侶が関わるようになっていく。

鎌倉仏教を生み出した法然、親鸞、日蓮、道元といった僧侶たちは、仏教が国家に奉仕した時代にあってはドロップアウト組。どうしても国家よりも、庶民に目を向けるようになる。その庶民は、僧侶たちに葬儀を望むんでいた。

当時、大流行していた浄土信仰によれば、「南無阿弥陀仏」と唱えれば浄土に行ける。成仏できる。それに加えて僧侶がきちんと葬式をしてくれれば、より確実に成仏できる。庶民は、葬式に最後の救いを求めたんだな。

母の葬式の時、父が母の顔にささやいてた。「先にいいところに行ってろいな」って。

そうして、葬式を出して送り出してもらえらば、万々歳で成仏していくわけだ。葬式仏教の何が悪い。よかったよかったって、酒を飲んで何が悪い。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

それでも仏教に共感を持つことが出来ません。
仏教が営利主義に走っているような気がします。

神道の八百万の神、一番共感します。

孝ちゃんのパパ さま

コメントありがとうございます。

僧侶にとって見れば、葬式が、ただの営業の場になっちゃってますからね。オウム真理教にたぶらかされる良い子ちゃんたちが現れたことの背景には、そんな仏教の存在がありますよね。

お経をもとに、生き方を説く事もできないようじゃね。

No title

お久しぶりです。秋の虫の音が涼やかで秋の色が段々と濃くなりつつありますね。そろそろハイキングを再開しようと思ふこの頃です。


とある本で、お葬式は「残されたものが気持ちの整理を附けて明日から再び生きてゆくための儀式でもある」と言ふやうな事を書かれてをりました。まあ、かう言ふ見方もあるのですね、世の中は深いですね。

近隣を備に眺めて見ますと、我が國は仏教の教へが廣まり骨肉となつたことが近隣に較べ高い道徳心を持ちへたのではと感じずにはゐられないですね。

橘右近大夫 さま

まさにその通りだと思います。それだけに、背景のあることとは言え、廃仏毀釈の行われたあの時代、日本は精神的な危機にあったということですよね。尊王攘夷は朱子学学的なものの考え方。ルサンチマンの歪みを感じる。

30日、宝登山に行ってきました。この間の台風で、空気が変わったみたい。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい